« DELE試験への道・2 準備運動 | Inicio | DELE道・4 おすすめ辞書その他 »

11/03/10

DELE道・3 おすすめポッドキャスト

DELE受験への道、略してDELE道(ドウ)と読みます。とはいえ茶道とか武道とかその道を極めるというよりは「DELE、どう?」くらいの気軽さで読んでいただけたら嬉しいです。「そんなヤワな気持ちじゃ、受かりませんよ」というご意見もございましょう。私もIntermedio(現在はB2)のときは「落ちるわけにいかない」というある意味せっぱつまった気持ちで受験いたしました。しかしながら試験は水もの、ガチガチに固まってしまっては実力もでません。気持ち豊かに地道な努力。がコツなのではないかと思います。そんなわけで、今週のDELE道はおすすめポッドキャストの続き。

Nomadas
Nómadas
スペイン国営放送RNE(Radio Nacional de Espana)制作のラジオ番組。ナビゲーターのÁlvaro Soto氏が世界各地をめぐるバーチャルな旅番組。ブログでは放送で訪れた街の地図をみることができます。こちらのブログからmp3形式でダウンロードすることもできますし、podcastで聴くこともできます。毎週更新で約1時間の番組。ニュース以外の音声が聞きたいとき、旅行気分も味わえておすすめです。

podcastで聴く場合はこちらのリンクから
http://www.rtve.es/podcast/radio-nacional/nomadas/

「聞き流す」だけでも
外国語を集中して聴くのは結構疲れますよね。でも時には聞き流すだけでもよいと思います。何か作業をしながらでも何か耳に残るはず。外国語で重要なのはリズム。リズム感がつかめる様になると会話がスムースになります。また、普段からネイティブのスペイン語を聞き続けることにより、名詞の性数、動詞と前置詞の組み合わせなど「聞いたことある」という感覚が身についてとっさのときに役にたつと思います。

しっかり勉強するには
前回ご紹介したニュースポッドキャストの場合、全部の記事を全て把握しようとしたら1日で疲れてしまうので(もちろん疲れない方もいらっしゃるかもしれませんが、、、)、あるひとつの大きなニュースを続けて追ってみるというのがお勧めです。現在私は、CHILEの大地震のニュースをずっと追いかけています。ポッドキャストで聴いて、知らない単語をメモ、ニュース全文をサイトでチェック。そして大きなノートに単語を関連付けながら書いていきます。Sinónimos y Antónimos、この事件に特有のボキャブラリー、例文。さらにプリントアウトしたニュース記事を貼り付けたり。スクラップブックを作るような感覚で楽しんでいます。

例えば「余震」ってスペイン語でなんというでしょう。答えはla réplica 次のリンクの4番目の意味です。
http://buscon.rae.es/draeI/SrvltGUIBusUsual?LEMA=réplica

↑このサイト何?と思われた方、次回で紹介いたしますよ!次回は便利!オンライン辞書のご紹介です。

毎回、ニュースを追うのは面倒だし難しいな、という方にはpuntoycoma;があります。興味のある分野が特集されているときに買ってみては?私はバックナンバーのアランブラ宮殿の号を頼んでみようかなと思ってます。最新号のアルゼンチンの記事も面白そうですが、、、悩んでしまいますね。(m)

|

« DELE試験への道・2 準備運動 | Inicio | DELE道・4 おすすめ辞書その他 »