« 勉強に役立つサイト | Inicio | 戦い終えて、、、 »

28/04/11

スペインで行われていたチャリティ美食の会

さわやかな季節を迎えている連休前の市ヶ谷、セルバンテス書店からこんにちは。

日本の震災のニュースは世界各国をかけめぐり、スペイン北西部、バスク地方の小都市サン・セバスチャンでもチャリティイベントが行われていたようです。

サン・セバスチャンといえば「バスクの真珠」といわれる美しい入り江をもつ瀟洒な観光地です。フランス国境にも近く新鮮な魚介類も豊富で美食の都としても知られています。地元の有名料理といえば、小皿料理のPINTXOS(ピンチョス)、りんごの発泡酒シードラ、乾燥タラを使用したメニュー、などですが、今回はサン・セバスチャンの"Antiguo"とよばれる地区で日本食とバスクのフュージョン料理を出しているレストランTxubilloのシェフ、Hitoshi Karubeさんを中心にバスク人のシェフたちが用意した、日本をイメージした料理。

メニューは
貝類のスープ
マグロのたたきと寿司、タラ(merluza)
デザートにアメリカンチェリーとブラウニー

チケットは1名50ユーロ、前売りは瞬く間に売りきれ当日訪れた約133名の客は料理とSAKEを楽しんだとのことです。
利益は被災地の方々へ寄付。バスク地方のギプスコア県には約50名の日本人が居住しているということで、当日はKIMONO(浴衣)をきてイベントに参加。遠くて近い国、バスクの人々の心遣いが嬉しいニュースでした。

Donostia "pone" para Japón

イベントに参加した、フランス側バスクにお住まいのマテスク里佐さんのレポート

|

« 勉強に役立つサイト | Inicio | 戦い終えて、、、 »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).


Los comentarios están moderados y no aparecerán en el weblog hasta que el dueño los haya aprobado.



« 勉強に役立つサイト | Inicio | 戦い終えて、、、 »