« enero 2008 | Inicio | marzo 2008 »

26/02/08

絵本と漫画が入荷しました

少し暖かくなったと思いきや、北風びゅうびゅう吹いてます。皆さん、風邪などひかれてませんか?

Kalandraka 今、セルバンテス書店には少し珍しいラインナップが揃っています。まずは書店初入荷のスペインの絵本たち。いままでにも児童書や、いわゆる有名なおとぎ話(あかずきんちゃんや白雪姫など)のスペイン語訳はありましたが、スペイン語圏の作家による絵本がまとまって入荷してきたのは今回が初めて。今回はガリシア地方の出版社KALANDRAKAの絵本。アートな絵柄に読み応えのあるお話で大人も楽しめる絵本です。意外と渋いおしゃれな色彩を見ているだけでも楽しい気分になってきます。
http://interspain.ocnk.net/product-list/169

そして年に数回、入荷するスペイン語訳の日本の漫画も入荷してまいりました!「デス・ノート」「キャプテン翼」「NARUTO」など日本の漫画はスペインでも人気です。絵があるので内容が理解しやすく、会話表現が豊富なので中級以上のスペイン語学習者にもおすすめです。好きな漫画なら途中で挫折することもありません。漫画は毎回人気商品なのでご希望の方はお早めに。
http://interspain.ocnk.net/product-list/32

寒さに負けず、書店の方へも足をお運びください。皆様のお越しをお待ちしております。(m)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

5/02/08

スペインもカルナバル

カーニバルといえば、ブラジル、リオのカーニバルを思い浮かべる方も多いかと思われますが、スペインでもこの時期あちこちで行われております。小さな町から大きな都市まで、人々は仮装し、大通りではパレードが行進。町中のバールに人があふれ、文字通りのお祭り騒ぎとなります。

Laspalmas 規模が大きく、期間も長いのがカナリア諸島のカルナバル。今年のテーマはギリシア神話(EL OLIMPO)のようです。観光地として栄える場所だけに、衣装も仕掛けも本格的です。1月の15日から2月の9日まで開催中。

公式ホームページ
http://www.lpacarnaval.com/

かわって庶民的なのが、バスク地方のトロサという街のカルナバル。バスク地方では規模の大きいもので、私自身、バスク地方に住んでいた頃に見に行ったことがあります。駅からメインストリートまでは名物料理チストラというスパイシーなソーセージをとうもろこしの薄いパンで巻いた屋台がならび、通りはにぎやかに飾られ日本の盆踊りや夏祭りを思い出しました。パレードには地元の人々が仮装して参加。近所の人や職場の人、学校の仲間でグループを組んでそれぞれテーマを決めていたようです。男性がお約束の女装姿で現れると、地元だけに知り合いと思しき人々がひときわ大きな歓声を送ります。

Tolosa 左の写真は今年のひとこま。裸(仮装)の男女が寝転んでいるというもの。実はこれはアメリカの写真家、スペンサー・チュニックのパロディ。チュニックは街路などのパブリック・スペースで裸の群集を被写体とした作品で物議をかもしだす写真家。今までスペインではバルセロナやサン・セバスチャンで作品を撮影したことがあります。ちなみに参加者はすべてボランティアだそうです。それにしても子供に聞かれたらなんて説明するのでしょうか。この仮装。

トロサのカルナバル
http://canales.diariovasco.com/ocio/noche/carnaval-tolosa-inauteriak-gipuzkoa-disfraces.php

スペンサー・チュニック公式サイト
http://www.spencertunick.com/

カルナバルが終わると、スペインには春がやってきます。(m)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« enero 2008 | Inicio | marzo 2008 »