« abril 2007 | Inicio | junio 2007 »

28/05/07

建築からみるスペイン

スペインの北西に位置するバスク地方の主要都市、ビルバオを知らなくてもこの美術館の建物は見たことがある、という方は多いのではないでしょうか。

グッゲンハイム・ビルバオ美術館公式サイト
http://www.guggenheim-bilbao.es/caste/home.htm

チタン材で覆われた流れるような造形は一度見たら忘れられない印象を残します。この建物を設計した建築家のフランク・ゲーリーのドキュメント映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」が6月2日より渋谷のBunkamuraル・シネマにて公開されます。インタースペイン書店にて特別鑑賞券、発売中です。アートという観点からスペインの奥深い世界へ。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
奇跡の天才建築家フランク・ゲーリーの貴重なクリエーションの全貌に迫る、
驚嘆のドキュメント!
大胆かつ奇抜な建築様式は、我々の眼を飽きさせることはない。そして近年はティファニーのジュエリーデザインに進出するなど、その活動の範囲は規制の枠に止まらない。果たして神秘のベールに包まれてきた彼の貴重なクリエーション真実は、いかなるものなのか?カメラは、その真実の姿を初めて捉える!
6/2(土)、Bunkamuraル・シネマにて奇跡の創作過程、ついに解禁!!
http://sketch.cinemacafe.net/

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

14/05/07

スペイン皇女ソフィア誕生

Sofia日本ではゴールデン・ウィークの始まりだった、4月29日午後16:50、スペインの首都マドリッドRuber病院で、フェリペ皇太子とレティシア皇太子妃の間に3310グラムの女の子がお生まれになりました。名前は現スペイン王妃と同じ、「ソフィア」と名づけられました。

5月1日には長女のレオノールちゃんが、父親である皇太子に手を引かれて病院に面会に訪れました。ブルーのカーディガンを着て、ぬいぐるみを手に持って妹君にお会いになった皇女レオノール様。フェリペ皇太子によると、レオノール様は面会中「とてもいい子」でソフィア様に「たくさんキスをして」、「やきもちを焼いているようすはなかった」そうです。

ついこの間、レオノール様誕生!の記事を書いたような気がするのですが、いつのまにかすっかりお姉さまらしくなりましたね。今回は早くから第二子の性別が発表されたこともあり、王位継承権についての大きな論争もなく全体的に和やかなお祝いムードが漂うお誕生報道でした。

HOLA!のソフィア皇女ご生誕特集ページ
http://www.hola.com/casasreales/especiales/portadas/nacimiento-segunda-hija-princesa-letizia/

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

7/05/07

Miss Espana

Misscantabria 2006年の準・ミスユニバースが日本代表の知花さんだったことから、日本でも注目を集めているミスコンテストですが、スペインではミスコンテストは従来より注目の的、一大イベントです。スペインでは美しさはかなり重要なファクターなのですね。今年のミス・エスパーニャはサン・セバスチャン出身のミス・ギプスコアが選出されましたが、それまでにとある事件が論争を引き起こしました。

事件の中心はミス・カンタブリアに選ばれたÁngela Bustilloさん。彼女は一度、ミス・カンタブリアに選ばれたものの、3歳になる息子がいたことから、ミス・エスパーニャ協会よりミスの栄冠を剥奪、次点の候補に譲られました。

しかし実はこの「子供がいると資格がない」というのは女性だけに定められている規則。ミスター・エスパーニャ(というのがあるんですね)には父親も参加可能。というのも子供がいても男性には肉体的変化がないので、ミスターとしてステージに立ったり、旅行をしたり、行進するのに支障がない、という理由から。

Bustilloさんは、この規則について「70年代の風潮がいまだに変わっていない」とコメントしています。

これにたいして政府はミス・エスパーニャ協会に母親に対しても理解を深めるよう、Ángela Bustilloさんにミスの称号を返還することをもとめましたが、協会側は「世界的基準」を盾にこの訴えを退けました。というのも、ミス・カンタブリアはミス・エスパーニャに選ばれる可能性があり、ミス・エスパーニャはミス・ユニバースの本選に出場するわけですから、ミス・ユニバースの規定に従うべきである、というのが協会の言い分。

さすがに妊娠中は長距離移動など、ミスとしての活動は無理かもしれないとは思いますが、子供を生んでもトップレベルで活躍しているファッション・モデルもいるご時世に、子供がいるだけで出場資格がないというのは時代錯誤なような気がします。しかしこれはミス・ユニバースの基準だそうですから、そこをまず変えるべきなんでしょうね。

いずれにしてもスペインでのミスコンテストの注目度は高いようです。

Cantabria_1
こちらは繰り上げ当選のミス・カンタブリア。 ラッキーというべきか、騒動で一躍有名になったBustilloさんのほうが結果的によかったというべきか、、、
写真はミス・エスパーニャ&ミスター・エスパーニャ公式サイトより



関連記事
http://www.laverdad.es/murcia/20070219/sociedad/gobierno-pedira-devuelva-titulo_200702191716.html
ミス・エスパーニャ&ミスター・エスパーニャ公式サイト
http://www.miss-espana.com/

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« abril 2007 | Inicio | junio 2007 »