DELE A2日本版出ました!

 HOLA✋

あっという間に夏ですね、前回のブログ更新から結構時間が経っていしまいました!
(最後に真面目におすすめ教材についての記事を書いたのが約一年まえ…)

今回はできたてホヤホヤの新刊教材のご案内です~!

【新刊!】DELE 試験対策問題集 OBJETIVO DELE A2 日本版 ※音声ダウンロード [EDJ00525]

Edj00525

ついに2020年からの新試験に対応したDELE A2対策問題集の日本語解説付きがでました!
お待たせしました、いや、お待たせしすぎたかもしれません。ですね。

今までのDELE A1/A2対策といえば、ロングセラーのこちら👇ですが、

【人気商品】DELE試験対策問題集 A1・A2 (CD 2枚付)+小冊子 [EDJ00502]


Edj00502

みなさんもご存じの通り、2020年に新試験形式が採用されたため、
上記の問題集に収録されている模擬試験の問題は、現在の試験問題と形式が少し変わってしまっているんですね。
なので試験形式の変更点についてまとめた小冊子をつけて引き続き販売していたわけです。
(といっても思ったより劇的に試験形式が変わったわけではないですが…!)

ところでそもそも!
DELEを受ける時に対策問題集を使った方が良いの(対策コースに通うも同じく)?って思うかもしれませんが、
なるべく使った方が良いと思います。理由は、試験形式(どんな問題が出るか)を事前に把握できるからです。
いきなり試験を受けると、たとえば、口頭試験には事前準備がありますが、それを知らなくて
緊張してしまい係員の指示をうまく聞き取れなかったり。作文では何単語書けば良いか本番まで知らなかった…とか。
でも問題集で対策していれば、その設問では何をすれば良いのかを事前に把握しておけるので、
試験本番でも焦らずに済みます。
あとは、単純にDELEって受験料が高いので、落ちて受け直すくらいなら少しお金を出して対策しよう、
というのもあります。私は何も対策せず受けて落ちたことがありますが、
正直受け直すことになるなら、もっとちゃんと対策をしておくべきだったと思いました…
問題集使えばこんなに具体的な試験構成や形式を把握できたんだな…って感じです。

そしてようやく本題ですが!
新試験形式に対応したDELE A2 日本語版が登場しました!
DELE A2の日本語解説付きの対策問題集をお探しの方にはとってもオススメな1冊となりましたよ。
試験の仕組みや合格のためのアドバイスを日本語で把握したいという方集まれ~~。

具体的な内容は👇
・DELE A2レベル全体像の詳しい解説
・合格のためのアドバイス
(読解・文章表現、聴解、口頭表現試験、4つのパートそれぞのヒントを掲載)
・模擬試験第1回の作文試験のモデル解答
・全6回分の模擬試験、解答、音声トランスクリプション付き
(6回分の模擬試験は実際の試験と同じくすべてスペイン語です)

ダウンロード素材
・聴解問題の音声
・模擬試験第1回の口頭表現試験の再現音声とトランスクリプション

以前のA1/A2が1冊になっている問題集に比べて、
収録されている模擬試験の回数が増えたのでモリモリ問題を解いていくことができます。
模擬試験が2回分だったのが6回分ですから、結構大きな違いですよね。

ちなみに、日本版の制作にあたり、全ての問題を解き直して誤植がないかをチェック済みです。
誤植があった場所はきれいさっぱり修正しました(でも、もし見つけたら教えてください!)。

作文と口頭試験については、模擬試験第一回に対してのモデル解答と、
口頭試験にはさらに実際の試験をシュミレーションした再現音声がついているので、
解答の仕方に対する具体的なイメージがしやすくとても役立つと思います!

あ、新試験に対応したA1日本語解説付きは、鋭意制作中ですので、今しばらくお待ちください…
A1の日本語解説付き問題集をお探しの方は、引き続きこちらの書籍でお勉強していただけます👇
【人気商品】DELE試験対策問題集 A1・A2 (CD 2枚付)+小冊子 [EDJ00502]

あとは、たとえばA1とA2どちらを受けようか迷っている方にも上記の問題集はおすすめですね。
1冊に各レベル2回分の模擬試験が入っているので、たとえば、A1を解いてみて簡単だと思ったら
実際にDELEを受ける時はA2から受ける、なんてこともできます。

ついでなのでご紹介しますが、まとめて買うと次回以降使えるクーポンがもらえる
ちょっとお得なセット販売もあります。

【クーポン付きでお得!】目指せ!DELE A1合格セット [FUKU2022A]

【クーポン付きでお得!】絶対合格!DELE A2完璧セット [FUKU2022B]


ようやくコロナウイルスの感染状況も落ち着いてきましたし、
ぜひお店で手に取って見ていただければと思います!わからないことがあればどんどん聞いてください~

ではまた次回!Adios✋


10/02/22

新刊『¡AHORA TÚ! できたね!スペイン語 A2 DELE対策 文法おさらい問題集』徹底解説!

DELE試験受験の前に、A2レベルの文法を網羅的におさらいしませんか?
和書で一度文法を理解したあと→(ギャップあり)→DELE試験受験
キャップを埋めるおさらい問題集 

 

¡AHORA TÚ! できたね!スペイン語 A2  DELE対策 文法おさらい問題集』発行に寄せて・・・

過去10年以上に渡り複数の大学で初級から上級の1000名以上の学習者を担当しており外国語としてのスペイン語教育の
大きな研究分野のほんのほんの小さな小さな一部を研究している本書日本版著者のTです。

第二外国語および外国語としてのスペイン語教育(EL2, ELE)分野は他の言語研究分野に比較すると非常新しい分野です。
人がどのように言語を習得するか(習得理論)もまだまだ発展途上の分野です。
特に、どのような教育や学習が効果があるのか(言語教育)という分野においては仮説検証がまだ十分にできていないと
思われます。明らかになっていることと明らかになっていないことを明確にわけて伝えることが大事なのではないかと日々考えています。
にもかかわらず、「◎◎すべし」や「スペイン語はこのように学べ!」などの「できる人の個人的な経験論」«主観意見»が多くみられます。

近年は、学習環境や言語学習に対しての心理的な要素などの個人差の研究が多く進められていることからもわかるように、
学習方略の成果には個人差が大きいことが明らかになってきています。それを踏まえると「◎◎すれば受かる」という
断言スタイルの解説は、個人的には恐ろしくて書けません。

よってここでは、過去の学習者の客観的観察※1と外国語としてのスペイン語教育
(Español como lengua extranjera)に関する修士と博士課程中において知り得た限定的な知見、および、DELE試験の面接員を
した経験から、なるべく具体的に本書の活用法のみに絞ったご説明をいたします。
※そもそも言語能力を客観的に観察評価できるのか?という大きな問いもありますがここではそれには触れません。

DELE試験A1も無事に合格し、A2レベルの学習が順調に進んでいたスペイン語。多くの学習者にとって、はじめての
つまずきが多いのがA2レベルの文法です。実際にA2からB1でスペイン語学習をあきらめてしまうケースが多いと思われます。
大学の一般的な第二外国語のカリキュラムですと、後期から2年次の前期のイメージです。

まず、A2レベルでは、動詞の時制が急に複雑になります。現在形、過去形、現在完了形、肯定命令など、時制のみならず
活用形も不規則がたくさんでてきます。(本書には、動詞活用練習用小冊子の付録がついています。地味な付録ですが、
動詞活用をここで一度整理しておきたい方には参考になる
かと思い作成しました)

この段階を「私はなんとなくネイティブの先生と意思疎通できるからいいわ!」などと力技の話し言葉で文法を無視してしまうと、
B1レベルになったときにその借金のつけが回ってくる方
が多いようです。

DELE試験A1/A2レベルの面接員は「優しく親切な聞き手」という立場なので、多少のことは見逃してくれる部分はあります。

ただし、ここでクリアにしておかないとB1やB2になっても苦手な項目をずっと引きずってしまうことになります。
たとえば、現在進行形と代名詞の組み合わせなど、意思疎通には支障がないけれども、B以上のレベルを目指したいならば
一度ここで整理しておくほうがよい
項目で、和書の問題集ではさらっとしか扱われていないものがあります。

例)(Unidad 9) Estoy leyendo el libro. Lo estoy leyendo. / Estoy leyéndolo.

Él se está lavando la cara. / Él está lavándose la cara. → Se la está lavando. / Está lavándosela.

 

さて、難所は動詞の活用や時制だけではありません。直接目的語・間接目的語などの形や用法、また、不定語
alguien, algo, nadie, nadaなど)の使い方など、A2レベルは予想以上に文法項目がてんこ盛りのレベルです。
まずは、本書の練習問題を繰り返し練習して知識を定着させることをおすすめします。

本書の練習問題の形式は2つ。読んで解く問題と聞いて解く問題があります。読解力と聴解力両方を鍛える問題が出題されています。

答え合わせのときに大事なことは、穴埋めの正解だけを確認するのではなく、出題文もじっくり読み込むこと
知らない単語(本書にでてくるのはA2レベルの単語です)があったら調べておくことです。

 

一方で、DELE試験では、動詞の活用形を書かせたり、直接目的語を(  )に穴埋めさせたり、変化させたりするような
知識(記憶)問題は出題されません。和書の問題集ではこのような設問形式が多めのようです。

記憶問題の例

例)記憶問題 yを直接目的語に変えてください
¿Quieres ayudar (yo)?  
→  ¿Quieres ayudarme?

文法事項は知っているだけではなく、使えるレベルの設問が出されます。言い古された表現ですが、「知っている」と「できる」
の溝は大きい
、というのは多くの学習者が試験後に述べる感想です。

言語使用設問の例→DELE試験はこのような設問形式

例) Mañana tienes un examen de español. Escribe un mensaje para pedir ayuda a un/a amigo/a tuyo. 
という設問の中で、¿Quieres ayudarmeを書いて伝える必要性がでてくる


筆記テストが得意でも口頭が不得意など、知っていても話せないという学習者の感想をよく聞きます。
しかし、理論上、
やはりインプット(読む、聞く)を先にある程度できるようにならないと、アウトプット(書く、話す)の質が向上しない
とされております
inputinteracción, output の言語習得における効果に関しては多くの研究者の間で様々な仮説がありますが、
ここではその前段階の文法知識を獲得する段階のことをお話ししているので深く立ち入りません。

さらに、そもそもインプット(聞く、読む)ができるようになるためには、言語形式(つまりその言語の持つ規則、すなわち文法)
が理解できていないと聞くことも読むこともできません
よね。

そのギャップを埋めるためには、
1)各課(Unidad)の最後にある「Ahora tú できますか?」のアウトプット問題に必ず取り組みましょう。
各Unidadの扉で写真の人たちがアウトプットしているものを参考にしてみてください。そのUnidadで習った文法事項を意識して
話す・書く
ことが重要です。

2)3課ごとに設定されているDELE A2を意識した模擬問題を解きましょう。ここでも、3つのUnidad習った文法事項に焦点化
してある問題を解くことが重要です。

以上、本書の特徴と効果的な学習方法を日本版の著者の立場とmis humildes conocimientosからご説明いたしました。
なかなか、よくあるタイプの「これをやればいんだ!」という断言タイプのコメントが書けずに歯切れの悪いコメントですみません。

☛商品の詳細はセルバンテス書店オンラインショップを、各種ダウンロード素材はインタースペイン公式ページ
音声・参考資料ダウンロード)をご覧ください。

20220210_64dd48

21/07/21

【おすすめDELE教材!OBJETIVO DELE】

こんにちは~
先月に続き今月のブログでもおすすめDELE教材をご紹介していきます!

この間DELEがありましたけど、受験された皆さま、手ごたえはいかがでしたか?
はじめてDELEを受けた方、緊張しましたか??

私もDELE経験者なのでこれは本当に思うのですが、
DELEって絶対事前にある程度の準備をしておいた方がいいですよね。
(今までのDELE経験から、事前に問題集を買ったときとそうでない時では、
明らかに当日までの準備具合や結果に差が出たと思います。)

例えば作文パートは急に何か書けと言われても難しいし、
口頭試験になると、もはや準備時間から試験の一部なんだ…的な。
試験補助員が何やら説明してくれたり、手渡されるラミネートに試験の概要が書いてあるけど、
「正直時間が足りなくて読めない」、「着席して落ち着くまでの間に説明が始まってしまった」
なんてことありませんか??

事前に準備をして、「どんな問題が出て何をしなければいけないのか」が頭に入っているだけでもだいぶ違います!!

そこで今日は「OBJETIVO DELE」シリーズについて!ご紹介!
こちらはどんな方へオススメのテキストかというと…

-まずは試験の概要(どのような問題が出て、何を問われ、どう解答しなければいけないのか)を頭に入れたい!
-模擬試験の回数をたくさん解きたい
-作文試験の対策をしっかりしたい
-口頭試験の対策をしっかりしたい

こんな方へおすすめです。

もしこれらに加えて文法の練習もしたい、という方は、別の文法教材を買うか、
前回のブログでおすすめした「LAS CLAVES DEL NUEVO DELE」シリーズがおすすめです。
リンク貼っておきますね👇

◆複数レベルの文法を一気に勉強できる!おすすめ教材!

◆【おすすめDELE教材!LAS CLAVES DEL NUEVO DELE】

よく問題集を買っても解説の部分は飛ばしてしまうって方いますが、
スペイン語だし…って飛ばしている部分が実はちょ~~~~~大切なんです!!!ということを言いたいです。
というか!そのパートに!出版社は!力を入れてますから!だから!ぜひ!解説を読んでください!!
めっちゃ声を大にして言いたいです。本当にこの解説の部分がめちゃめちゃ役立ちますので。

解説の部分で主に説明されるのは以下👇

-問題のタイプ(短い手紙やメール、簡単な広告、など)
-選択形式、穴埋め形式など、解答手段について
-どの点が評価されるのか
-アドバイス(例えば、試験補助員の話はよく聞くこと、早口で話しすぎない、インストラクションなど問題分の指示に従うこと)

これで試験前に「どんな問題が出て何をしなければいけないのか」を頭に入れることができます。

ちなみにどんな感じで解説があるのかをチラ見せ👇
(出版社が公開しているのがC1の解説でした。ちなみ見た感じにAレベルだとここまでみっちりな解説ではないかな、と思います。)

これが試験全体の説明(何分間で何問とか載っているのでここも重要)で、


Objetivo-dele-c1 
そしてこれがアドバイスの部分です👇

Objetivo-dele-c1-2

もうこれだけみっちり書いてあったら相当役立つんじゃないでしょうか!
試験までに余裕をもって問題集を買って、まずはこの解説の部分を頭に叩き込む!これがおすすめですね。

A1やA2でもスペイン語で解説がありますが(さすがに上記のC1ほどみっちりではないですが)、
時間をかけてそこを読んでみてください!それだけで試験当日の落ち着きが違うはずです。

あとB1以上のレベルに関しては、作文と口頭試験もすごく丁寧にアドバイスをくれるのでおすすめです。
こちらは出版社が見本を公開していないため、ここに乗せることができず残念…!
作文はモデル解答があって、役立つフレーズも載っています。
覚えてしまえば試験でそのまま使えます。

ちなみにB2のみ日本版ですので、これらの解説が日本語という大サービス。
B2を目指す皆さまラッキーです。

とりあえず、「OBJETIVO DELE」シリーズを使えば、
試験や問題の性格がバッチリ把握できて、焦らず試験に挑めるということです。
ぜひ問題集選びの候補に加えてあげてください!待ってます!

では!!






25/06/21

【おすすめDELE教材!LAS CLAVES DEL NUEVO DELE】

¡BUENAS!

前回の更新から3か月も経ってしまいました!痛恨!
せっかく今年に入ってからは1か月に1回のペースで更新できていたのに…3か月ボウズです。

気を取り直して~~~
今日はおすすめDELE教材シリーズです。
前回は、「DALE AL DELE」について書きましたね、オボエテマスカ~~

今回は、「LAS CLAVES DEL NUEVO DELE」について!
こちら店頭でもスタッフおすすめ教材として推してるシリーズです。

レベルはA2からC1まで出版されています(A1は現在制作中のようです)。
まず、どんな方にオススメのテキストかというと👇

-1冊で模擬試験も文法も勉強したい
-作文試験の対策をしっかりしたい
-口頭試験の対策をしっかりしたい

こんな方へおすすめです。
試験直前の対策というより、時間をかけて勉強したい方へ適しています(ボリューム感あるので!)

ただ問題を解くだけでなく、
「どのような問題が出て、何を問われるのか」
「どのように解答しなければいけないのか」
この点についても抑えることができる問題集です。そこが他の問題集とは違うところですね。


とりあえず、ここではB1を例に説明しますね。

【スタッフおすすめ】LAS CLAVES DEL NUEVO DELE B1 ※CD+音声ダウンロード[MET02224A]
https://interspain.ocnk.net/product/4707

(ちなみにここ👆からも簡単な商品説明や見本がご覧いただけます。)

まず、書籍の構成をおおまかに分けると、

①試験によく出るテーマに触れるための練習ページ
②文法のまとめページ(Resumen Gramatical)
③試験を解くためのカギ(Claves)を頭に入れるページ
④模擬試験

といった感じです。

じゃ1つ1つ見ていきましょか!

①試験によく出るテーマに触れるための練習ページ
ここはいわゆる教科書のようなページで、練習問題を解きながら、
試験に必要な物事について頭に入れていきます。

Las-claves-1

LAS CLAVESシリーズで結構オススメポイントなのが、このページの左側にある囲まれた部分!
(正しく何と呼べばよいのかは知りませんが。。。)
ここで成句とか、「こういう時どう言う?」みたいなことや「スペインの○○について」を説明してくれます。
ここでは挨拶の仕方について説明してくれていますね。

あとはこのような長文を読んで穴埋めするような練習問題もできます👇
Las-claves-2 

はい次!
②文法のまとめページ(Resumen Gramatical)

ここはめっっっちゃ使えますね。
もし模擬試験集と別に文法問題集を買おうか迷ってる方がいたら、
正直この1冊を持っていればその必要はないのでは??ってくらいです。

Las-claves-3 

活用から用法、例文に注意すべき点まで。
これDELE対策関係なく1冊あれば普通に役立つレベル。

はい!そして③試験を解くためのカギ(Claves)を頭に入れるページ!
このパートは、作文試験と口頭試験の対策をしっかりしたい人に激オススメ!
そもそもDELEの問題集って、作文試験と口頭試験に対する模範解答を掲載していないことが多いんです。
掲載されていても、モデル解答1回分、とか。。。
なのでどの出版社も解説に力を入れていて、試験のコツを掴んでもらうということに焦点を当てます。
でも、「LAS CLAVES DEL NUEVO DELE」シリーズなら、だいたい5回分くらいモデル解答がついています。
なぜかというと、模擬試験以外に、5回分(もしかしたらレベルによって違うかも)くらいの練習問題があるからです。

よく作文試験と口頭試験はネイティブの友人に見てもらうから大丈夫ってのを耳にしますが、
正直その相手がDELEの採点基準を知っていなければ何の意味もありません。ただ活用の間違いなどを指摘されるだけです。
DELEの場合、「質問に対してそのレベルにふさわしい言葉遣いで答えているか」、「質問時の注意事項をクリアしているか」、
など、採点基準は決して活用等の文法事項だけではありません。
例えば、「なぜなら」と言いたい時、A1やA2の場合は「porque」とかで良いですが、
B1やB2以上の場合は「puesto que」や「ya que」などの方がふさわしいですし、3,4種類のレパートリーが必要です。

こちら👇作文の練習ページです。
「EL QUÉ CONSISTE」→どんな問題が出るか
「FORMATO」→どんな文章を書かなければいけないか
「TIPO DE TEXTO」→その文章のタイプ(公的なものか私的なものか)
を説明してくれて、「EJEMPLO DE ~」がモデル解答ですね。
自分の書いた文と見比べることができますし、めっちゃ良い練習ができます。

Las-claves-4 

こちら👇は口頭試験の練習ページです。
作文と同じく、どんな問題が出るか、どう答えるか、モデル解答があります。
あとは、「No olvides:」というところで、「ここに注意しましょう、これは忘れないでね」
という大事なポイントについて教えてくれます。親切か~

Las-calves-5_20210625122001  

そして最後は④模擬試験!
ここはもう解くのみ。しっかり時間厳守でやりましょう。

どうです?
この1冊あればかなりしっかりと試験対策できると思いません??

ぜひDELE対策問題集選びの参考にしてみてください!

Hasta pronto




 

24/03/21

【DELE A1/A2】新着おすすめ問題集をご紹介!!

¡BUENAS!

あっという間に3月も終わりですね、早い!!

今日のブログは、DELE A1/A2対策の新着教材のご紹介です。
今回は特に作文と口頭試験の対策に焦点を当てていきたいと思います。
パラパラとめくって見ていくと、、、これは、、、もう、、、スタッフ激推しの予感!!
これらのパートって、マークシート部分のリーディングとリスニングと違って独学の場合対策が難しいですよね…
でも、今日ご紹介する問題集は、一言で言うなら「先生」です。DELE A1/A2を受験する人をしっかりサポートしてくれます✊
とくに、初めて受験する方にもとてもおすすめです!

あと、みなさん問題集を買ったらしっかりと解説に目を通してあげてください…出版社はそこに労力を注いでいますヨ…

ではさっそく!今日ご紹介するのはこちらです☟
(クリックすると商品ページに飛びますので、詳細をご覧いただけます)

【スタッフおすすめ!】DALE AL DELE! A1 ※音声ダウンロード [MET03318]

【スタッフおすすめ!】DALE AL DELE! A2 ※音声ダウンロード [MET03290]

この問題集の何が良いかというと☟

1.完璧な作文と口頭試験対策ができる
2.え??先生ですか??(感動)というくらいサポートが手厚い

1および2に関連して、これは特にDELE A1/A2を初めて受ける方にとってとても役立ちます。
なぜなら、ふつうDELE対策教材の解答には、作文と口頭試験の解答が掲載されていないからです。
リスニングとリーディングのマークシート部分の解答は、もちろんどの問題集にも掲載されていますが、
作文と口頭試験の解答を掲載している問題集は多くはありません。
こちらの「DALE AL DELE」シリーズも、1問1問に対する模範解答は掲載していませんが、
実際の試験形式と同じモデル問題を使って、完璧な対策ができます!ここが私たちが感動したポイントです!

ではまずA1レベル!

【スタッフおすすめ!】DALE AL DELE! A1 ※音声ダウンロード [MET03318]

まずは、何分時間が与えられているのか、どのようなことを問われるのかについての解説がありますので、
めんどくさいと思って飛ばさずに頑張って読みましょう!
A1の場合、作文パートのTAREA 1では、申し込みに使うような「フォーム」に名前や住所のような個人情報を記入します。
モデル問題を使って、フォーム記入の方法を勉強するので、本番で確実に点が取れるようになります。
次にTAREA 2では、メールや手紙などの短い文章を書きます。
ここでも何文字書くのかどのようなことに注意して書かなければいけないのか
といった解説がありますので、しっかり頭に入れましょう!
続いておなじくモデル問題を使って、作文問題を解く練習をします。
ここでこのテキストがすごいのは、これから書く文章をブロックに分けて、文字数付きでガイドしてくれるところです。
例えば、テーマが「勉強についての情報を求める」の場合で、30-40単語で短文を書く時、、、

1ブロック目→挨拶(2単語/1行目)+モデル文
2ブロック目→今勉強していることやこれから勉強したいことについて(15単語/2行め、3行目)+モデル文
3ブロック目→どんな勉強をしたいか、コースに入りたいかについて(18単語/4行目、5行目)+モデル文
4ブロック目→終わりのあいさつ(9単語/6行目)+モデル文

これ、何行目に何を何文字、どのようなことを書くか、までガイドされるので、
このガイド(お手本)に沿って文章を書けば、必然的に完璧な回答になるということです。すごくないですか??

口頭試験の場合も同じく、まず解説があり、そのあとにモデル問題を使って進めていきます。
特におすすめなのが、メモの取り方のアドバイスです。口頭試験は事前準備で使ったメモを持ち込めますが、
ということは、そのメモがとても大切ということですよね??自分が話す内容がまとまっているので。
まずメモの取り方からお手本がありアドバイスしてくれるので、お手本通りに問題を解けば完璧ということです。

つづいてA2レベル!

【スタッフおすすめ!】DALE AL DELE! A2 ※音声ダウンロード [MET03290]

ここでも解説は重要です。飛ばさずに頑張って読みましょう…
A2の場合、作文で書く文字数は、60-70単語、70-80単語とA1よりは多くなります。
ここでもA1と同じように、これから書く文章をブロックに分けて、文字数付きでガイドしてくれます!
例えば、「友人から来たメールに返信する」問題の場合…

1ブロック目→挨拶(4単語/1行目)+モデル文
2ブロック目→友人をパーティーに誘い、誕生日を迎える友達の話をする(27単語/2行目、3行目、4行目)+モデル文

と、A1のようにガイドラインが提示されるので、それに沿った文章を書く練習をします。
少し長い文章を書かなければなりませんが、このお手本通りに書くことで完璧な回答が出来上がります。すごい!先生か!!

つぎに口頭試験ですが、ここもまずは何分時間があるのかを先にチェックします。
続いてまたまたメモの取り方のお手本が登場します。メモって大事なんです…
口頭試験のTAREA 2は写真の描写をする問題です。
モデル問題では洋服店の写真(本テキストでは絵ですが)が提示されますので、
その写真をもとにどのようなことを描写すればよいのか練習していきます。
そして!!ここが!!おすすめポイントです!!
メモのお手本や話すべき内容が提示されるため、「このような写真に対してどんなことを言えばよいのか」
知ることができます。あまり難しいことを言わなくても良いんだ、とホッとできるはずです。

どうです??なかなか文字のみで伝えるのが難しいですが良さそうですよね??
長く書きましたが、この問題集のおすすめポイントは、

掲載された解説とガイドラインに沿って問題を解けば、
自然と完璧な解答を書くこと(話すこと)ができるようになる!!!

ということです。

以上、新着&スタッフおすすめ教材についてでした!

ではまた~!

26/02/21

DELE問題集についての基礎情報✐

¡HOLA!

すべりこみ月末ブログ~!間に合った!
皆さまお元気ですか?スペイン語の勉強進んでますか…私はぼちぼち…

今日のテーマはDELE問題集の基礎情報についてです。
皆さん、DELEの問題集を買う時って何を基準にして選んでいますか?

お店でどれを買おうか迷っている方によく聞かれる質問としては以下👇

-どの問題集が一番実践的ですか?
-どの問題集が実際の試験に一番近い形ですか?
-(他の)ネットやブログで〇〇がオススメって見たんですけど…
-一番良いのって「Preparación al DELE」ですよね?

本当によくある質問です。

そしてこれらに回答するならばこんな感じです👇

-どの問題集が一番実践的ですか?
-どの問題集が実際の試験に一番近い形ですか?

→まず、超基礎情報として大切なのは、DELEの問題集はどれも実際の試験形式に即している!ということです。

例えば実際の試験は、リーディング→リスニング→作文→口頭試験といった順番で行われますが、
DELEの問題集でもこの順番で模擬試験が進んでいきます。
もっと言うなら、例えばB1の場合、リーディングの1問目(TAREA 1)は、
A~Jまでの短文に対して7人が意見しているので、誰がどの文についてコメントしているのかを結び付ける問題、
2問目(TAREA 2)は長文読解、質問は6題でそれぞれの選択肢は3択、、、
といったように、実際の試験と全く同じ形式をとります。
問題数や選択肢の数まで実際の試験と全く同じです。もちろん出題の順番も同じです。
つまり、どの問題集が一番実践的か、というのは正直なく、すべての問題集は実際の試験形式に従っています

ということは、各問題集を区別するポイントって、じつは模擬試験の部分というよりも、
それ以外の解説や練習問題の部分であることが多いのです。
各問題集にどのような特徴があるのかは、以前別の記事で書いたのでぜひご参考ください👇

DELE問題集を大解説!!
http://interspain.cocolog-nifty.com/interspain/2020/04/post-4770af.html


-(他の)ネットやブログで〇〇がオススメって見たんですけど…

→よくDELEに合格した人のブログ等で、「私はこれで勉強しました!」ってありますよね。
しかし冷静に考えると、「この問題集で合格しました!」「この問題集は良い!」「おすすめです!」といった情報のみで、
「何で良いのか」、「どういった点がおすすめなのか」を書いていないことが多いです。
ですのであくまで参考程度に…というのが私の見解です(これはすべてのネット記事に共通しますが…)

-一番良いのって「Preparación al DELE」ですよね?

→これ、本当によく質問されます。
EDELSA社の「Preparación al DELE」シリーズは確かに大人気です。
入荷してもすぐ売り切れになったり、予約分で入荷予定分が埋まってしまったり、とかなり引き合いの多い問題集です。
ただ、「一番良い」かといったら、???です。正直現在出版されているDELE問題集って全部良いので。
昔は「Preparación al DELE」シリーズしかDELEの問題集がなかったため、
もっとも一般的なDELE対策問題集として多くの人が勉強に役立ててきました。
なので一番良いというより、最も老舗である、長く利用されている、という表現が適切かな、、、と思います。
EDELSAに追い付け追い越せということで、他の出版社が彼ら独自のDELE問題集を出版し始めたわけです。

店頭にて、「Preparación al DELE」を買いに来たが在庫切れだった、という方はよくいらっしゃいますが、
他の問題集をご覧になると、そちらを購入される方がほとんどです。
「あ、こっちのほうが私に合ってて良いじゃん~」なんてこともあります。
入荷までに4週間待つか、別の問題集を買って先に勉強を進めるか、のどちらかですね。

なので、伝えたいこととしては、

-どのDELE問題集も実際の試験形式に即している点は同じ
-各出版社がDELE試験を研究した結果の対策問題集なので、正直どれも良い
-それぞれの問題集を区別するのは、模擬試験以外の解説や練習問題のパートである

ということを踏まえたうえで、

「自分のニーズに合った1冊を見つけてほしい」です!!!

本当にDELEの問題集ってどれも良いんですよ。
なので各問題集の特徴を見比べて、解答のコツが多いもの、作文の模範解答があるもの、
口頭試験で使えるフレーズが入っているもの、文法まとめが掲載されているもの、
といった中から、ぜひ自分に合うものを見つけてください!

ではさよなら~、Hasta pronto










 

7/01/21

文法問題集を買った話〈その1〉

¡Feliz Año!
みなさま今年もよろしくお願いします。

今日は私が文法問題集を買った話を書こうと思います。
どんな問題集で、どんなふうに勉強しているかについてのレポートのような感じです。
ちなみに〈その1〉としましたが、〈その2〉があるのか、いつになるのかは未定…かもしれません。
レポートできるように勉強ガンバリマス…

あと先に言います!前置きが長いです!というか全体的に長いです!
なぜなら、私がどんな人で、なぜ文法を勉強しようと思ったのか、
いろいろある問題集のなかからどうしてその1冊を選んだのか、も伝えたいからです。
当店では多数の問題集を扱っているため、みなさんもどれを購入するかで迷ったことがあるかもしれません。
今回私も完全にその1人になりました。これは普段接客する側にいるだけではわからない気持ちだったと思います…

まず問題集を買ったのは去年の12月。
もちろん自分のお店で買いましたよ、現金で!!(当店はクレジットカード非対応なので)
どれにするか迷ったのですが「ANAYA ELE EN GRAMÁTICA B2」を買いました。
(こちらです→https://interspain.ocnk.net/product/4921)

ここで、なぜ私が文法を勉強しようと思ったかを少し書きます。
私はそもそもスペイン語学科卒ではないので、「ちゃんと文法を勉強したことがない」、というのが一番大きな理由でした。
留学していたので、聞くことや話すことでスペイン語を覚えたタイプだと思います。
DELEはB2を持っていて、C1は2年くらい前に受けましたが落ちました。
しかも「聞く話す」は合格点に達していたのですが、「読み書き」の点数が足りなくて落ちた、という感じ…
これで「やっぱり文法をちゃんと勉強しなきゃな~」と思ったわけです。
おそらく上級レベルになるほど、「なんとなくこんな感じ」といった曖昧な知識ではDELEに受からないのだと思います。
(もちろんネイティブの友達と話すときは別です、「なんとなく」でも汲み取ってくれるのでコミュニケーションは取れます。)

そこでついに問題集を買うことを決意。
そしていざ買うとなったらこれがめっちゃ迷うんですよ。
復習のためB2を買うと決めていたのですが、B1の問題集を見たら結構わからないことが書いてあって…
それでB1とB2が1冊になったものを買うか、B2のみを買うかでまず本当に悩みました。
具体的にはこれと(内容がわかるようにタイトルにオンラインショップの商品説明欄のリンクがついてます)↓
GRAMATICA DE USO DEL ESPANOL. B1-B2 [MET02166]

あとANAYA ELE EN のB1のこれで迷いました。
Anaya E.L.E. EN GRAMATICA nivel MEDIO B1 + 2CD [MET01975B]

まず、「GRAMATICA DE USO DEL ESPANOL」ですが、これ1冊でBレベルの文法がカバーできるしすごくいいなと思ってました。
見開き1ページで1テーマなので、左が説明ページ、右が練習問題のページといった感じです。
収録されているテーマ数が多い分(B1とB2が一緒になっているので)、1つのテーマに対して練習問題が少ないかな、と思い、
「ANAYA ELE EN」を見ることに。
1レベルで1冊なので、説明も練習問題も結構あるな~(そりゃそうか)みたいな印象。
あとCDがついているのでリスニングの勉強にもなるじゃん~と思い、ほぼこちらを買うことで決定。
次はB1にするかB2にするかで迷いました。どんだけ迷うの!!って思うかもしれませんが、
いざ自分で買うとなるとめっちゃ迷います、本当に。
「どっちがいいと思いますか??」とかいろいろ先輩に聞いちゃいましたけど、
最終的に勉強するの私なんだし自分で決めろやって感じですよね、その通り。
迷っていても仕方ないので、もうじゃあB2にしよう!!って最後は勢いで決めました。
それでやってみて難しかったらB1も買えばいいのさ…という感じで。

ということで、晴れて「ANAYA ELE EN B2」を購入!!拍手!!!
やる気があるうちに!ということで、その日の帰りにボールペンと蛍光ペンを買って帰りました。
お勉強セットの完成です!

Archivo_000

新しい文房具でモチベーションを上げよう作戦です。
ちなみにこの日に買った蛍光ペンですが、勉強初日にフタを閉め忘れて次の日にはカッスカスになって出なくなっていました。
エアコンの風にやられたのだと思います。モチベーション下がりましたね、すぐ買いなおしました。

今のところの勉強法は、まず説明から読んでいって、わからない単語に線を引いて意味を調べて書く。
そしてこの意味を調べるとき、和西やグーグルで調べるなりしたあと、西西辞書でも調べています。
(西西辞書で調べた意味も分かればメモします。もし意味がわからなければ華麗にスルーします。
本当はちゃんと調べたほうが良いのでしょうけど、あまりこだわらず次へ次へ進みたいからです。。。)

こんな感じで書き込んでいます↓
(ココログの写真が見ずらいことは承知済みです、ご容赦ください…)

Anaya-ele-b2-contenido 

あと、西西辞書ですが、私は紙媒体を持っていません!
REAL ACADEMIAの辞書はオンラインで使えるのでとても便利ですよ、これ↓

★REAL ACADEMIA ESPAÑOLA
https://dle.rae.es/

スマホのアプリもあるのでダウンロードして使っています。
結構前から使っていますが、便利ですし使いにくいと思ったことはあまりありません。

で、実際に勉強してみると、最初の5、6章は、
「EL SUSTANTIVO」、「EL ADJETIVO」、「LOS ARTÍCULOS」から始まるんですが、
この超基本的なこと、ここがまずわからない…というか、いかに自分が曖昧に覚えていたかということを痛感させられました。
そしてだいたいこの超基本的な部分はつまらないのです、、、部活動の基礎練習みたいな、ひたすら耐えるのみ、のような。
でもつまらなくてもやれば自分のためになると思ってやります(根性)
もしかしたら1章から順にやっていく必要はないのかもしれませんが、
「どうしてもこの文法が気になる!!」という文法事項の疑問を持っている方は、
その章から始めればよいのだと思います。一応私は1章から進めるという道を選びました。

例えば2章のテーマは「EL ADJETIVO」です。
〈Cierto〉という単語について学びましたが、これ、「確かな」といった意味があるとしか今まで知りませんでした。
しかしこの問題集によると、名詞の前に置かれたときは〈un poco de〉、「幾分の、少し」の意味になり、
後ろに置かれたときに〈verdadero〉、私が知っていた「確かな」という意味になるそうです。

例文1.Tengo ciertas dudas sobre~
この場合ciertas dudas≒algunas dudas、つまり「幾分かの疑問がある」という意味になります。

例文2.Es una historia cierta.
この場合は「幾分かの」ではなく、「確かな」の方の意味です。

と、こんな感じで「なるほど~」となりながら勉強しています。知ってるだけじゃなく、使えるようになることって重要…

あと大事なこと!問題を解いたあとは、声に出して音読しています。
音読といってもブツブツ独り言みたいに喋るだけですけど、声に出したほうが頭に入ってくる気がするので、、、

まだ3章までしか進んでいないのですが、ここまでで気づいたことは以下↓

1.超基本的な文法事項を自分は曖昧にしていたこと。
2.CDの有無は、自分にとってはあまりメリットがなかったこと。
→というのも、CDを毎回聴く作業が少しめんどう…パソコン立ち上げて、読み込んで、など、、、
あと外で勉強する際にパソコンがないと再生できない、など。
この点はCDを聞くためにはパソコンが必要、という自分の問題が大きく関係していますので、CDの重要度は人それぞれだと思います。
3.こだわりすぎないこと。
→スペイン語でスペイン語の文法を勉強しているのでわからないことはもちろんある。
でも無理に日本語に変換しようとはしなくて良い、アウトプットがスペイン語なのだから、
インプットもスペイン語にして理解しようとすることが大切。
これは自分の性格上、わからないことでつまづくよりも、どんどん進めていきたいタイプだからでしょうか。

こんな感じで、引き続き勉強してきます~!
次の更新はいつになるか…ですがまたレポートしたいと思います!思っています!

Hasta pronto



 

14/11/20

ボキャブラリー教材のおすすめをご紹介!

¡Hola!

117 116


11月のブログです~!

今日明日は今年最後のDELEですね、受験されたみなさまいかがでしたか?

手ごたえがあった方もなかった方も、ひとまずお疲れ様でした!
長丁場の試験なので結構疲れますよね…
そしてまだ試験が残っている方、¡MUCHA SUERTE!🍀

来年のDELEに向けて、もう今から準備しよう!という方、¡APLAUSO!👏
やる気になったその時に問題集を買ったり、かわいい文房具などの勉強グッズを買ってモチベーションを上げていきたいですね。

今回のブログでは、「ボキャブラリー教材」について、
それぞれの書籍の特徴を含めて解説していきたいと思います。
まず、ボキャブラリーを学ぶことで、会話が豊かになりますよね。
言いたいことがあるのに単語がわからなくて言えない→会話ができない
これは私も昔よくありました…
もちろん、スペイン語の勉強をすれば自然と身につくものもありますが、やはり知っているに越したことはないと思います。
スペイン語の場合は男性形、女性形があるので、定冠詞(elやlaなど)も併せて覚えることが大切ですよね。
特に、文脈ごとのふさわしい単語の使い方も会話を豊かにしてくれます。
あともう一つ重要なことといえば発音でしょうか?聞いてみて覚えるというのも一つの手ですよね。

ということで、これらの点にも注目しながらご紹介していきます!

¡¡¡¡VAMOS!!!!

【人気商品】合格!B1レベルDELE試験対策スペイン語基本単語1150+α [EDJ00511]
https://interspain.ocnk.net/product/4772

こちらは人気商品でもあり、唯一の日本語つき単語帳です。
中身の構成は一般的にイメージされる単語帳と似ており、スペイン語の単語の隣に意味が並び、例文がつづきます。
最大の特徴は、DELEに頻出する単語のみを絞り出したこと!
さらに例文はすべてB1相当の単語で構成されているので、丸ごと覚えてしまえば口頭試験でもバッチリ使うことができます。

VOCABULARIO ELE B1 [MET02787]
https://interspain.ocnk.net/product/4162


VOCABULARIO ELE B2 [MET02755]
https://interspain.ocnk.net/product/4119

こちら☝はSGEL社発行のボキャブラリー教材です。

B1レベルに必要な単語を、22のテーマごとに分けて収録しています。
それぞれの単語(動詞、形容詞、名詞など)と併せて、例文も収録しています。
また、単語によっては反意語や類義語も掲載されているので、セットで覚えるとのちに役立ちますね。
練習問題もあるので、テーマごとに学んだ単語を練習問題として身に着けることもできます!

USO INTERACTIVO DEL VOCABULARIO (A1-B1) [MET02494]
https://interspain.ocnk.net/product/3795

USO INTERACTIVO DEL VOCABULARIO (B2-C2) [MET02495]
https://interspain.ocnk.net/product/3796

つづいてこちら☝はEDELSA社のボキャブラリー教材。
タイトルからもわかるように、単語の使い方を学び、会話へと繋げることを目標とします。
テーマごとに分類された単語を、まずは一覧で確認。自分で意味を調べます。
そのあとに、練習問題を解きますが、ここで終わりではないのです!
それらの単語を使って「どう話すか」を勉強し、次は自分が「話してみよう」というところまで繋げます。
自分の意見を構築する、というところまで学ぶことができるので会話の練習にもなります(声に出して読んでみましょう!)
会話の題材になるような短文掲載されているので、文章を読むリーディング力、そしてその題材から会話を組み立てる力もつきます。

Anaya E.L.E. EN VOCABULARIO nivel ELEMENTAL A1-A2 + 2CD [MET02063B]
https://interspain.ocnk.net/product/4059

Anaya E.L.E. EN VOCABULARIO nivel MEDIO B1 + 2CD [MET02064B]
https://interspain.ocnk.net/product/3297

Anaya E.L.E. EN VOCABULARIO nivel AVANZADO B2 + 2CD [MET02065]
https://interspain.ocnk.net/product/3908

最後にこちら☝
ANAYAが出版するボキャブラリー教材です。
こちらの特徴は何と言ってもCDが付属していることですかね。
上記で紹介した書籍と同じく、テーマごとにボキャブラリーを勉強していくのですが、
該当するボキャブラリーを使った会話などがイラストつきで示されます。
イラストがない場合は、長文の会話が掲載されいているので読む練習にもなります。
ちなみに、CDはこの会話を読んでくれるので、リスニングの練習もできます。
その他には単語を使った穴埋め等の練習問題もたくさん!
ボキャブラリー教材といっても、リーディングもリスニングも鍛えられる教材だと思います。

と、こんな感じです🐶

ボキャブラリーが増えると、わかることが増えるし、話すことも増える。
日々の勉強の中ですこしずつ自分のものにしていきましょう!

ではまた次回☺

¡Hasta pronto!

 



28/10/20

セルバンテス書店オンラインショップの活用法!

¡HOLA!
今月こそ月末にブログを更新!!ということで、
今日は当店のオンラインショップの活用法についてお伝えします。

まず、セルバンテス書店オンラインショップを日々ご利用いただいている方、
いつもありがとうございます。Muchas gracias por su ayuda.

さて、なぜ今回のブログテーマがオンラインショップについてかと言うと、いくつか理由があります☟

1.コロナ禍において感染防止と接客業の両立をめざすにはどうしたら良いのか。
 
2.最少人数での営業(2人です!!)のため、当店では現在電話対応を取りやめ
  (↑もちろん、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためでもあります。)

3.主張したい!当店のオンラインショップはただのオンラインショップではないのです!

主にこの3点です。

最も大きな理由としては1が挙げられますかね…
ウィズコロナという言葉もありますが、何よりも感染拡大防止を今は重視して営業しております。

また、2および3に関連してですが、現在は基本的にお電話でのご注文やお問い合わせを承っておりません。
(お電話をいただいても原則オンラインショップをご案内することとなります。)
そこで活躍するのがセルバンテス書店オンラインショップです。

よくいただくお電話でのお問い合わせや、店頭での質問、例えば…☟

-DELEの問題集を買いたいのですが、中身を見てから購入したいのでお取り置きできますか?
→できます!オンラインショップのお問い合わせフォームよりお申し込みください。

-DELEの問題集、たくさんあるけどそれぞれどう違うんですか?
→オンラインショップをご覧ください。各書籍の商品ページにて、日本語の解説がございます!

-この問題集、CDはついていますか?
-解答はついていますか?
-何回分の模擬試験が収録されていますか?
→オンラインショップの各書籍の商品ページをご覧ください。すべて記載がございます!

-DELEの問題集ではどれがおすすめですか?
→どういうものを探しているのか具体的なヒントをお教えください。そちらに合わせてご提案します。
ヒントがない場合は、当店のおすすめということで日本語解説付きをご案内します。

-店頭引取を希望したいので、お取り置きしてほしい。
→オンラインショップの「カートに入れる」より、配送の他に店頭引取も選択できます。

-(店頭にて)値段はいくらですか?
→棚に貼られているQRコードを読み取ってください。オンラインショップに繋がり、そこからご覧いただけます。

Img_8727

ちなみにもっと詳しい「よくあるお問い合わせ」はこちらに記載がございます☟

◆セルバンテス書店オンラインショップ/よくあるご質問
https://interspain.ocnk.net/news-detail/281

いかがですか??実はほぼすべてのことがオンラインショップを活用していただくことで解決するんです。

(ちなみに店頭で質問をいただいた場合、スタッフの回答もオンラインショップの解説を元にしていますよ。)

ご来店いただく前に、一度オンラインショップを見ていただいて欲しい商品に目星をつけていただく、
そのうえで実際に中身を見て購入、という流れにすると店頭でもスムーズにお買い物していただけます。

と、こんな感じで、オンラインショップには各書籍の情報がたくさん、
また、書籍によっては見本も掲載していますので一部中身もご覧いただけます。

ぜひ当店のオンラインショップをご活用ください!

では、Hasta luego🐶




1/10/20

「話す」を強化するおすすめ教材

47 

¡Hola!


月末ブログ~!と言いたいところですが!

9月が終わるまでに間に合いませんでした!!もう10月ですね!!

今日は「話す」を鍛えるおすすめ教材をご紹介します。
独学の場合にスペイン語で「話す」を強化するにはどうしたらよいか、
勉強しているからには「話せるようになりたい」、といった声をよくお聞きします。

まず、スペイン語で「話す」を考えた場合、何について話してみたいですか?
自分のこと、趣味のこと、政治や社会のこと、いろいろあるかと思いますが、
「どんなことができるように(話せるように)なりたいか」を目標勉強することがおすすめです。
ただ文法や単語を暗記して覚えるだけではなく、それらを使いこなして言いたいことを表現したいですよね。

テーマや場面に沿った「話す」を身に着ければ、実際に旅行や留学に行った際に役立ちますし、
DELE試験の口頭試験もそのような実用的な場面が想定されています。

そんな「話す」を鍛えるおすすめ教材がこちら☟

Destrezas ELE. EXPRESION ORAL (A1-A2) (話す) ※音声ダウンロード[MET03125]
https://interspain.ocnk.net/product/5037

Destrezas ELE EXPRESION ORAL (A2-B1)(話す)※音声ダウンロード
[MET03076]
https://interspain.ocnk.net/product/4907

A1-A2、A2-B2といった2タイプのレベル展開です。
(ちなみに「話す」だけでなく、「読む」「聞く」「書く」の分野も出ています!)
まず書籍が大きくBLOQUE (ブロック)に分かれていて、ブロックのなかにUNIDAD (課)があり、
各課にはそれぞれテーマがあるのでそのテーマについて学びます。
この書籍の良い点は、各課のはじめに「OBJETIVOS (目標)」が設定されていることです。
つまり、その課を学び終えると、こでその扱ったテーマについて話すことができるようになるということ!
あ、音声は出版社のホームページよりダウンロード式で、解答は巻末に掲載されていますよ。

たとえば…
A1-A2レベルのUNIDAD 8 (第8課)の場合、テーマは「EN LA CIUDAD」
ここでのOBJETIVO (目標)は☟

-Hablar de los aspectos positivos y negativos de tu barrio.
(あなたが住んでいる地区の良いところと悪いところについて話す。)
-Describir una ciudad.
(町について説明する。)
-Elegir una propuesta del trayecto de una nueva línea de autobús.
(バスの新路線設置の提案を選ぶ。)
-Realizar un test sobre el trayecto de tu casa a la escuela.
(自宅から学校までの道のりについて簡単なテストを行う。)
-Explicar cómo llegar a tu casa.
(どうやって自宅に着くか説明する。)

第8課を終了するとこれだけのことが話せるようになるということ!

このためにたとえば、クロスワードを解いて町の施設の名前を覚えたり、
その施設が自分の町にある、ない、という言い方を学んだりします。
その他には、地図を見て「ここには○○がある」や位置関係を表す表現を学びます。

テキストには「先生に続いて」や「仲間と交代で話してみましょう」という場面がちらほらでてきますが、
全部ひとりでやってしまって何の問題もないです!1人3役で3人分勉強しちゃいましょう。

あともう一つ重要なことは、「声に出して読むこと」です。
恥ずかしい??大丈夫、誰も聞いてませんから!自分は今スペイン語を話しているんだ!Soy español/a!
という気持ちで行きましょう(私もそうやっていました)。

では今日はこの辺で終わりとします!
テキスト選びの参考になれば嬉しいです

¡Hasta prontooooo!


 

 




«複数レベルの文法を一気に勉強できる!おすすめ教材!

無料ブログはココログ
junio 2022
dom. lun. mar. mié. jue. vie. sáb.
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30