« diciembre 2009 | Inicio | febrero 2010 »

8/01/10

BRICS ならぬ、PIGSって知ってました?

2010年になりましたが、まだまだ国内経済の年明けは見えてきておりませんが、
中国や、ブラジルなどの新興国の経済がますます世界を牽引していくのは間違いないようですね。

ちょっと前に、発展目覚しい新興国の国名のアルファベットを組み合わせた造語
BRICs  Brasil, Rusia, India, China, が、登場し、ニュースなどでも定着しましたが、
つい最近、PIGS (ピッグス)という造語ができていたことを知りました。

PIGS は、Portugal, Italia, Grecia, España (Spain) の4カ国を表すものだそうで、また、
ピッグ=英語で豚を意味することから、造語に含められた 蔑視的な(peyorativo)ニュアンスが議論になったそうです。

一件、どの国も、観光資源が豊富で、太陽ふり注ぐ、食事も美味しい楽しい国の印象です。バカンスに最適な国!のような印象です。

では、なぜ、この4カ国が、このようなちょっと蔑視的なニュアンスで包括されたかというと、経済的な基盤が脆弱であるということと、同じユーロ通貨圏に参加しているので、
この4カ国のファンダメンタルが脆弱であるということから、国債などの格付けが下がり
それが、ユーロ圏全体に波及し、たとえば、ユーロ安などに影響してくるということです。

ユーロ圏の優等生の国々から、ちょっとうとまれているようなポルトガル、イタリア、ギリシャ、そして、われらがスペイン!
しかし、イギリス人やドイツ人は、休暇になるとこぞってスペインやギリシャの海岸に繰り出すではないか!!!

特にスペインでは、不動産バブルがはじけたことなどから、失業率20%近くに苦しんでいますが、毎日の生活を楽しむ術は私達よりずっと知っているのでは・・・。と考えます。
2010年も、そんなスペインの情報をこの場で色々と発信していくことができればいいなと思います。(K)

スペイン版WIKIPEDIAでは、PIGSが2008年ファイナンシャル・タイムズ紙上で使用された際に、スペインの企業家、ポルトガルの経済大臣からクレームがあったと書いてあります。
http://es.wikipedia.org/wiki/PIGS

|

« diciembre 2009 | Inicio | febrero 2010 »