« アルゼンチンひよっこ通信2 数字 | Inicio | アルゼンチンひよっこ通信4 ブックフェアー »

23/04/12

アルゼンチンひよっこ通信3 ホットな話題

皆様こんにちは。例年より少し肌寒いという噂の関東地方、いかがお過ごしでしょうか。日本の裏側ブエノスアイレスは例年より高い気温でつい最近まで夏日でした。週末から一気に気温が10度くらい下がり、そろそろ秋なのか、相変わらず日差しは強いけど、、というところです。

 なんとか生活も落ち着いて、ニュースもじっくり読めるようになった特派員mです。目下、アルゼンチンでホットな話題といえばガス会社YPFの国有化問題=la estatizacion de YPF。スペインの私企業REPSOLが経営権を持っているこの会社を、アルゼンチンが国有化する為に法律を改正してしまおう、、、という動き。もちろん、スペイン側、ひいてはEUでも問題になっているニュースですが、この話題は難しいのでもう少し調べてからお伝えしたいと思います、はい。

 その一方で、スペイン関係で話題になっているのが、スペイン国王の「ゾウ狩り旅行問題」。スペイン未曾有の不景気のさなか、国王のJuan Carlos1世が招待旅行とはいえアフリカにゾウ狩り旅行に行って怪我をし、国民に謝罪をした、というニュースです。スペインの歴史上でも国王が直接国民に謝罪をするというのはかつてなかったことで、大きな関心を呼んでいるわけですが、21日付けのアルゼンチンの新聞La Nacion紙では新たなニュースが、、、!

http://www.lanacion.com.ar/1466880-otro-golpe-para-juan-carlos-i-revelan-un-presunto-romance-con-una-alemana

なんと、国王に愛人疑惑が浮上。お相手は46歳ドイツ人貴族(*)のCorinnaさん。リンク先で写真が見られますが、奇麗な方です。渦中のゾウ狩旅行にも一緒だったという噂(スペイン王室は言及せず)。

しかし、この報道の出所はもっぱらスペイン以外のヨーロッパ諸国によるもの(イタリアのLa Stampa、ドイツのタブロイド紙Bild)。このような噂レベルの記事を大手新聞が載せてしまうというのにもちょっと驚きました。穿った見方をすれば、YPF問題でスペインとの関係悪化の影響なのでしょうか。

ちなみにスペインのEL PAIS紙でCorinnaさんの名前を検索してみましたが出てきたのは英語版記事

http://elpais.com/elpais/2012/04/19/inenglish/1334834492_440344.html

今後、スペイン国内でも話題になるのかもしれませんが、アルゼンチンではこのように報道されています。いわゆるネガティブ・キャンペーンなのでしょうか、、、??

個人的には、国王ともなると噂になる方も貴族、しかも(国王より)若くて美人、ということに感心。こういう記事だと俄然、集中して読んでしまう自分にもちょっと反省。それでは皆様また次回!

*)生まれは庶民ですが、二度目の結婚相手Casimir Zu Sayn-Wittgenstein氏が貴族だった。離婚後も貴族の称号は維持。

■本日の単語■■
アルゼンチン特有の単語ではないですが、「そーか、こういう単語をつかうのか、、、」と私が勉強になった単語をご紹介します。

plebeyo 庶民の

DRAE: 2.     adj. Dicho de una persona: Que no es noble ni hidalga. U. t. c. s. 

perdurabilidad 永遠(性)、永続性、耐久性

DRAE: 1.     f. Cualidad de perdurable      (perpetuo).2.     f. Condición de lo que dura mucho.

 

注)地区や時期により事情は変わってくると思われます。さらに筆者の思い違い、勘違いも十分予測されます。軽い読み物として楽しんでいただければ嬉しいです

|

« アルゼンチンひよっこ通信2 数字 | Inicio | アルゼンチンひよっこ通信4 ブックフェアー »