« agosto 2006 | Inicio | octubre 2006 »

26/09/06

スペイン料理ブックフェアー

Cocinaespanola 最近、スペイン料理店、スペインバールを街中で見かけることが多くなったような気がしませんか?スペイン料理は、素材のよさをいかしたシンプルな料理が多く、主な味付けはにんにくと塩味。塩味がフランスやイタリア料理に比べると強めなのですが、そこが醤油の味に慣れている日本人の嗜好に合うのかもしれません。

現在インタースペインでは秋の料理本特集を行っております。弊社のネットショップでもご紹介させていただいておりますが、店頭では手にとってご覧いただけます。スペインからの輸入書籍のほか、日本の出版社から出ている日本語の書籍もございます。
インタースペインネットショップ 料理本コーナー
http://interspain.ocnk.net/product-list/28

また、本日は参考サイトとしてスペイン料理を研究し、紹介なさっているMICANさんのサイトをご紹介いたします。
Cocina_b スペイン料理大好き!
http://homepage3.nifty.com/naranja/
スペイン料理のレシピを公開されているのですが、とにかく種類が多くてしかも説明がわかりやすいのです。スペインで食べたけれど、もう一度作ってみたい、というようなものばかり。しかも材料別インデックスもあるので冷蔵庫にある食材をもとにレシピを検索することもできます。

ためしに私が作ってみたのは
Patatas con anchoas
ゆでたじゃがいもをアンチョビとマヨネーズのソースであえるだけ。でもちゃんとスペインで食べた味がしました。最近はスーパーでもスペイン産の瓶詰めアンチョビが手に入るのでもしもみかけたら作ってみてくださいね。

MICANさんのサイトではレシピだけでなく食材の入手先やお勧め料理本、料理サイトもご紹介されています。必見なのが「料理に関するスペイン語」。料理に使う独特の表現があって勉強になります。

本場のスペイン料理を味わってみたい、そしてスペイン語でオーダーしてみたいという方に渋谷にあるスペイン語教室アカデミア・インタースペインの秋の短期特別講座をお勧めいたします。
旅と料理のためのスペイン語
http://interspain.cocolog-nifty.com/academia/2006/09/post_e346.html
意外とスペインは英語が通じない国。でも少しでもがんばってスペイン語を話すと現地の方はとっても親切にしてくださいます。とりあえず旅に必要なスペイン語を凝縮してレッスン。最終日は渋谷にあるスペインバール「マドリード」にて実践スペイン語を行います。講師はハエン出身のパブロ先生
お問い合わせは上記リンクより。皆様のご参加をお待ちしております。

| | Comentarios (1) | TrackBack (1)

22/09/06

上級者のスペイン語勉強法

11月18日のDELE試験や、10月の西語検定に向けてそろそろ本格的に準備をはじめていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。店頭や、アカデミアの生徒さんたちと話していると「文法はある程度自分で勉強できるけど、どうしても、聞き取りや会話、作文が苦手」「きちんと書けているのかわからない」との声があります。

先日、生徒の一人でDELE INTERMEDIO取得者で、次回のSUPERIORの準備中というOさんとの会話の中から面白い勉強法を教えてもらいました。

彼女は、PODCASTINGを使ってスペインや、南米諸国のラジオ放送をヒヤリング強化に役立てています。

IPODをお持ちでない方でも、以下のようなラジオを常にPCで聞くことによってヒヤリング強化はもちろんのこと、スペインや、その他世界の情勢ニュースをスペイン語で聞くことができるので、世界の出来事への関心の幅がぐんと広がります。日本のニュースでは取り上げられないたくさんの出来事がわかります。

http://www.bbc.co.uk/radio/   このサイトのBBC.MUNDOを聞いてみましょう!

↑これは、なんと英国BBCラジオ放送局のサイト。スペイン語のほかにも、アラビア語やペルシャ語の放送もあるので、楽しいです。

| | Comentarios (0)

13/09/06

PUTUMAYO入荷しました。

以前、ご紹介させていただきましたPutumayo World MusicのCDたちが入荷してまいりました!

Putumayo01音楽の選曲のよさもさることながら、美しいイラストと紙ジャケットの手触りのよさがとても素敵です。

ちなみにただいまのBGMは
Women of Latin America
http://interspain.ocnk.net/product/2062

静かなメロディのなかにも力強さを感じさせる声。リラックスしながら仕事をしております。

今、インタースペイン書店の店頭もしくはオンラインショップでPutumayo World MusicのCDを2枚以上お買い上げの方には、Sampler CDを1枚プレゼント中です。なくなり次第終了ですのでお早めに。Putumayo02

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

11/09/06

メキシコドキュメンタリー映画祭

渋谷にあるスペイン語教室アカデミア・インタースペインの映画字幕翻訳入門講座(ご好評のうちに終了いたしました)の講師を務めてくださった比嘉世津子さん主催のメキシコ・ドキュメンタリー映画祭が渋谷ユーロスペースにて開催されます。

Mexico 10月14日から20日まで
なかなか日本では見ることのできない貴重なフィルムが一挙公開されます。
詳細は下記公式ホームページをご覧ください。
http://www.action-inc.co.jp/mexico/index.html

また、比嘉さんのBLOGもリニューアルオープン!いつもパワフルで素敵な女性、比嘉さんの毎日がご覧いただけます。
http://vagabunda.ameblo.jp/

夏が終わっても渋谷が暑い!
渋谷も徐々にラテン化していきます。インタースペインもよろしく。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/09/06

Extraña desdicha

Pablosep

連載第4回
工事現場の騒音になやまされているCity Walkerさんですが、これはあの祭りの夜のヒターナの呪いなのか、、、!

Sería el año 96 o 97 cuando en una noche de feria tuviera una disputa con una señora de raza gitana, de la que ahora no podría ni llegar a recordar su edad estimada. Realmente, la disputa fue una simple discusión, aunque tampoco recuerdo los motivos de ella, pero el caso es que al alejarme de aquella señora me giré y pude verla en una distancia, que no debía de ser superior a 50 metros, farfullando algo en la jerga que le caracteriza, mientras elevaba su brazo haciendo el temible gesto de la maldición gitana. Yo no sé si fue aquella u otra que yo desconozca, pero alguna maldición debió caer sobre mi hace tiempo...

Ya son 6 los años que puedo recordar sin más de 5 o 6 meses de descanso de estar sometido al sonido de algún tipo de obra o construcción durante un periodo prolongado. Tal como suena, las obras me persiguen, alguien superior o alguna deidad enojada debe saber que una de las cosas que menos soporto de esta vida es el ruido característico de una construcción, con esos increibles instrumentos, no sólo perforadores de materiales de obra sino también de los tímpanos...
Seguramente ya habré perdido al menos un año de mi vida como fumador pasivo, pero algún otro más habré perdido por el estrés producido por esos terroríficos sonidos.

Nunca olvidaré a un anterior vecino con sus multimillonésimas reformas, que dios sabe para qué serían. Así como aquel local bajo mi casa, en el que en tres años se sucedieron tres comercios distintos, de manera que yo también me lamenté del fracaso de cada uno de los comercios antecesores, pues algún nuevo propietario habría de venir con alguna maravillosa idea comercial que supondría el replanteamiento de todo el local. Tampoco olvidaré aquella grua que giraba sobrevolando el edificio donde viviría más tarde, desde temprano por la mañana con aquel “maravilloso cantor” de la actividad de su mecanismo...

Desde que llegué a Japón el año pasado, las dos viviendas a los lados de mi casa han sido reconstruidas, de hecho, una de ellas está en ello aún. Espero que cuando acabe ésta, tenga un temporada de descanso algo mas prolongada de lo habitual, aunque la gran casa que hay frente a la mia parece estar ya sentenciada... auguro que tendré que tener más paciencia aún.
Y es que no hay que olvidar que los enemigos de la salud se presentan de muchas formas.

disputa 口論、言い争い
farfullar 早口でせっかちに話す
jerga  forma de hablar que usan entre sí los miembros de un grupo
temible おそるべき
deidad dios o diosa de algunas religiones
enojar 怒らせる
antecesor 前の、先行する
augurar decir lo que va a suceder antes de que ocurraCitywaker02

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

5/09/06

教えて定冠詞

日本人にとって感覚的にわかりづらい物のひとつといえば冠詞。
たとえば
どこで安いテレビを買うことができますか?
¿Dónde puedo encontrar un televisor barato?

秋葉原でテレビを売ってますよ。そこなら安いテレビがみつかるでしょう。
En Akihabara se venden ( 1 ) televisores. Allí creo que encontrarás ( 2 ) televisores baratos.

さてカッコに入るのはなんでしょう。ではアカデミア・インタースペイン講師に伺って見ましょう。

「まず、1ですが文章の流れからいって一番適切なものはmuchosです。」
なるほど。間違ってました。losかと思っていました。
「この場合はmuchosもしくはsin artíclo(=冠詞なし)が正解です。基本的にlosは前に言及しているものについて言うときに使います」
しかし一般的なことを言うときでもlos/lasを使うことってありませんか?
「あります。たとえば動詞gustarを使うときは定冠詞になります。例えば、
Me gustan las naranjas.
この場合、naranjasは一般的にオレンジのことを言っていますが動詞gustarを使うときは定冠詞になります」
使う動詞によっても違うわけですね。ではカッコ2はどうでしょうか。
「正解はlosです。安いテレビというalgo concreto、しかもすでに話しているトピックですから定冠詞になります。」
なるほど。ありがとうございました。では最後に問題をもうひとつ。
Hay (  ) coches en esta calle.

正解は

Continuar leyendo "教えて定冠詞 "

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2/09/06

Spanish Night in 高円寺

Spanishnight01 スペインからはるばる日本語を学びに来ている留学生たちと、アカデミア・インタースペインでスペイン語をお勉強されている日本人の生徒さんたちとの交流会が催されました。

場所は高円寺のスパニッシュ・バー。おりしもその夜は阿波踊り祭りが催されており駅前から街中にいたるまで人でいっぱい。身長2mちかいバルセロナ出身のアルベルトさんを目印にして待ち合わせ。

一ヶ月の日本語集中コースもほぼ終わりに近づき、覚えた日本語とスペイン語交えての楽しい交流会となりました。

Spanishnight02 Tuvimos una cena para los estudiantes Españoles del curso intensivo de Japonés. También invitamos a los estudiantes japoneses que querían conocer a los hispanohablantes. Fuimos a un bar español en Koenji. Aquel día hubo una fiesta de Awaodori, que un baile tradicional japonés. Así que Koenji estaba lleno de gente, y casi nos perdimos, pero gracias a Alber quien se medía 200cm, pudimos encontrarnos.  La cena fue muy divertida y una buena ocación para practicar el idioma japonés que había aprendido en el curso. Yo volví a casa a las 11 y media, pero los de más fueron al bar de Karaoke hasta las 5 de la mañana!! 

| | Comentarios (2) | TrackBack (0)

« agosto 2006 | Inicio | octubre 2006 »