« febrero 2007 | Inicio | abril 2007 »

28/03/07

映画の原作本を集めてみました

すっかり春めいてきましたね。このところの陽気で関東地方では一気に桜が開花しそうです。

Cine 春はいろいろ始めたくなる季節ですね。書店では入り口入ってすぐ正面の棚に「映画特集」として映画の原作本を集めてみました。
現在公開中の「パフューム ある人殺しの物語」のほか、アラトリステの脚本、「モーターサイクルダイアリーズ」、「赤い薔薇ソースの伝説」のほか、なつかしの007シリーズ、ミザリー、ハンニバルなど。

スペイン語で1冊本を読むのはなかなか大変ですが、好きな映画の原作本なら読めるかもしれませんよ。お花見の場所取りのお供にもどうぞ!

映画の脚本はこちら

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

13/03/07

Putumayo 新作入荷しました

Cds00377 人気のワールドミュージックレーベル、PUTUMAYO WORLD MUSICの新作が入荷してまいりました。
インタースペインのネットショップで購入できます。
http://interspain.ocnk.net/product-list/89

PutumayoはNYに本社があり、独自の理念から良質な音楽を発信しているレーベルです。

ジャケットはすべて同じアーティストによる紙ジャケットはデザイン的にも美しく部屋に飾ってもステキです。

Putumayoオフィシャルサイト
http://www.putumayo.com/

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2/03/07

メキシコでドッグカフェ?と思ったら

アカデミア・インタースペインのホームページで「スペイン語あれこれ」というスペイン語学習に役立つサイトを紹介しているコーナーがあるのですが、そこに載せているサイトのひとつ、イギリスBBC MUNDO.comで見つけたニュース。

Perro メキシコに犬のためのカフェ、ドッグカフェがあるという記事なのですが、オーナーはなんと、というかやはりというか日本人女性。
http://news.bbc.co.uk/hi/spanish/misc/newsid_6363000/6363509.stm

以下記事より抜粋
「メキシコ・シティにあるバウ・ワウ・カフェというお店は、犬のための店というよりは日本食レストランのよう。シンプルな店内装飾はモダンな雰囲気。こういった犬のためのカフェはメキシコで、おそらく世界でも初めてだが、日本ではそうではないようだ。オーナーはミキ・ナカイという日本人女性。メキシコ人のシェフと結婚してメキシコ在住暦6年。ナカイいわく『私の二人の息子、犬ですけど、と一緒に入れるカフェを探していたけれどメキシコにはないのでこのビジネスを思いつきました。日本ではこの4,5年ドッグカフェは新しい文化の一つになっています』店内では食事のほか、首輪などの犬用アクセサリーも購入できるとのこと」

記事を書いているのはMariusa Reyesという女性ですが、全体の書き方としては犬を人間と同じように扱い、高価な物を買い与えるなんて、、、といったような驚きが混じっているような気がします。

このニュースは動画でも見られるのですが、最初に動画を見て、ドッグ・カフェのインテリアがあまりにも日本のものと似通っていたので、不思議に思ってみていたらオーナーが日本人女性でした。

日本では犬を人間のように扱うことももはやありふれた光景ですが、記者の方にしてみれば、犬を「子供」といってしまう感覚も解せなかったのかもしれません。しかし、地元の人にも受け入れられている様子なのでがんばってほしいですね!(m)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« febrero 2007 | Inicio | abril 2007 »