« agosto 2005 | Inicio | octubre 2005 »

29/09/05

就職活動のオキテ その4

最近は、よくメールで求人情報のお問い合わせをいただきます。基本的にはとても丁寧な書面をいただくことが多いのですが、中には、たった一行で「スペイン語の仕事がしたいのですが仕事ありますか」というような方もいっらっしゃいます。「採用する側にたってみる」視点が不足しているのではと思います。採用する側は、この人が会社の一員となったときも、お客様に対してこのような対応のメールをだしてしまうのかしら?と心配になってしまうものです。特にメールの文章はつっけんどんな印象を手書きよりも与えがちですので、常日頃から私も気をつけなければと思っております。  (その5 就職に有利な?スペイン語の資格に続く)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

26/09/05

ムンド・デポルティーボ日本語版発売!!

futbol MUNDO DEPORTIVO(スペインのスポーツ紙)の特別日本語版、
"EUROPEAN SOCCER 05/06 SPECIAL GUIDE"が発売されました。

実は弊社バルセロナオフィスの担当スタッフが翻訳をしたもの。
先日UPした記事で少し触れましたが、マジョルカでの活躍が期待される大久保選手へのインタビューも掲載されています。

UEFAチャンピオンズリーグ2005-2006のグループステージも始まり、新シーズン突入で盛り上がるヨーロッパサッカーのガイドとしてはもちろん、リーガ・エスパニョーラに関する記事が満載でスペインサッカーファンは必読の一冊!

近々、弊社書店(渋谷)でも店頭にて販売予定です。
どうぞお楽しみに。
(H)

<定価:税込み1,260円 / 出版:メディアックス>

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

24/09/05

就職活動のオキテ その3

ケース2)の続き。前回、「外国語は道具に過ぎない」というお話をしました。が、「外国語を生かした仕事」を希望している場合、当然ながら、ご自分の外国語スキルをいかに、採用する側に伝えるかということも大事な点です。まずは、その言語での履歴書を常日頃より用意しておきましょう。よく、「スペイン語を使う仕事がしたいんですが」という求職のお話をいただきますが、「では早速日本語と西語のCVをお送りください」と申し上げて実際に西語の履歴書を用意している方は、大変少ないのです。いざ、作ろうとしても意外と語彙不足などで思わず時間がかかってしまうもの。(私も経験済!)

採用させていただく側としては、西語のCVを拝見するだけである程度の言語運用レベルや、今までその言語を使用する環境にいたかどうかが分かります。もちろん、ネイティブの友達に代筆してもらったというオチ付の場合もありますが、それはその先の面接などの時点でばれちゃいますものね。(k)           その4 メールの場合に続く

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

20/09/05

就職活動のオキテ その2

ケース2)「外国語を生かした仕事につきたい!」と思われている方は大変多いのではないでしょうか。たくさんの貴重な時間とお金を投資して身につけた外国語を、今度は仕事の場で活用したいと思うのは当然の流れだと思います。しかし、「外国語ができる」とか、「スペイン語を使う仕事がしたい」という点のみをあまり強調すると、採用する側としては、「?」と思ってしまうことがあります。中には、「スペイン語を勉強できる仕事がしたいので」といわれる方もいらっしゃいますが、それは、あくまでも副産物です。確かに、私も含めて毎日毎日、 新しい単語や表現との格闘ですが、それは、あくまでもビジネスをいかに進めていくかの過程の二次的なもの。「外国語ができる」ではなくて、「外国語でなにをするか」が問題なのです。使い古された表現ですが、「外国語はツールにすぎない」んですね。(k)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

16/09/05

就職活動のオキテ その1

会社設立以来、多くの方が求人情報を求めてお電話やメールなどを頂戴しましたが、その中で色々気がついた点があります。採用させていただく者からの視点で観察してみたいと思います。これから就活開始の学生諸君!ちょっとは、ヒントになるかな!         

ケース1)まずは、まったく弊社の業務内容を知らずに、「働きたいんですが、そこは何をやっている会社なのですか?」と聞くような「不用意」タイプ。 意外と、妙齢の女性の方が多いのです。なんとなく、オシゴト市場から取り残されてしまった方なのかなと思います。やはり事前に会社の規模や業種を調査しておくのは大切で、今ではほとんんどの会社がHPを持っていますからかならずしておきたいことですね。こういうケースは、もちろん残念ながらその時点でお話しを終了させていただいております。(k)

ケース2(外国語マニアタイプ)に続く・・・

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

14/09/05

"LA COCINA JAPONESA DE HARUMI"

インタースペイン書店にはスペイン語で書かれたスペイン料理はもちろん、各国の料理の本があるわけですが、ご紹介したいのが、栗原はるみさんのLA COCINA JAPONESA DE HARUMI (5,450円)。お寿司や豆腐料理、たまごご飯のレシピまで載っていて嬉しい! 写真もきれいです。スペイン語圏のお友達へのプレゼント、これから留学される方はお世話になるホストファリーへのお土産に最適です。 (あ)

Querría recomendarles el libro "LA COCINA JAPONESA DE HARUMI"(5,450 yenes). Los platos de Harumi están de moda en Japón y sus libros son unos de los más vendidos. El libro mencionado,que es la versión española, es uno de ellos. Contiene por ejemplo cocina casera, Sushi y hasta Okonomiyaki. Yo lo regalaría a mis amigos españoles, latinoamericanos y japoneses que estudian español.

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

12/09/05

LIGA ESPAÑOLA マヨルカの大久保選手

DSCN0184弊社インタースペインのバルセロナ現地法人スタッフが、今年スペイン一部リーグに移籍した大久保選手へのインタビューコーディネートを行いました。現地にもすっかりなじんでいるみたいです。リーガでの活躍に注目しましょう! Nuestra oficina de Barcelona entrevistó a Okubo, prometedor jugador japonés de fútbol. Okubo pertenece al equipo "Mallorca" de la primera división de la Liga Española. Se espera gran éxito de este jugador que parece que no ha tenido mayores dificultades en su adaptación a la vida española.  (K)

追加速報!この週末のバルサ戦完敗だったみたいですね・・・。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

11/09/05

De pronto.

ある2人の友人の会話。「Oye Juan, ¿vas a la fiesta esta noche?」 「De pronto.」 このDe prontoはQuizásの意味なんですねぇ。コロンビアではこんな風に言うのですね。スペイン語は主にスペイン、中南米と広範囲で話されているわけですが、それぞれの国でおもしろい変化をしていますよね。 (A)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

10/09/05

味覚の秋、読書の秋におすすめの1冊

スペイン料理といえば、Aceite de oliva(オリーブ油), Ajo(ニンニク)、それに Tomate(トマト)は欠かせない!でもtomateってドン・キホーテが書かれた黄金時代(Siglo de Oro)と呼ばれる16~17世紀にはまだ食材として普及してなかったんだって!確かに「ドン・キホーテ」中にも彼の食生活を描写したくだりはあるけど、トマトって出てこないですよね!へぇー!! 果物だってね、実は□○×!☆・・・○△▽!(文字化けではありません) 果物はどうだったんだろうって思っているそこのあなた、是非 "A la mesa con don Quijote y Sancho" 2,580円を読んでみよう!!

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/09/05

う~ん、エキゾチック!

今日も色んな国のお客様で店内はにぎわいました。ひときわ目を惹いたのがグアテマラ人のseñora!  色鮮やかな民族衣装を身にまとって熱心に本をお探しになる姿が素敵でした。グアテマラ人としての誇りをとても強く持っていらっしゃるのでしょうね。そんな感じが益々素敵でした。 身近にそんな思いを抱いてしまうインタースペイン書店、一度のぞいてみよう! (あ)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

台風一過

昨日までの台風がうそのよう。すっかり暑さ戻ってきました。スペイン語で台風は、"tifón" ちなみに、津波は、"tsunami" です。また、地震は、"terremoto"が一般的ですが、ニュースなどでは、"movimiento sísmico"といっていることもあります。(P)

| | Comentarios (0) | TrackBack (1)

5/09/05

村上春樹 TOKYO BLUES

村上春樹の小説のスペイン語版は、現地でもちょっとおしゃれな読者をつかんでいます。最近スペイン語翻訳版が出版された「ノルウェイの森」の現地でのタイトルは、「TOKYO BLUES」。どうなんでしょうか・・・。この小説、あの「ノルウェイの森」という曲がかなり重要な小道具となっているので、どうも原題とあまりにかけはなれたこのスペイン語タイトルを聞くと”淡谷のり子”って言葉が頭にうかんでしまうのは私だけでしょうか。(k)

SOJ00652

| | Comentarios (0) | TrackBack (1)

« agosto 2005 | Inicio | octubre 2005 »