« アルゼンチンひよこ通信21 海外でのお買い物 | Inicio | アルゼンチンひよこ通信23 番外編:プエルトリコ »

20/09/12

アルゼンチンひよこ通信22 ブエノスアイレスの人々

皆様こんにちは。「暑さ、寒さも彼岸まで」という言葉がありますがそろそろ涼しくなっているでしょうか。ブエノスアイレスは春の陽気があったかと思いきやまたもや冷たい南風が吹いて冬に逆戻りです。

前回お知らせした「鍋たたき=cacerolazo」は全国的な一大抗議行動だったようですが、政府はそれを過小評価し、何事もなかったかのようです。今回のprotesta=抗議を勝手にまとめるとすると、「中流以上から税金を取って、支持層である貧困層にお金をばらまき票を得る」という政府のやり方にお金をとられるばかりの中流以上が憤慨したということなのではないでしょうか。中流以上の家庭が家も買えないという記事も載っていましたし、中流以上が住む住宅地で老婆のふりをして女性を捕まえるという誘拐事件などもささやかれており、いろいろ大変な今日この頃です。

さて、今回は、半年のまとめとして私が個人的に観たブエノスアイレスの人=porteños達の印象についてお話したいと思います。知り合ったのは主に白人の中流以上の方々ですが、(今回の抗議行動に参加するような層の人々)どういう印象を持ったか思いつくままに列挙すると、

個人主義、都会人、教養が高い、向上心がある、精神的なものに興味がある、プライドが高い、政治の話が大好き、行列に慣れている、ペットをかわいがる、女性が多い

最後の「女性が多い」は性格的なものではなく、実際に統計で出ている事実なのですが、この女性の多さがブエノスアイレスらしさを作り出している要因のひとつのような気がします。

以前にもご紹介したように、大統領から始まって要職についている女性も多く、共働きが普通で女性の社会進出がとても進んでいるように見受けられます。街中の飲食店でも20代後半くらいのグループから高齢者グループまで、女性ばっかりというテーブルも目につきますし、南米では珍しく夜中に通りを女性が歩いていますし、全国紙であるLa Nación系列の女性誌「OHLALÁ」はcomunidad de mujeres=女性共同体をテーマにしていて、記事も「女性と働くのはすばらしい」「働く女性のマネー」「親友が他の女友達と仲良くしている」「30代を迎えて考える」「出産について考える」などなど女性を中心にした実用情報が載っています。

Portena 画像は上記雑誌OHLALÁのサイトより

女性が購買力があるとなると、それに呼応してサービス業も自ずと女性向けとなり、男性1人では入るのがためらわれるようなラブリーなカフェとか
http://www.pani.com.ar/ ここはオーナーも30代前半の女性
ラブリーなインテリア雑貨店も人気です。
http://www.casa-chic.com/

また、ファッションや手芸などセンスをいかして起業する女性も多く街中にこの手の小さなお店をいくつも見かけます。女性の社会進出をうけて化粧品需要が上昇し、メイクアップの仕事を目指す女性も増えいているという記事がありました。

共働きが多いので、お手伝いさん=mucamaを雇うことはごく一般的で、お掃除、洗濯、日常の買い物、食事の支度、子供のお迎えまでお手伝いさんがカバーするようです。働く独身の女性もお手伝いさんを雇うこともごく普通で、うちのマンションの洗濯室でみかけるのも昼間はほとんどお手伝いさんらしき人々ばかりです。年を取ってからも、お手伝いさんを雇う人が多いのか、お手伝いさんに付き添われてスーパーに行くおばあさんもよく見かけます。

私の知り合ったこちらの女性は、早口で活動的。向上心旺盛で仕事帰りに習い事をしたり学校に通う人も少なくありません。そのせいか、大学院の授業は夜に行われることが多く、セメスター制で開講時期も柔軟なようです。

私の知っているスペイン人に比べると、他人に関心が無く一見、冷たそうでせかせかしています。なんでもかまってくれるスペイン人に比べて、愛想がないなあ、と最初は思いましたが、その反面、こちらの女性はうわさ話をしたり他人に意地悪をすることもあまりなく、そんな暇があったら自分のしたいことをする!という感じです。他人に対する依存度が低くて「自分の人生は自分でつくる」という態度が明確で気持ちがよいのです。

あなたが女性で、自分でやりたいことがあったらブエノスアイレスはひょっとしたら、とても住みやすいかもしれません。実際、ヨーロッパからブエノスアイレスに移住してレストランを開いたり、デザイナーになったりという女性の話をちらほら聞きます。私は女性なので、ブエノスアイレスの女性達=porteñasの印象は良いのですが、男性から見ると「ややがさつ」に映るようです。男性の目を意識している女性があまりいないからかもしれませんね。

一方で男性は、私の受けた印象ですと、女性には非常に礼儀正しくておとなしめだけど、ややsusceptibleな傾向があるような。女性が多いからといって、男性への気配りも忘れてはいけませんね。はい。

注)地区や時期により事情は変わってくると思われます。さらに筆者の不勉強による思い違い、勘違いも十分予測されます。軽い読み物として楽しんでいただければ嬉しいです。

|

« アルゼンチンひよこ通信21 海外でのお買い物 | Inicio | アルゼンチンひよこ通信23 番外編:プエルトリコ »