« 低開発の記憶 | Inicio | スペイン皇女ソフィア誕生 »

7/05/07

Miss Espana

Misscantabria 2006年の準・ミスユニバースが日本代表の知花さんだったことから、日本でも注目を集めているミスコンテストですが、スペインではミスコンテストは従来より注目の的、一大イベントです。スペインでは美しさはかなり重要なファクターなのですね。今年のミス・エスパーニャはサン・セバスチャン出身のミス・ギプスコアが選出されましたが、それまでにとある事件が論争を引き起こしました。

事件の中心はミス・カンタブリアに選ばれたÁngela Bustilloさん。彼女は一度、ミス・カンタブリアに選ばれたものの、3歳になる息子がいたことから、ミス・エスパーニャ協会よりミスの栄冠を剥奪、次点の候補に譲られました。

しかし実はこの「子供がいると資格がない」というのは女性だけに定められている規則。ミスター・エスパーニャ(というのがあるんですね)には父親も参加可能。というのも子供がいても男性には肉体的変化がないので、ミスターとしてステージに立ったり、旅行をしたり、行進するのに支障がない、という理由から。

Bustilloさんは、この規則について「70年代の風潮がいまだに変わっていない」とコメントしています。

これにたいして政府はミス・エスパーニャ協会に母親に対しても理解を深めるよう、Ángela Bustilloさんにミスの称号を返還することをもとめましたが、協会側は「世界的基準」を盾にこの訴えを退けました。というのも、ミス・カンタブリアはミス・エスパーニャに選ばれる可能性があり、ミス・エスパーニャはミス・ユニバースの本選に出場するわけですから、ミス・ユニバースの規定に従うべきである、というのが協会の言い分。

さすがに妊娠中は長距離移動など、ミスとしての活動は無理かもしれないとは思いますが、子供を生んでもトップレベルで活躍しているファッション・モデルもいるご時世に、子供がいるだけで出場資格がないというのは時代錯誤なような気がします。しかしこれはミス・ユニバースの基準だそうですから、そこをまず変えるべきなんでしょうね。

いずれにしてもスペインでのミスコンテストの注目度は高いようです。

Cantabria_1
こちらは繰り上げ当選のミス・カンタブリア。 ラッキーというべきか、騒動で一躍有名になったBustilloさんのほうが結果的によかったというべきか、、、
写真はミス・エスパーニャ&ミスター・エスパーニャ公式サイトより



関連記事
http://www.laverdad.es/murcia/20070219/sociedad/gobierno-pedira-devuelva-titulo_200702191716.html
ミス・エスパーニャ&ミスター・エスパーニャ公式サイト
http://www.miss-espana.com/

|

« 低開発の記憶 | Inicio | スペイン皇女ソフィア誕生 »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).


Los comentarios están moderados y no aparecerán en el weblog hasta que el dueño los haya aprobado.



TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126646/14927856

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian Miss Espana:

« 低開発の記憶 | Inicio | スペイン皇女ソフィア誕生 »