« スペインのエスパドリーユ | Inicio | DELE道・11 C1モデル試験発表 »

31/07/10

DELE道・10 夏休み大人の宿題帳

皆様おひさしぶりでございます。DELE道どうなったのかな、、、と思ってくださっていた方、いらしたら感激です。

おそらく、ご推察の通り夏の暑さの到来とともに学習意欲もトーンダウン。これからが本番なのにー。とりあえず、Como lo oyesは終わったんです。一応。でもここにでてくる慣用句が未知のものばかりだったので、単語帳つくっておぼえなきゃ、、、→かわいい単語帳買いに行こう といつの間にか目的がすりかわり、はっと気がついたら東急ハンズで単語帳を選んだりしていました。

スペイン語能力の中で何が一番衰えを感じるかというと「話す力」ですかねえ。セルバンテス文化センターで働いているスペイン語ネイティブの方たちと挨拶、立ち話をしていても「んーなんていうんだったっけ」ということが多く青息吐息です。

そんな低迷気味のところに届いたのがひと月まえに個人的に注文していたみためもかわいいこの本

Cuadernoparaadultos

Cuaderno para adultosシリーズのTodo lo que hay que saber sobre cultura

中身は一部こちらからダウンロードできます。(PDFファイル)

涼しげな表紙に見やすいレイアウト。「出張の多いビジネスマンにも飛行機の中で読めるように、、」という出版社の意図が良く反映されていて、軽い・雑誌のようなスマートなデザイン・1ページ一つの話題で飽きないように作られています。

届いたその日から嬉しくてかばんの中にいれて持ち歩いています。電車の中とかお昼休みのドトールでぱらぱらひらいてはニヤニヤ。夏の旅行にも絶対!持っていこう。

しかーーし。スペイン人の大人が知るべき基礎教養っていわゆるヨーロッパの教養。ギリシャの哲学者やらローマの歴史、キリスト教などなど日本史選択だった私には知らないことばかり。特に哲学、アリストテレスの言葉とかまったく知識がありませんでした。ヨーロッパ人なら知っているべきなんですかねえ。このCuaderno para adultosにはfilosofiaだけのものもあり、あらためて哲学の大切さに気づかされました、、、とこのブログを書いている土曜の午後のセルバンテス書店、ネイティブのお客様がOrtega y GassetのLA REBELION DE LAS MASASをご購入。「15歳のときに父に読んでもらったよ」とのこと。

スペイン語で基礎教養が覚えられたらもう少し文化的なお話しができるようになるかしら?

EL PAISでのブックレビュー
http://www.elpais.com/articulo/portada/crucigrama/playero/tiene/competencia/elpepuculbab/20100626elpbabpor_16/Tes
フランス、ドイツでもこの手の「大人の教養本」がベストセラーになっているとのこと。大人も大変。

この本、まだ、オンラインショップ、店頭ではお取り扱いがありません。ご注文があればスペインに発注いたします。PED01596 cuadernos para adultos TODO LO QUE HAY QYE SABER SOBRE CULTURA でlibreria@interspian.jpまでご注文ください。(m)

|

« スペインのエスパドリーユ | Inicio | DELE道・11 C1モデル試験発表 »