« septiembre 2011 | Inicio | diciembre 2011 »

29/10/11

DELE 道 ついに新生!C2レベルのモデルが明かに!

※いつものDELE道のライターの変わりに、C2のパイロット試験を受験したTが今回は書かせていただきます!

DELE試験のC2のモデルが発表されましたね。これいかにもタフな問題です。

みなさん、そもそも、DELEの各レベルをあらわしている単語に注目したことがありますか?
C2は、"MAESTRIA" ですよ! なにかの言語の ”マスター”級であるとの証明がC2レベルなのですね。
そう考えるとタフなのは当然ですよね。

ちょっと内容をみてみましょう。
と申しますのもなにを隠そうこの私、去る8月、猛暑の中、この新生DELE試験 C2レベルのパイロット試験をうけたので、これから受験をめざすかたに、すこしは、有用なアドバイスができるかもと思う次第です。

当方昔のSuperiorを保持しており、スペイン語は、ほぼネイティブレベルかな?(笑)、スペイン語でビジネスをして約20年、セルバンテス文化センター通訳コースのコースシラバス作成と講師をしておりますので、多少、アドバイスにも信憑性があることでしょう。笑 あ、あと、忘れてましたが、A1レベルの口頭試験の試験者の資格も持っております。。。

これから何回かにわけて、内容とその対策における学習方を書いていきますのでどうぞフォローくださいませ。
尚、この方法は、私個人の経験によるもので全学習者の方へ効果を保証するものではございません。あしからず。

【全体的な感想】 ← 長時間にわたるパイロット試験の後、オフィスに戻った私は、スタッフのみんなに、
以下のような感想を述べたのであります。

「おお、これは、スペイン語のテストの範囲を超えている!」

「ロジカルリスニング、ロジカルライティング、そして、マクロの視点とミクロの視点でスペイン語題材をとらえる
高度なスキルが必要だっつ!!!」

かなり脅かすようなことを述べてしまいますが、かなりタフな試験レベルになっていることは事実です。

a continuar

|

14/10/11

踊る公爵夫人

秋風の香る爽やかな10月ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
スペイン出張から戻ってきた上司によりますと、「スペインは夏のように暑く、乾いていた」という報告が。そして現地のホットな話題といえば、やはりこの方、アルバ公爵夫人。

Portada3506d

このブログでも何度かご紹介いたしましたが、この度、ついにアルバ公爵夫人とアルフォンソさん年の差25歳というカップルは華燭の典を挙げたのでした。

ピンクの花嫁衣裳が意外とお似合いです。担当デザイナーによると「野に花を摘みにいくようなナチュラルな」イメージでデザインされたそうな。そういえばお若いころからどこかボヘミアンなイメージが漂う公爵夫人でしたね。

そして並み居る報道陣の前でセビジャーナスを踊る御歳85歳の公爵夫人。
この動画ではわかりませんが、裸足だそうですよ。

いろいろと不景気な話題の多いスペインですが、おめでたい話題ですね。踊る夫人を支えるアルフォンソさんの手に愛情が見受けられました。ある意味「介護愛」。それもよし。ビバ、スペイン。

雑誌HOLAではアルバ公爵夫人大特集。
http://www.hola.com/tags/duquesa-de-alba-boda/

(m)


|

« septiembre 2011 | Inicio | diciembre 2011 »