« marzo 2006 | Inicio | mayo 2006 »

30/04/06

改装終了!

昨日より開始しました会社の改装工事、たった今終了いたしました。きちんと防音壁をつけた教室ができました!生徒の皆様、GW明けの授業は新しい教室ですよ!

060430_181220 060429_152427

060430_100737 しかしなんといってもプロってすごいです。工事をするのに、電気のプロ、はしらのプロ、パネルを上げ下げする「上げ屋」と呼ばれるプロ。ドアのプロなど、分業がなされていてプロの手によって、素人には不可能と思われることもしっかりやってくださる。

世を騒がせている偽装建築とかあるけど、本当に現場でお客と顔をあわせて仕事をしている現場のプロってそんな甘いもんじゃないなあと思いました。

今回、全てを仕切ってくださったA一級建築士本当にありがとうございました。(k)

| | TrackBack (0)

29/04/06

50人の美しい人々

今、弊社では、店舗と教室の改装をおこなっていて、今日は大工さんも休日返上で工事を行っております。ちょっと一休みでブログ更新です。教室も今までより使いやすくなると思いますので生徒の皆様楽しみにしてくださいね。さて、

「世界でもっとも美しい50人」を毎年選んでいるピープル誌。スペイン語版の今年の50人が発表されています。その一位は、ジェニファー・ロペス!NY生まれのプエルトリカンということで、LATINAのアイコンです。日本でもシャンプーの宣伝などでおなじみのむちむちした美女です。さて、50人のうちあなたは何人しってます?http://www.peopleenespanol.com/pespanol/articles/0,22490,1187716,00.html

日本でも、スペイン語圏のスターなどの活躍がどんどん出てきてほしいですね。と、思っているところで、丁度、昨日の朝の「特ダネ」朝のワイドショーで、小倉キャスターが、JUANESがすごい!と力説していました。小倉さんは、「彼は自分のアイデンティティーを大事にしててスペイン語で歌うということにこだわっている」とコメントしていました。    朝のワイドショーで、そんなことを聞けるとは思ってなかったのでちょっとうれしい気分で家を出ました。http://www.juanes.net/archive/noticias.cfm   JUANES SITIO WEB 日本語のキャッチフレーズ「情熱の貴公子」ってのはどうなのかと思いますが・・・。

すると午後に、書店に大阪からご来店くださったステキなお母様とお嬢様のお客様が、丁度、来日中のJUANESのショーケースライブに当選したとのお話!まあ、ステキ!

スペイン語に携わるものとして常に思うのは、ひとつの言語を共有する国々の多様性。多様性の中で個性的に生きる。そんな知恵を、スペイン語圏の人々から日々学んでいるようなきがします。(k)

| | TrackBack (0)

24/04/06

Caqui? Kaki? 柿

改装前セールとして、いろいろな趣味の本も一部お求め安いお値段になっています。これらはもともとは日本にお住まいのスペイン語圏向けの書籍ですが、ぱらぱらとめくってみると意外と面白かったりします。

たとえば(GAS00961)PRINCIPALES PLANTAS Y HONGOS COMESTIBLES DE EUROPA Y AMERICA,LAS (guia natura) という本は、食べられなさそうに見えて実は食べられるという植物をあつめたガイドブックです。おそらく山登りやハイキングにでかけてこの本をみながら、食べられる植物を探したりするのかもしれません。(実際に食べるのは勇気が要りそうですが。特にきのこ類)

Gas0096101_2 フルカラーのきれいな本なので写真を見ているだけでも楽しい本です。そんなおりスタッフHが、「Caqui」が載っているのを発見。CaquiまたはKaki、そうです日本の柿です。写真の柿もまさに柿。見るからにおいしそうです。しかしサボテンややしの木、タンポポなどに混じって載っているなんて、、、そんなに「一見、食べられなさそう」なものなのか、と首を傾げたくなりますが、よくよく考えてみれば、メキシコ人にとってみればサボテンはcomida tipicaなのかもしれなくて、ひょっとしてサボテンをみて「おっ、おいしそう」と思ったりするのかもしれないし。柿もまた然り、というところなのかもしれません。

とはいえ、私がスペインに留学していた数年前にはすでにスーパーでKakiという名前で見た目もそのまま日本の柿が売られていました。昨年、弊社の社長がスペイン出張した際には「健康のために柿を食べよう」というアナウンシオをみた、とも言っていました。yahoo Españaで、kakiを検索してみると、なぜかtienda on-line、洋服のネットショップでKaki MODA jovenなるものが、、、どうやら若い女性向けのネットショップみたいですけど。タバコをすっている柿のマークがお店のマークのようです。
Kakijoven_1 うーん。
このお店今は準備中のようですが、、、
http://www.kaki-shop.com/

| | Comentarios (1) | TrackBack (0)

21/04/06

中南米音楽

Cd_oferta_2 ぞくぞく登場オフェルタ!(店頭限定)お店の場所はこちら。本日ご紹介するオフェルタは中南米音楽CDです。
本屋なのになぜ音楽CDが?
実はスタッフのY氏が世界中を放浪中に買い求めたというかなりレアなCDたち。わりに音楽に詳しい人が多いインタースペイン書店ですが、それでも見たことも聞いたこともないようなCDばかり。おそらく日本中探してもここしかないであろうと思われるCDたちをなんと

改装前のグラン・オフェルタ第3弾!としてこのレアな中南米音楽CDを一枚2000円だったところを1枚500円、3枚買うと1000円の大特価セール!

なくなり次第終了です。ちなみにスタッフお勧めCDは

Cd マンボの王様Perez Pradoの前編マンボ!なCD。
タイトルにもなっているMambo No.5はいろいろな人が演奏しているので耳にしたこともあるのではないでしょうか。
おしゃれな音楽にはないパンチの強さと人生どうにかなるさという根拠のない楽観主義あふれるCD。コロナビールとともにどうぞ。
本日(22日)店頭にて売れてしまいました、、、他にも掘り出し物がありますのでぜひ足をお運びくださいね。

そのほかにも面白CD&貴重CDいろいろ。この機会に未知なる音楽の世界を体験してみませんか?
中南米マガジンも売ってます(こちらは定価)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

18/04/06

スペイン語書籍読了倶楽部・3

Lif01929 さて地味に一人で続けているスペイン語書籍読了倶楽部通信です。やっと春めいてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日、やっと読み終えたのがめがねの男の子マノリートシリーズ5作目にあたるManolito On the Roadです。タイトルは英語ですが中身はスペイン語です。

普段は影の薄いマノリートのお父さん(マノロ)ですが、このお話では準主役。マノリートという名前のcamión(トラック)に今回はマノリート本人を乗せて一緒に仕事に行きます。心配するお母さん、優しいおじいさん、小さな弟インベシルを家に残して旅に出ます。とはいえ途中、マノリートが話す話としてカラバンチェル界隈の話が挿入されるのでいつものメンバー(マノリートの家族、友達、近所の人)も登場します。

読んでいてなるほどなと思ったのが次のシーン。
道中、朝ご飯をバールで取ることにしますが、マノリートはチョコクリスピーがないから朝ごはんは食べたくない、といいます。お父さんはパンかチーズをはさんだパンを頼めばよい、といいますがそれに答えてマノリートはもしチーズがたくさんありすぎるとめまいがするから嫌だといいます。そんなマノリートをお父さんはSiete-Leyesのようだといいます。Siete-Leyesとはお父さんいわく周囲の人にやたらからむかなりうっとおしい子供のこと。それに答えて

Manolito:  ¿Y yo soy como ese niño?
Manolo:  Todavía no, pero si sigues por ese camino que llevas, puedes llegar a serlo.

「今は違うけれど、そのままいったらそうなるよ」というような意味でしょうか。日本語にするとちょっとまわりくどいような印象がありますが、関係詞の使い方とかllegar a serという言い回しとかがスペイン語ぽくってカッコいいです。こういうフレーズが考えずにさらっと出てくるといいですね。ところでSiete-Leyesってよく使うのでしょうか。恥ずかしながら聞いたことありません。由来とか知っている方がいたらぜひ教えてください。 (m)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

12/04/06

スペシャル・セール!

5月の改装にむけて着々と準備を進めております。
というわけで店頭ではスペシャルセール第2弾、スペイン語学習教材のセールを行っております。

今後、お取扱のなくなるタイトルを半額にてご提供中です。スペイン語学習、なにかとりあえずやってみようという方におすすめです。渋谷にお越しの際にはぜひお立ち寄り下さい。

半額セールリストはこちらです。

在庫がなくなり次第、終了となります。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

9/04/06

Todo a 100

InterSpain書店がゴールデンウィークに大改装を行います。アカデミア・インタースペインがもっと勉強のしやすいお教室になり、オフィスの位置、お店のレイアウトもかなり変わる予定。その間の営業時間の変更、休業のお知らせはこちら

Shoptodoa100 というわけで商品の入れ替えのため在庫一掃セールを行っております。題してTodo a 100 en la InterSpain!中には元値5000円以上したものも。この機会にぜひ足をお運びくださいね。500円均一のTodo a 500コーナーもあります。 

日本でおなじみの100円ショップ、スペインにもあります。昔は100ペセタショップといっていましたがユーロ導入後は0.6ユーロショップとか歯切れの悪い数字の店もあったりしました。今は1ユーロショップとかになっているんでしょうかね??

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/04/06

悲しいお別れの記事

今週は、スペイン芸能界のスター、中南米でも大変有名だったランチェラ歌手であり女優さんだったロシオ・ドゥルカルさんの訃報の記事を読みつつ冥福をお祈りしましょう。昨年の秋の出張時には、TVでもかなり元気な様子だったのですが・・・。

以下、関連記事 意訳です。

Triste adiós a Rocío Dúrcal

En la mañana del lunes 27 de marzo, los restos mortales de la artista fueron incinerados en Madrid.

ロシオ・ドゥルカルに悲しいさようならを。3月27日、マドリードにて遺体が荼毘にふされました。

Según parece, la cantante no dejó últimas voluntades ni la forma en la que quería que le dieran el último adiós porque, como confirmaron sus íntimos, tenía tantas ganas de vivir que no podía pensar en la muerte.
遺言のようなものは、残していないようで、また、葬儀方法についての希望も残していなかったようです。 近親者によると、生前故人は「生きることだけ」を考えていおり死のことは考えていなかったということです。

| | TrackBack (0)

« marzo 2006 | Inicio | mayo 2006 »