« octubre 2008 | Inicio | diciembre 2008 »

20/11/08

なにっ? お墓で太陽光発電! 

なに?お墓で太陽発電?
スペインは、太陽の国。年間の日照時間が多いことから太陽光発電の開発では、先進国で、日系企業でも京セラなどのソーラーパネルは現地で有名です。
今回見つけた記事には、なんと墓地の空き地を利用して、その空き地部分にソーラーパネルを設置し、発電するというニュースです。
Foto_326200_cas

下の記事、最初の一行目のスペイン語がなんとも愉快。

La energía para los vivos comienza a llegar desde donde descansan los muertos.
「生きているものが使うためのエネルギーが、死者が眠っている場所からやってくる」

バルセロナ郊外サンタ・コロマの墓地の750平方メートルの土地にに設置されたパネル。
約60の家庭消費分のエネルギーを生産し、約62トンのCO2排出を減らすことができるそうです。
ユニークなアイデアです。スペインならでは!

El cementerio de Santa Coloma de Gramenet inauguró ayer una instalación de 750 metros cuadrados de placas fotovoltaicas que generarán una pequeña parte, casi ínfima, de la electricidad que consume el municipio. Las placas, colocadas en lo alto de los nichos, producirán unos 125.000 kilovatios al año, la energía utilizada por unos 60 hogares.
La electricidad será vendida por la empresa gestora del parque fotovoltaico, Live Energy, a Endesa y se distribuirá por la ciudad. Según los cálculos del ayuntamiento, las placas ahorrarán la emisión de unas 62 toneladas de CO2 a la atmósfera.
La instalación de los paneles, pioneros en un cementerio español, ha costado 720.000 euros, que se rentabilizarán con la venta de energía a Endesa. "Es la primera vez que vengo a un cementerio a dar felicitaciones", dijo ayer Antoni Fogué, presidente de la Diputación de Barcelona e impulsor del parque.

■重要語彙
ソーラーパネル → placas fotovoltaicas

HACIA EL SUR La colocación de las placas ha tenido en cuenta el reducir el impacto visual sobre el cementerio. De hecho su orientación (con 30 grados de inclinación hacia el sur) no logra el 100% de captación de luz solar, porque intenta respetar la misma dirección que los nichos sobre los cuales se instalaron las placas. "El proyecto se hizo con el máximo respeto a los difuntos y no ha producido ninguna queja entre los familiares y ciudadanos", dijo Bartomeu Muñoz, alcalde de la ciudad.
Los responsables del proyecto explicaron que la producción eléctrica aún es pequeña, pero no se descarta que las mejoras tecnológicas en la captación solar y la ampliación de la estructura permitan una mayor generación. El camino es largo: para que una ciudad como Santa Coloma se abastezca solo de la energía solar, serían necesarios unos 500 parques solares como el del cementerio.

記事原文はこちら →

http://www.elperiodico.com/default.asp?idpublicacio_PK=46&idioma=CAS&idnoticia_PK=563597&idseccio_PK=1022

| | TrackBack (0)

11/11/08

本日、フアン・カルロス陛下ソフィア王妃ご来館されました。

Entrada

スペイン国営セルバンテス文化センター東京は、本日、2008年11月11日スペイン国王
両陛下・高円宮久子殿下のご臨席のもと正式オープンの運びとなりました。
http://www.cervantes.es/
Rimg1839
ガルシア・ロルカにちなんだ記念展覧会は、日本初公開の直筆の手紙など大変貴重なもをみることができます。
今日は、ロルカの姪にあたる方、グラナダ大学教授、そして、上智大学清水教授による
ロルカとある日本人との交流のお話しについての大変興味深いレクチャーを聞くことができました。ロルカのマルチアーチストとしての才能が何年たっても色あせない秘密にすこしふれたような気がします。
スペイン文化に興味のある方、ぜひぜひ期間中この展覧会に足をお運びください。
http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm
その後、弦楽四重奏の古楽、また、ムルシア地方の民族色豊かなクラシック音楽につつまれてスペイン文化のモザイクにどっぷりつかった一日となりました。
スペイン文化の発信地であるセルバンテス文化センターの1階に書店をかまえることができて本当に幸せであると実感した一日でした。(K)

Rimg1838 光ってよくみえませんが・・・。
今朝の公式セレモニーで、国王が赤いカーテンをひらいて、正式オープンを宣言されました。そのままを撮りました!

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/11/08

スペイン国王ご夫妻来日・セルバンテスセンターご来館!

スペイン国王ご夫妻は、丁度今日スペインをおたちになり、明日より14日まで日本を公式訪問されます。Greco01_portrait_galeria 来る11月11日火曜日には、スペイン国営セルバンテス文化センターの正式オープンにご臨席される予定です。
ロイヤル・ファミリーのWEBサイトは、こちら
http://www.casareal.es/

内戦やフランコの独裁政権があったにもかかわらず、その後の民主主義復興がスムーズに行なわれたのは、ホアン・カルロス国王・ソフィア王妃の人気やカリスマ性により国民がひとつにまとまったからであるとする意見もあります。

ご自分で車を運転したり、ヨットでおでかけしたりときさくな面もお持ちの国王。ギリシャご出身で、いつも笑顔をたやさない王妃。週刊誌や雑誌などでは、タレントやモデル以上に記事が多くいつも注目のまとです。

日本とスペインの共通点でもある皇室の存在。もちろん個人によって受け取り方はざまざまだと思いますが、今回の来日が、有意義な文化交流になってほしいなと思います。(k)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« octubre 2008 | Inicio | diciembre 2008 »