« アルゼンチンひよこ通信23 番外編:プエルトリコ | Inicio | アルゼンチンひよこ通信25 世界の果て »

19/10/12

アルゼンチンひよこ通信24 番外編:マイアミ

前回に引き続き、旅のご報告です。
プエルトリコの次に訪問したのはアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ市です。マイアミの予備知識といえば、お恥ずかしながらアメリカのドラマぐらいのものでした。気候が温暖で、ヒスパニック系移民が多くて、年金生活者が多いのだろう、、というくらいです。

しかし、この「ヒスパニック系移民が多くて」という認識が、多いどころじゃない、と最初から気づかされることになりました。まず、空港からホテル行きのシャトルバスの運転手さんがキューバ移民2世でした。ホテルについて、フロント係もキューバ系。その上司もマネージャーもスペイン語圏出身らしくスペイン語ネイティブ。ホテルの側のスーパーマーケットではレジ係は見た限り全てスペイン語を話していて、お客もスペイン語。大量のアボカドとチップスとライムを購入する親子もスペイン語。(グアカモレチップスを作るに違いない)翌日に頼んだタクシーの運転手さんはペルー人女性でアメリカ在住20年余だとか。そのまた次のタクシーもスペイン語圏出身。レストランのウェイトレスさんはコロンビア。帰る日のシャトルバスの運転手さんはメキシコ出身。

マイアミには2泊しましたが、滞在中に英語を話したのはマイアミ大学の学生に学食の場所を聞いたときだけ。勿論、スペイン語圏文化を調べるべく、そういう地域を重点的に尋ねたから、というのもありますが、プエルトリコよりマイアミの方がスペイン語が通じるというのは不思議な感じがしました。(プエルトリコにはサービス業で英語しかわからない人もいた)サービス業でヒスパニック系のしめる割合はかなり高そうです。

さて、そんなスペイン語濃度の高いマイアミで訪れたのが「Little Havana=Pequeña Havana」です!マイアミ市内の8th street =Calle 8はキューバ系の移民が居住し、お店が集まっていることからこう呼ばれるそうです。

Miami01

キューバ人がいとなむ果物屋でまず、キューバで飲まれているというMameyジュースを飲みました。店の裏にはキューバ人が好むという鶏たちと豚がいました。

Miami02
キューバ風の濃いコーヒーを飲むお店のおじさん

Miami03

マメイジュース。ちょっとこってり。

マメイについてもっと知りたくなった方は上の動画をご覧下さい。(スペイン語)

Miami05_3  

なぜか画像が横になってしまってすみません。

銅像もあって。キューバの旗が立っています。

しかし。銅像の向かいはアルゼンチン系スーパーマーケット。奥ではエンパナーダが売られ、棚にはマテ茶。

Miami06

うーむ。キューバスタイルの葉巻屋に入ってみると、、、

Miami07

(これも横に、、、どうやらココログだと縦の写真が横に配置されてしまうのかしら?)

さすがの雰囲気!と思ったらオーナーはアルゼンチン人。しかもブエノスアイレスのポルテーニョ。実家はベルグラーノというわけでご近所さんでした。奇しくも帰りの飛行機で里帰りのオーナーとばったり。

もちろん、キューバ人経営の他の葉巻屋やキューバン・カフェもありましたが、近年、キューバ以外の中米からの移民が増え、Little Havanaにも他のスペイン語圏の店や客が出来ているということでした。そもそもこの8th streetは古くはユダヤ系、アラブ系の移民が住んでいた経緯もあり、時代の移り変わりとともに街の様子も変わっていくのでしょう。

観光客が訪れる場所とはいえ、まだまだ地元の方々の憩いの場でもあるLittle Havana。十分満喫いたしました。

後記:海外での300ドル以上の買い物に税金が課せられるという法律が施行されたアルゼンチン。人気の渡航先であるマイアミからの便は監視が厳しいという報道もありましたが、私が帰った便では特に厳しく調べられている様子はみかけませんでした。しかし、税関の申告用紙には海外で購入したものについて書くように記載がありましたし、監視の目をくぐるためか、購入した商品をあたかも前から使っていたかのように身につけて帰るアルゼンチン人が沢山いました。シャツから靴までまっさらのアメリカンブランドで身を包んだ若者とかを見ると「ま、課税したくなる気持ちもわかるわな、、、」と思ったりして。

注)南米に比べると比較的安全なアメリカ合衆国とはいえ、マイアミは犯罪発生率の高い地域なのでLittle Havanaを訪れる際には地元のツアーなどをご利用されることをお勧めいたします。また、ここに掲載の情報は2012年9月当時のものですのでその旨ご了承下さい。

|

« アルゼンチンひよこ通信23 番外編:プエルトリコ | Inicio | アルゼンチンひよこ通信25 世界の果て »