« スペインセレブファイルその2 | Inicio | スペインもカルナバル »

19/01/08

アルゼンチン映画 「今夜、列車は走る」試写会報告!

アルゼンチン映画「今夜、列車は走る」の試写会が昨日渋谷で行われました。

舞台は、90年代。民営化の波にのまれた5人の鉄道員たちの人生を描く。
90年代のアルゼンチンは、インフレや経済崩壊に苦しんだ。89年に就任したメネムは、新自由主義政策で、多くの企業の民営化を推し進め打開策を打ち出そうとした。
もともと、広大な国アルゼンチンは、鉄道産業が基軸産業の重要な一つだった。
民営化によって、なんと約60.000人の人々が失業に追いやられたという。

おじいさんも鉄道員、親父も鉄道員、兄貴も鉄道員。鉄道で働くことが人生だった彼ら。
ある日、その仕事・人生を失ったら・・・。

HAY SALIDA ? 出口はあるのか・・・。

この映画を見て、私は、日本映画「フラガール」を思い出しました。大きな経済の流れの中で、閉山しなくてはならなかった炭鉱。おじいさんも炭鉱、親父も炭鉱で働いてきた炭鉱が人生だった人々。

出口はあるのか。出口を探すためにはなにをしたらいいのか・・・。
考えさせられる映画でした。

主演)ダリオ・グランディネッティは、アルモドバルの映画「HABLE CON ELLAに出演しているアルゼンチンを代表する俳優です。

■今年4月中旬から渋谷・ユーロスペースにてロードショーが行われますので、ぜひご覧いただきたいと思います。10036961962

http://ameblo.jp/public/image/displayimage.do?imagePath=/user_images/75/16/10036961962.jpg

http://vagabunda.ameblo.jp/vagabunda/theme-10004497655.html

|

« スペインセレブファイルその2 | Inicio | スペインもカルナバル »

TrackBack


Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian: アルゼンチン映画 「今夜、列車は走る」試写会報告!:

« スペインセレブファイルその2 | Inicio | スペインもカルナバル »