« octubre 2007 | Inicio | diciembre 2007 »

26/11/07

MANGAの原点?

スペインの若い子の間で日本といえば、サムライでもキオトでもなくMANGAとANIMEの国、なのではないかと思う今日この頃です。というのも夏の日本語集中コースが今年で3年目だったのですが年々、「マンガが好き」という人が増えているから。以前、マジンガーZの手ぬぐいに感動してくれたレオナルド君もその一人。レオナルド君が初めて日本のマンガを知ったのは幼少時を過ごしたアルゼンチンだったそうです。知らない間に日本のMANGAカルチャーは世界に広まっていたのですね。

そんなマンガ・アニメの文化の原点ともいえる展覧会が行われています。それは六本木にあるサントリー美術館で開催中の「鳥獣戯画がやってきた!」です。

こちらの展覧会では高山寺所蔵国宝「鳥獣戯画」4巻と以降、オリジナルを手本として書かれた模本、鳥獣戯画を生んだ時代の絵巻物などが展示されています。入ってすぐのところにオリジナルが展示されていますが、その軽妙洒脱さと絵そのものの愛らしさはやはり群を抜いています。単純化された線、とぼけた表情、そして現在のマンガにも見られる動線というのでしょうかジャンプした時の動きをあらわす時などに背後に線を描いて表現する方法がすでに使われているのには驚きました。

そして至極単純に見ていて動物達がかわいい。アニメやマンガのキャラクターやフランス人に人気のキティちゃんなど「かわいい」物文化というのは日本人の感覚に根付いたものなのかもしれません。

個人的にお薦めなのが、展覧会グッズ。鳥獣たちが書かれたお湯のみなどの磁器のほか、カレンダーや絵葉書、風呂敷、ハンカチ、手帳など思わず手にとってしまいたくなるものばかり。展示は12月16日〈日〉まで。今年のしめくくりに足をお運びになってはいかがでしょうか。(m)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

5/11/07

スペインの95歳ブロガー!

今日見つけたニュースです。

[Sanxenxo(ポンテベードラ) 5日 ロイター] スペインに住む95歳のマリア・アメリア・ロペスさんの書くブログ(http://amis95.blogspot.com/)が人気を集めている。定期購読者は6万人以上に上り、ブラジルやロシア、日本からも反響があるという。
 ロペスさんは孫からの誕生日プレゼントとしてブログを開始。「最初ブログは紙製のノートのことだと思っていた」と明かした上で、「年老いた女性に関心を持つ人はいないし、私たちを愛してくれる人も多くない。しかしインターネットを通じて18歳、14歳、15歳の若い人たちが自分のことを話してきたり、アドバイスを求めてくることに驚いた」と述べた。
 スペインでは、65歳以上の人でインターネットを利用している割合は、欧州の平均をやや下回る10人に1人。74歳以上のインターネット経験者は2.7%にとどまる。
 ロペスさんは自らを「世界最高齢のブロガー」と呼んでいるものの、「ブロードバンドが利用できる前に死ぬことになるでしょう」とつづっている

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« octubre 2007 | Inicio | diciembre 2007 »