10/04/18

マドリード留学記 第2弾

マドリード留学中のY君から素晴らしいスペイン語での留学記第2弾が届きました。
スペインの様々な地域から勉強に来ているスペイン人学生たちとの交流で、教科書では習わないスペイン語をたくさん吸収しているようです。

スタッフYは初めてホームステイした家庭のセニョーラがエストレマドゥーラ出身で、Sを発音しないことに衝撃を受けました。どうしてustedで話しかけられるんだろう・・・?と不思議に思いました。Y君の留学記を読んで、私の初めてのスペイン滞在の思い出が蘇ってきました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

La Vida en España ~febrero~

Ya llevo dos meses más o menos en España. Estoy acostumbrado a la vida de aquí cada vez más. La vida en la residencia es muy buena y paso todos los días cómodamente. En la residencia, hay dos opciones: pensión completa y cocina. Como yo elegí la primera opción, pensión completa, tomo la comida todos los días en el comedor de la residencia. Parece que la mitad aproximadamente de los residentes tienen el contrato de la pensión completa. Lo bueno para mí es que puedo aprender y practicar español tomando la comida. La ciudad natal de los habitantes de la residencia es muy diversa: Andalucía, Valencia, Extremadura, Islas Canarias y tal y cual. La verdad es que, a veces, todavía comprender la conversación entre ellos es duro. A pesar de ello, supongo que cada vez me estoy acostumbrando más. Curiosamente(interestingly enough), es difícil que entienda totalmente la conversación entre ellos con lo que he aprendido en la clase. Porque utilizan frecuentemente las expresiones coloquiales. Por ello, en los primeros días de mi vida en la residencia, no estuve seguro si la lengua que estaban hablando era español, la lengua que llevo estudiando casi dos años. Hay algunas expresiones un poco vulgares, pero ellas pueden tener diversos significados dependiendo del contexto y, por eso, creo que tienen mucho peso en la conversación. Me sorprendió mucho cuando encontré tales expresiones en la lista de vocabulario en la clase de lengua española. Porque yo pensaba que las expresiones coloquiales eran para jóvenes. Mis amigos de la residencia me enseñan diversas expresiones coloquiales. Mi lista de la expresión coloquial ya tiene bastantes ejemplos, aunque no puedo escribirlos aquí.

 

Igual que en Japón hay dialectos en cada provincia, el español también tiene dialectos o algo así. Esta también es una de las causas por las que comprender la conversación sea difícil. En particular, la gente de Andalucía y de Murcia pronuncian bastante distinto a la gente de Madrid o de Castilla y León. Yo había sabido que no se pronunciaba "s" antes de llegar a España. Sin embargo, hay mucho más de lo que pensaba. Lo que no he podido entender era “aro, aro.”. Pensaba que era una expresión coloquial porque no tenía relación con aquella conversación. Luego le pregunté al chico y me dijo que era “Claro, claro.”. Así, se comen las palabras. Pero como este también es uno de los aspectos divertidos de la lengua española, me pongo las pilas para acostumbrarme lo más posible.

Como se sabe, la fiesta es muy popular en España. Hay fiestas en la residencia periódicamente y me apunto de vez en cuando. El otro día, había una fiesta que se llamaba “Capea”. Era una fiesta con vaquilla. No sólo la vimos como Corrida de toros sino que la gente metió a la plaza. Como no era una Corrida de toros, la gente no mató a la vaquilla. Cuando los chicos de la residencia me explicaron sobre la fiesta, no me lo podía creer al principio. Sin embargo, lo pasé muy bien y tuve una menuda experiencia de la cultura española al final.

Aunque mi estancia aquí es muy corta, sólo seis meses, me lo estoy pasando cada día de aquí para allá. Tengo muchas ganas de pasar mi estancia muy entretenido a partir de aquí también.

S_7661300286609

S_7661308651421

La_playa

|

24/02/18

マドリード留学記

昨年12月までセルバンテス書店で働いていた大学生のY君、現在マドリードにて半年間の留学生活を送っています。

大学の中でも外でも、多くの人とコミュニケーションをとりながら、毎日たくさんのことを学んでいるようです。貴重な、素晴らしい経験を積んで、無事に日本に帰ってきてもらいたいと思います。

そんなY君から、スペイン語でマドリード滞在記が送られてきましたので、セルバンテス書店ブログに掲載します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

La Vida en España ~enero~

Versión del español
Universidad: Universidad Carlos III de Madrid

Lugar: Madrid, Getafe

Periodo: Un cuatrimestre(1/9~6/10)

Casa: La residencia universitaria(En principios 13 días: Hostal Carlos III)

Mi estudio en extranjero ha comenzado en transporte público; taxi. Hay muchos tipos de taxis en España y no sabía cuál tendría que coger. Como alugno de mis amigos me había dicho que los conductores de taxi les habían engañado unas veces en España, estaba muy atento. Se lo pregunté a la persona de información del aeropureto, y me enseño que los taxis oficiales era los que es de color blanco con la línea roja. Gracias a eso, pude coger un taxi oficial y también pude llegar al hostal sano y salvo. El conductor del taxi fue muy amistoso y me dijo unos lugares turísticos y unos restaurantes recomendados en Madrid. Me he quedado durante 13 días en el hostal. A pesar de que había una opción de pensión completa, no la elegí sino comía fuera porque siempre había querido conocer la ciudad. El hostal en el que yo vivía estaba en el centro de Getafe y había muchos supermercados, restaurantes y bares muy cerca. Por ello, pude comer varias cosas cada día. Sobre todo, había una tienda de churros. Valía sólo 0.2€ cada churro. El sitio me gustaba y solía ir allí para desayunar.

Tomé un curso intensivo del español antes de empezar el cuatrimestre para poder entender las clases de la universidad. Empezaron las clases a partir del día siguiente del día que llegué, y la teníamos de lunes a viernes cada semana. Al principio, tuvimos un examen para distribuir las clases. Mi clase fue nivel B2.1. Los estudiantes son de muchas partes del mundo. Había unos de EE.UU por supuesto, uno brasileño, una de Swiza, de Polonia etcétera. En la clase, hemos aprendido el uso del relativo, varias frases que se utiliza para un correo formal o informal y uso de indicadivo y subjuntivo. En el examen final, hubo sección de comprensión lectura, escrita, auditiva y oral como DELE.

Después de pasar 13 diás, ha comenzado la vida en la residencia universitaria por fín. He conseguido una propia habitación y tiene no sólo baño y ducha, sino también tiene nevera y cocina pequeña. Estaba preocupado si pudiera hacer amigos, pero les intenté a hablar a las personas que estaba en en ascensor y la sala de lavador y he podido hacer amigos poco a poco. Gracias a ellos, la vida en la residencia ha comenzado muy bien. Para mí, la relación con los habitantes de la residencia era una de las cosas más importantes. Así que estuve contento cuando ellos me dieron la bienvenida.

Como el día que llegué a la residencia fue el día de fin de examen para ellos(significa el día de salir de fiesta), me invitaron y salí de fiesta por primera vez en mi vida. Creo que nunca he pasado un día tan impresionante como ese día. Todos estaban cantando(gritando) bailando, así que me abrumaron. Sin embargo, si les habré, siempre me respondieron amablemente y ellos y yo hablamos por los codos. Por añadidura, gracias a la mayoría de ellos fueron “Madridista”, pudimos hacer amistad. Como no había tren a las cuatro de la mañana por supuesto, volví a la residencia en taxi. Y también volví a la realidad. Fue una experiencia maravillosa, pero es suficiente que salga de fiesta una o dos veces cada mes para mí.

He aprendido que lo más importante es actuar positivamente de mí mismo. gracias a esas experiencias. Como he escrito arriba, no es imposible que pasé solo tranquilamente porque yo tengo una propia habitación. Pero si pasara como así, no habría ningua ventaja aunque estoy estudiando en extranjero. Lo importante no es que busque por internet sino es que pregunte a los hispanohablantes cuando tenga alguna duda. Para el primer objetivo mío; mejorar el nivel de español, seguiré teniendo la oportunidad de hablar con los hispanohablantes lo más posible.

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Img_0635

Img_0731

Img_0732

|

11/12/17

スペイン語SIELE試験!

スペイン語の試験SIELE(シエレ)セミナーに出席しました。
スペイン語の能力を証明する試験としては、DELE試験やスペイン語検定があります。
新たにSIELEという試験が導入されています。教員向けに行われたSIELE試験の概要セミナーに弊社2名が出席いたしました。

この試験は、インスティチュートセルバンテスをはじめ、サラマンカ大学、メキシコ自治州大学、ブエノスアイレス大学の4つの教育機関が連携して作成したものでオンラインで受験できることや、結果が合否ではなく点数であること、また結果がすぐに判明することなどDELE試験とは違った特徴のある試験です。

■なぜ新しい試験が?

セミナーの最初に、この試験が生まれた経緯の説明がありましたが、そこでは、
・世界においてスペイン語話者が増加していること(現在5億6千7百万人)

・インターネットの世界での使用言語としてスペイン語は3位であること
・社会、教育、ビジネスの世界で様々なバリエーションのスペイン語が使用されていることなどがあげられました。https://cvc.cervantes.es/lengua/espanol_lengua_viva/

このことからもわかるようにスペイン語は成長している言語として世界で学ばれており、だからこそ、
「私はスペイン語がどのくらいできるのか」を客観的に証明することが大事なのでしょう。
また、完全にオンラインで受験できるので、忙しいビジネスパーソンや、留学のために急いで何らかのレベル証明をしなくてはならない方などにも役にたつ試験です。DELE試験のように不合格になってしまい履歴書に書くことができない。。。ということもないのでご自分のスペイン語レベルを証明したいという方も利用できる試験です。

■どんな内容?

SIELE試験は4技能別です。
読解、聴解、口頭表現、作文の4つの技能を全て受験することもできますし、
S1 読解と聴解
S2 読解と筆記
S3 聴解と口頭表現
S4 口頭表現のみ
と技能別に必要なものを受験することができます。

SIELE試験全体像を説明したビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=qF-r6YwYCC4
■いつ、どこで受験するの?
各国のインスティチュートセルバンテスで指定の日時に指定されたPC環境を使って受験することになっているようです。日本でも実施されはじめているようですので、弊社のスタッフでなるべく早く受験し、体験を共有したいと思います!
”ver es creer” y “hacer es aprender” なので試験を受けてみてみなさまの役に立つ情報をBlogに書いてみたいと思います。

■口頭試験ってどういうの?
SIELEの口頭試験についての説明ビデオがあります!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=32&v=2RiS3HoZhCQ

SIELE試験のサイト
https://siele.org/

DELE試験の詳細はこちらへ
http://tokio.cervantes.es/jp/dele_diplomas/information_diplomas_spanish.htm/

Siele

|

4/07/17

単語学習のためのミニレクチャーを開催しました

7月1日土曜日にセルバンテス書店店頭にて
「単語学習のためのミニレクチャー」を行いました。
店頭にて学習者のみなさんと「そもそも単語を覚えるってどんなことなのか」「単語を効果的に学ぶためにはどのような方法があるのか」「普段どのように学んでいるのか」などについて一緒に考えていきました。

12時30分と15時30分の2つのセッションにそれぞれ8名ものみなさんが集まってくださいました。多くのみなさんがB1からB2レベルの学習者ということで、一回目のセッションはほぼスペイン語で行いました。
20分を予定していたレクチャーでしたが、盛り上がり2回目はなんと1時間以上も意見交換をしてしまいました。それだけ、みなさんの「学習方法」に関する関心が高いのだなと思いました。

さて、肝心の中身ですが、まず参加者のみなさんに学習方法のアンケートを行っていただきました。普段単語を覚える時にどんな方法を使っているか?の10問に答えていただくと自然に多様な方法に気がついていただけるようなアンケートにいたしました。

また、「認識語彙」と「運用語彙」の違いに気がついていただけるように実際に参加されたみなさまに手を動かしてタスクを行っていただきました。

参加者のみなさんが、1つの言葉を品詞を替えて派生語を覚えて行く方法や、コロケーションを意識することをしっかりと感じていただけたのではないかと思います。

すっかりみなさんと打ち解けて単語学習以外の質問にも取り組みました。B1の方々からは、アクセント記号のルール、そして、B2レベルの方からは、verbos de emoción の構文(そろそろ接続法の導入ですね!)があり、教える方としても「なるほどレベルが違うとひっかかる項目も違うんだなあ」ということがよくわかりました。

「日本語で説明があるともやもやしていたものがスッキリしました」と言っていただけたことが主催者としても本当に嬉しく思いました。

今後も、せまい店内ですがこのようなイベントを行っていきたいなと思いました。
ご参加くださったみなさまありがとうございました! (T)

Foto_b1

|

18/11/16

バルセロナで本屋めぐり

11月に入ってすっかり気温が下がり、慌てて冬物を出しました。
急に寒くなって体調を崩されている方もちらほら・・・。みなさん、風邪には気をつけましょうね!(私も含めて)

スタッフYはこの10月、バルセロナで行われたFeria Internacional del Libro(国際ブックフェア) "LIBER 2016" に参加してきました。スペインをはじめとする各出版社のブースがずらりと並び、今年は電子書籍やアプリを展示しているブースもあり非常ににぎやかでした。
目玉は
セルバンテス没後400周年を記念したスペイン教育文化スポーツ省のブースで、ドン・キホーテのさまざまなバージョンやセルバンテスについて書かれたタイトルなどが並べられていました。
Img_4029_2
このブックフェアでゲットした新刊情報は徐々にオンラインショップにアップしていきますので、お楽しみに!

バルセロナ滞在中は、何軒か市内の書店をぶらぶらまわりました。職業柄?やはり本に囲まれると気分が落ち着きます。どんな本が売れているのだろう、どんな風に並べられているのだろう、などなど書店の雰囲気や売れ筋は気になります。

今回訪れたのはグラシア通りのCASA DEL LIBRO(カサ・デル・リブロ)とマジョルカ通りのLA CENTRAL(ラ・セントラル)書店。


カサ・デル・リブロはガウディの作品、カサ・バトリョの近くにあるので、ガウディの建築物を訪れた後にちょっと立ち寄ってみるのもいいかもしれないですね。本好きな方にとってはちょっと・・・という時間では済まされないほど広いので、時間に余裕を持ってくださいね(笑)。実際に私もちょっと立ち寄るつもりでしたが、結局1時間近くいました。

カサ・デル・リブロはスペイン国内にいくつか支店のある大手書店ですが、今回立ち寄った支店はバルセロナにあるので、カタルーニャ語の本もたくさん置いてあります。また、書棚に掲げられているジャンルはカタルーニャ語で書かれているので、最初は戸惑いがあるかもしれません。

続いてはマジョルカ通りのラ・セントラル書店。ランブラ・デ・カタルーニャをちょっと曲がったところにある、赤い看板が目印のオシャレな書店です。
14725741_10154551809414070_88605747
2階にはカフェも併設されているのでゆ~っくり過ごせる素敵な場所です。私が行ったときには、このお店オリジナルのかわいいエコバッグも販売されていました。この書店もおすすめですので、バルセロナに行かれた際はぜひお立ち寄りください!

その他書店ではないのですが、美術館の中にあるギフトショップの書籍コーナーもいくつか行きました。その美術館のカタログはもちろん、芸術・美術に関する本だけが集められているので、美術に興味のある方はギフトショップをのぞいてみるのもいいかもしれません。宗教画を鑑賞するのに大いに役立つ、このイコノグラフィー辞典も置いてありました。

書店はいろいろ発見があります。
それまで興味のなかったジャンルの本を手に取ったら思いの外面白かった、自分の世界が広がった、自分では経験出来ないことを主人公を通して知ることが出来た、などなどたくさんの発見や経験が出来る場所だと思います。国内でも、海外でも、ぜひ書店で新しい自分を発見してみませんか・・・?

(Y)

|

17/09/16

コーヒーの値段が変わる!?

気づいたら9月も半分終わっていました!
すこーしずつ秋がやってきているんですね。
読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、食欲の秋、食欲の秋・・・
わたくしスタッフYにとっては一年を通して食欲の秋ですが。

さて、最近興味深い記事を見つけました。
なんとコーヒーの注文の仕方で値段が変わる、というもの。
スペイン・ジローナ県のとある小さな町のカフェでは、コーヒーの値段は以下のようになっています。

EL PAÍS VERNEの記事

Un café(コーヒー1杯)・・・5ユーロ
Un café, por favor(コーヒー1杯ください)・・・3ユーロ
Buenos días, un café por favor(おはようございます、コーヒー1杯ください)・・・1.30ユーロ

この3つの言い方の違い、そして注文を受けた側の印象の違いは分かりますか?
下へいくほど丁寧で、注文を受けた店員さんも感じよく受け取ってくれます。
このカフェを経営する女性オーナーはこう言っています。
"Un poquito de simpatía no hace daño a nadie"
「(直訳すると)少しの感じのよさは誰も傷つけません。」たしかにその通りですね。

お互い気持ちよく生活するには、相手への丁寧さと敬意が必要だと最近感じます。
たしかに、コーヒー1杯、と注文すればコーヒーは出てきますが、なんだかそれではさびしい。
「お願いします」「ありがとうございます」たった一言加えるだけで、印象が変わるのであれば言ってみましょう。きっと言う側もちょっと気持ちいいと思います。

私の経験で、初めてスペインに旅行した際、ともかく文法はたどたどしかったのですが、お願いをするときや何か購入する際は必ず、por favorとつけていました。こちらは外国人なのでスペイン語で話している点ではすでにプラスの印象を持ってくれていたようですが、丁寧に話すと、こちらの意図をさらに正確に捉えようと一生懸命聞いてくれたように思います。

もちろん外国語だけでなく、日本語でも同じではないでしょうか。
この記事の中でも、"con simpatía se consiguen más cosas"
「(直訳すると)感じのよさはさらに多くのものを獲得される」
笑顔だったり、幸せな気持ちだったり、もしかしたらお友達も出来るかも?!

ちょっと今回は「スペイン語を学ぶ」という視点からはちょっと外れているかもしれませんが、コミュニケーションに必要な大事な部分を書いてみました。

今回の記事でよく出てきたsimpatíaは、この西西辞書では、
"Modo de ser o carácter de una persona que la hace agradable a los demás"でした。

(Y)

|

30/07/16

夏は本を1冊コンプリート!

関東地方はついに梅雨明け宣言!
セミも元気よく鳴き始めた市ヶ谷周辺です。暑さに負けてはいませんか?

さて、もうすぐ夏休み、もしくはもう夏休み突入、という方もいらっしゃるでしょう。
ゆっくりとした時間を取れる良いこの機会に、何でもいいので1冊は本を読んでみましょう!
その1冊がスペイン語の本だったらうれしいですね。

スペイン語の本1冊に挑戦したい!という方にはリーディング教材をおすすめします。
選ぶ1冊はレベルに合ったものでもいいですし、好きな話題の登場するものでもいいと思います。ともかく1冊を読破して達成感を味わうことを目標に。

リーディング教材を読むコツ!
以下に書くことは実際に私が英語やスペイン語を学んだ時に使っていた方法です。みなさんそれぞれに方法やコツがありますので、こんな方法もあるんだ~とご参考までに。。。

①辞書なしで通しで目で追って読む
はじめから知らない単語を全て引くと一向に進みません。この単語はこういう意味かな?と前後関係から推測して読んでいきましょう。

(音声CD、ファイルのあるタイトルだったら、最初は文字を追わずに全て聞いてみること。何度か聞いた後に初めて文字を見て、聞き取れていたか確認)

②声に出して読む
さっき聞いた音声通りスラスラ言葉が読めない・・・と嘆いてはいけません。練習あるのみです。聞きながら真似して練習を重ねるとあら不思議。単語と単語の間で詰まっていたのが、まとまりで言えるようになっています。

真似して読むことで意味の切れ目が分かるようになり、動詞と前置詞が組み合わさったイディオムが見抜けるようになります。

③知らない単語を引く
逐語訳をする必要はないと思います。大体こんなことが書いてあるんだな、と概要をつかむだけでもいいのではないでしょうか。そして引いた単語はどこかにまとめておきます。さらに、余裕があればその単語の派生語も一緒に調べて書いておくと一石二鳥以上の収穫が!

④大体の本の内容が頭に入ったところで①へ戻る
③の作業で実はピンと来ていなかったことも、通して読む(結末を知った上で読む)ことで、小さな疑問もクリアに!

・・・いかがでしょうか。
1つ1つの行程はそんなに難しいことはないので、あとはやる気のみ!
好きな話題のものを手にとって見るのが続けられるコツですね。

セルバンテス書店には様々なシリーズのリーディング教材があります。
ぜひ興味のある話題のシリーズの1冊をコンプリートしてみてくださいね。

◆初級(A1-A2レベル程度)はこちら
◆中級(B1レベル程度)はこちら
◆中上級(B2レベル程度~)はこちら

|

10/06/16

スペインのラジオ放送を聴いてみよう

関東地方も梅雨入りしましたが、みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか。
じめじめした気候が続きますが、元気にまいりましょう!
弊書店のあるセルバンテス文化センターの玄関ではとてもかわいらしい紫のアジサイが満開です。なかなかフォトジェニックなアジサイなので、ぜひ見にいらしてくださいね。

スペインの放送がインターネットで見られるということは以前こちらのブログでお伝えしました(スペインの放送を視聴しよう)。スペイン国営放送(TVE)ではドラマを字幕つきで見られることもここでお伝えしましたね(スペインのドラマ!

今日はラジオについてお話しましょう。
スペインのラジオ局の番組ももちろん日本で聴くことが出来るんです。
私がよく聞いている代表的なラジオ局をいくつかご紹介します。

◆CADENA SER
http://cadenaser.com/

◆ONDA CERO
http://www.ondacero.es/index.html

◆COPE
http://www.cope.es/

◆LOS 40(音楽番組)
http://los40.com/

◆RNE(スペイン国営放送)
http://www.rtve.es/radio/

私のお気に入りはONDA CEROのスポーツ番組"Al Primer Toque"
放送が月曜から金曜の0時~2時(スペイン時間)で、ちょうど日本時間の朝7時~9時にあたるので毎朝出勤前に聞いています。サッカーの試合直後には選手や監督のインタビューが流れたり、大事な試合前には彼らがゲストとして出演したり、サッカーだけでなく、さまざまなスポーツについてパーソナリティたちがアツく語っています。

それから同じくONDA CEROの"Gente Viajera"
こちらは旅の情報番組。スペインはもちろん世界各地の観光地やグルメ、おすすめスポットについて、パーソナリティとゲストがさまざまな情報を教えてくれます。あまり日本では知られていないスペインの小さな町のお祭りなども知ることが出来て面白いですよ。

いま紹介した5つのラジオ局はアプリもあるので、ご興味のある方はダウンロードしてみてくださいね。いろんなジャンルの番組があるので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。ともかくみんな早口だし、話をしているのにかぶせて話をするし、最初は???かもしれませんが、根気よく聞き続けてスペイン語のリズムに慣れることが大事ですね。

(Y)

|

13/05/16

あのベストセラーが刊行15年

GWはいかがお過ごしでしたでしょうか。
わたくしYは連休を利用して、ついに親知らずを抜きました(T_T)
抜歯後は満足に食べられず、お酒も飲めず辛かったです・・・。
さて親知らずはスペイン語でなんというかご存じですか?"Muela del juicio"といいます。
Juicioは判断力、分別、良識という意味を持つので、物事の分別がつく、つまり大人になる頃に生える歯、ということでしょうか。

DICCIONARIO DE ESPANOL PARA EXTRANJEROS によると、
muela del juicioはla que está al final de la boca y aparece en edad adultaと意味が書かれていました。うむ、その通りですね。
「親知らず」もなかなかすごい表現ですが、Y母にスペイン語ではどういうか話したところ、面白い表現だね、という感想。しかしその感想まではよかったのですが、「あなたはどうだか(=分別がついているようには思えない)」でした(笑)。まだまだひよっこのYですが、親知らず抜歯を機に本当のオトナになります。

さて、前置きが長くなりましたが・・・。
明日5月14日はある、世界的ベストセラーの本が刊行されて15年になります。
それは、カルロス・ルイス・サフォンの「風の影」です!
日本でも翻訳本がベストセラーになっているので、お読みになった方も多くいるのでは?
私も大好きな本の1つで、これに続く2作目、3作目、原作本も読みました。

大学生の時にふとしたきっかけで出会い、ある日の夜遅くに読み始めたのですが、面白くてページをめくることが止められず、気づいたら朝になっていました。翌日はあるクラスの期末試験だったのに・・・!

この頃では本を読むだけでは飽きたらず、バルセロナに行くたびに、さまざまな場面の舞台に足を運ぶまでに!主人公ダニエルがお父さんと一緒に働いていた古書店のある通り、フェルミンと初めて出会う広場、ダニエルが「顔のない男」に声をかけられる港の桟橋・・・完全にマニアです(笑)。しかし、まだアルダヤ家を見たことがないのが心残りです。

そして忘れてはならないのが、この「風の影」シリーズで重要な場所、「忘れられた本の墓場」のある通り。実はこの通りのある地区はあまり治安がいいとは言えない地区にあります。現在ではだいぶ良くなっているようですが、それでも他の治安の良いところから比べると一人で(特に女性が)歩くのは少し怖いなという印象を受けるところです。しかし好奇心に駆られた私は手荷物を最小限にして行ってみました。行って写真を撮っただけですぐに大通りに戻ったのですが、やはり他とは雰囲気が違っていましたね。なので、あまり一人で行くのはおすすめしません。二人以上で行かれても見たらすぐ大きな通りに戻ったほうが良いでしょう。手荷物は最小限で!

舞台めぐりをするほどハマってしまいましたが、その本が刊行されて15年。
これまで40カ国で販売され、2500万人がサフォンマジックにかかっているそうです。現在3作目まで刊行されていますが、4作目はまだサフォンは完成させていません。1作目から続くミステリーはどのように完結するのか、本当に楽しみです。

まだお読みになっていない方は、日本語訳本からでも十分です。ぜひ、お手にとって読んでみてください。ただし、寝不足には気をつけて・・・。

カルロス・ルイス・サフォンHP⇒http://www.carlosruizzafon.com/index.php
サフォンの3部作のスペイン語版は当書店でも取り扱いがあります⇒「忘れられた本の墓場」3部作

↓「センペーレ古書店」のあったサンタ・アナ通り
(2009年11月に撮影しました)
382924_10150424881794070_10816101_2

(Y)

|

27/04/16

DELE試験について

大型連休前のセルバンテス書店よりこんにちは。
誠に勝手ながらセルバンテス書店は2016年4月29日(金)~5月6日(金) お休みを頂きます。
ご不便をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

5月にDELE受験をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。セルバンテス文化センターさんではすでに5月受験の申し込みは締切っていますが、直前に出来ることについて考えてみました。

  • 問題集、単語集に既に取り組んでいらっしゃる方は、ひとまず全て終えられること、余裕があれば間違ったところの見直しなど。
  • スペイン語圏の動画をネットでご覧になって耳を慣らすこと
    スペイン国営放送 
    http://www.rtve.es/

    スペイン以外のスペイン語圏の人々の話が聞けるサイト(トランスクリプションも載っています) 
    http://cvc.cervantes.es/lengua/voces_hispanicas/
  • セルバンテス本部DELEサイトでモデル試験を見てみる
    http://dele.cervantes.es/informacion/niveles/tipos.html
  • スペイン語を書いてみる
    前述のモデル試験の記述問題をご覧になってとりあえず書いてみる。
  • スペイン語を話してみる
    前述のモデル試験、PDFファイルになっているものの一番最後に口頭試験のモデルが載っています。下記はA2。とりあえずモデルを見ながらご自身でスペイン語を口に出してみる
    http://www.cervantes.es/imagenes/File/lengua/diplomas/a2/MODELO_COMPLETO.pdf

ざっとこのような感じでしょうか。書くと話すは大変ですが、とりあえず書いてみる、話してみることで当日の緊張がかなりほぐれると思われます。

連休中、お時間あったらぜひスペイン語に取り組んでみてくださいね!(m)

|

«スペインのドラマ!