« noviembre 2006 | Inicio | enero 2007 »

24/12/06

GOOGLE EARTH で、スペインで住んでいた家を検索した。

フェリス・ナビダ!というわけで、今日はクリスマス。・・・しかし、あまり関係ない話ですが、昨日友人に教えてもらったGOOGLE EARTH という3G場所検索サイトがあまりに面白かったのでそれについて。もうすでにご存知の方が多いとは思いますが・・・。

この3Gサイトをダウンロードすると、地球のすべての住所を検索してその上空写真がでてくるというもの。早速、以前住んでいたマドリードやバルセロナの住所を検索したり、エッフェル塔などを検索。

でてくるんです。マドリードは、コロン広場の近くに住んでいたのですが、見えるんです。写真の状態によってはビルの様子もわかるものもあります。もちろん、今住んでいる住所を検索することも可能。ちょっとびっくりしました。たったそれだけのことなのですが、
「ああ、ここに住んでいたときは、スペイン語力ゼロで、会社で苦労したなあ」とか「いやあ、ランブラス通りの緑ってすごいなあ」とか思いをはせてたのしいひと時でした。

友人たちもそれぞれの留学先やら出身地を検索して、その中一人、「今日は、クリスマスかあ」スペインの実家の映像を上空から眺めてしんみりしてました。

上空から、メリークリスマス!

| | Comentarios (0)

18/12/06

キューバ映画際の顛末とアルモドバル映画

先日、開催をお知らせしておりました、キューバ映画際。大変好評であったみたいです。実は、弊社のスタッフもクロージング作品。「COMANDANTE」を見に全員で駆けつけたのですが、なんと!満席・立ち見もほとんどいっぱいの状態でみることができませんでした。

オリバーストーン監督のカストロについてのドキュメンタリー映画なんて、好奇心をくすぐられる映画です。この映画は来年公開ですのでぜひ機会があったら見たいなと思います。

http://www.cbc.ca/passionateeyesunday/comandante/index.html

また、今日のスペインの新聞では、こんな記事が。スペインの鬼才!といえば、おなじみアルモドバル監督。日本にもたくさんファンがいますよね。最新作のVOLVERは、弊社でも脚本などを扱っていますが、スペインでの既に公開されてますが、日本にも早くきてほしいですね。

http://www.elmundo.es/elmundo/2006/03/13/cultura/1142270625.html

前々作の、hable con ellaのメーキングフォトブックが今お買い得!アルモドバル監督自身による撮影秘話や撮影シーンの写真集です。 http://interspain.ocnk.net/product/676

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

12/12/06

年末年始営業のお知らせ

ここ数日、冷え込んできましたね。いよいよ年の瀬を迎えようとしています。
インタースペイン書店,アカデミアインタースペイン、留学サービスの年末年始営業時間の変更のお知らせです。

年末・年始休業させていただきます。

12月30日(土)から1月3日(水)までお休みです。

また、誠に勝手ながら以下の2日間、閉店時間が繰り上がりますのでご了承くださいませ。

12月28日(木) 閉店時間午後17:00
12月29日(金) 閉店時間午後15:00

来年もよろしくお願い申し上げます。

Interspain permanecera cerrado por vacaciones de invierno:
del sabado 30 de diciembre al miercoles 3 de enero.

HORARIO CAMBIADO PARA LOS DIAS SIGUIENTES
28 DE DICIEMBRE HASTA LAS 17.00
29 DE DICIEMBRE HASTA LAS 15.00

Rogamos su comprension. INTERSPAIN LTD.

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

11/12/06

ピノチェト元チリ大統領死去

Pinochet チリの元大統領アウグスト・ピノチェトが10日14時15分サンティアゴ・デ・チレの軍病院で死去しました。

スペインの新聞el mundoのWEB版記事によると、このチリの「独裁者」の死を祝う市民がいる一方で、死を嘆く支持者たちがピノチェトが息を引き取った病院の前で国家を斉唱したりと受け取り方は二分されている模様です。

結局、大統領就任時代の約3,200人の死、多数の行方不明者についての責任は問われぬままこの世を去りました。上記WEB記事に載っているlas cifras del régimen de pinochetを見ると闇に葬り去るにしてはあまりにも大きな数字であるように感じます。

ピノチェト率いる軍部クーデターにより政権を奪われ非業の死を遂げたアジェンデ大統領の姪、イザベル・アジェンデは亡命先のヴェネスエラで作家となりました。
「精霊たちの家」はチリクーデターを迎える100年ほど前から、一家を描いた物語です。原作は下記のリンクよりお求めいただけます。(m)
http://interspain.ocnk.net/product/637

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/12/06

キューバ映画祭が明日から始まります。

映画字幕講座で講師をしてくださった比嘉代表の会社、アクション主催のキューバ映画祭が、明日12月9日土曜日より・渋谷ユーロスペースで始まります。オフィシャルサイトはこちら⇒http://www.action-inc.co.jp/cuba/

明日は、オープニングアクトもあるようです。ぜひぜひ皆さんこの機会にキューバ映画を見てみよう。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

おとくなフラメンコ情報

Arteframencoフラメンコからスペインを知ったという方も多いのではないでしょうか。

フラメンコ学校のアルテフラメンコ舞踊学院さまよりインタースペインホームページ読者の方に特典があります。

学院主催の「冬のfiesta2006」(12月16日、17日公演)のS席チケット8,000円のところ、アルテフラメンコ舞踊学院チケットお申込メールに「インタースペインのHPを見て」とお書き添えいただければ特別割引で6,000円にてご購入できます!

詳細・お申し込みは下記アルテフラメンコ舞踊学院ホームページにてご確認ください。
http://www.arte-flamenco.co.jp/

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

4/12/06

Los Reyes Magosって何ですか

Reyesmagos わからないことはネイティブに聞いてみよう!というこのコーナーですが今回はクリスマスにちなんでスペインの風習について伺ってみました。答えてくださったのはセビリア出身のアカデミア・インタースペイン講師、マリア先生です。

スペインにもサンタクロースは来るのでしょうか?
スペインではサンタクロースはPapanoelといいます。来る家もあるし来ない家もある。

というと?
Papanoelといっても、パパとママがプレセントを用意するでしょ。だからする家もあるししない家もある。スペインではPapanoelよりLos Reyes Magosの方が有名。

スペインにいるときに見ました。1月6日にやってくるんですよね。でもLos Reyes Magosって何ですか?
Los Reyes Magos vinieron de oriente, que iban guiandose por una estrella para celebrar el nacimiento de Jesus. Se llaman "Melchor", "Gaspar" y "Baltasar".

いわゆる東方の三博士という人たちですね。イエスの誕生の時に馬小屋(Belén)に贈り物を持ってらくだに乗ってやってきた人たち。なんで1月6日なんでしょうかね?この人たちが子供たちにプレゼントをくれるのでしょうか。
はい。どうして1月なのかはわかりませんが、プレセントをもらうために子供たちは何がほしいのか手紙を書きます。一年間、親とけんかしなかったとか兄弟と仲良くしたとか手紙にかいて、ほしい物を書くと、Los Reyes Magosがくれます。

Hasta cuándo creíste en los reyes magos?
うーん。わからないけど、12歳くらいかな。そんなかんじ。

ご家庭によっては、PapanoelとLos Reyes Magosと両方からプレゼントがもらえるというわけですね。マリア先生ありがとうございました!

スペインのwikipediaでlos Reyes Magosをひくと、、、
http://es.wikipedia.org/wiki/Reyes_magos

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« noviembre 2006 | Inicio | enero 2007 »