« アルゼンチンひよこ通信24 番外編:マイアミ | Inicio | アルゼンチンひよこ通信26 ブエノスアイレスの同潤会 »

30/10/12

アルゼンチンひよこ通信25 世界の果て

日本の皆様こんにちは。関東地方は秋深まって、栗ごはんや焼き魚が美味しいころでしょうか。海外に住んでいると美味しい魚が食べたくなります。
さて、最低気温が10度を下回ることもなくなり、日中は25度以上になるようになったブエノスアイレス。これまでは急に寒くなったりして、dudoso(=疑わしい)と言われる春の陽気もここにきてやっと信じられるになってきました。しかし!今回お届けするお話はアルゼンチンで最も寒いエリア、南の端にあるウシュアイアUshuaiaという町についてです。

ウシュアイア市公式サイトはこちら(スペイン語)

お時間のある方は世界地図を出してご覧になっていただけるとありがたいのですが、ウシュアイアは南米大陸の下の方にある島にあります。ブエノスアイレスから3250km、南極圏までは1250kmに位置し、ブエノスアイレスに行くよりも南極の方が近い、という場所です。地域としてはパタゴニア内にあり、世界最南端の町としても有名です。島はマゼラン海峡とビーグル水道、大西洋に囲まれ、隣国チリとの国境線が複雑に分たれており、「あっちがチリです」とガイドさんが色んな方向を指差して教えてくれるのですがその度に頭が混乱しました。

観光地としての主な見所は、ペンギンを観に行く、ビーグル水道クルーズ国立公園で囚人列車に乗る元監獄博物館世界の果て博物館といったところでしょうか。私の行った時期(10月中旬)はまだペンギンを観るには早かったこともあり、「世界の果てまできた」という事実が最大の観光ポイントだったような気がします。

観光客が撮ったと思われるペンギンの素朴な動画。「ほらみて回ってるわー」などなどスペイン語のコメントが微笑ましいです。

ウシュアイアの中心地は1時間もあれば全て回れてしまうような小規模の町でメインストリートにお土産物やとレストランと小振りなホテルが並び、町の概観としては北半球にもありそうなシーズンオフのスキー観光地という感じでした。

港があり、美味しい魚介が食べられるかも!と一瞬、期待に胸を膨らませました。しかしウシュアイアで獲れるセントージャ(Centolla)というタラバガニによく似たカニは、ほとんどが加工用のため地元で消費されることはほどんどなく、新鮮なカニ料理が食べられるわけではないとのこと。もともと肉食傾向のアルゼンチン、魚介に関心がないのか、レストランでも肉を焼く匂いが漂い、羊料理のほうが名物といってもいいくらい。食料はブエノスアイレスから空輸されてくるので、レストランの値段は一様に高く種類にとぼしい印象をうけました。寒い土地柄のせいか野菜と果物はいまひとつでホテルの朝ご飯もオレンジジュースは砂糖入りの清涼飲料水。日本ではコンビニで売っているフルーツジュースも100%なものを求めることが多くなり、これほど果汁感の少ないジュースを飲んだのは久しぶりでした。

元監獄博物館では、南極探検にチャレンジした船舶やもしくはチャレンジして難破した船舶の歴史も知ることが出来ます。もともと監獄だった建物を博物館にしてあるので、狭い独房の中に、はるばる先住民を宣教しにきた英国国教会の人々の歴史や刑務所に収監されていた政治犯、犯罪者の歴史が展示してあり、体の芯まで冷え冷えとしてきます。

Ushuaia01 元監獄博物館

こんな寒い場所に犯罪者として送られてきたら夢も希望もないだろうなあと思いますが、当時収監されていた人々にとっての唯一の楽しみは、囚人列車に乗って山に木を切りにいくことだったと、囚人列車のパンフレットには記されてありました。囚人達を刑務所から山に連れて行くために建設されたこの蒸気機関車の囚人列車は現在、その一部が国立公園内に残されており、観光用として運営されています。この機関車に乗ると、各国語で案内がアナウンスされるのですが、日本語部分がかなり年配の男性の声でした。おそらくその昔、アルゼンチンに移住された方なのではないかと推察されるやや古めかしい日本語で、そのお声を聞くと背筋をただされるような気分になります。

Ushuaia03 国立公園内の景色

国立公園内の散策路は「あまり手が入りすぎていない」感じが好ましく、ガイドの案内についてぶらぶらと山や湖を見ながら歩いているとブエノスアイレスの雑踏がどこか他の国のことのように感じられてきます。国立公園内にはビーバーが生息しているのですが、実はこのビーバー、その昔、皮製品がとれるのではないかと北米から導入したものの、皮をなめすときに使用する酸が水質汚染の原因になることが分かり、捕獲されることもないまま放置され、北米と違って天敵となる大型動物がいないことから、その数が増え続けているそうです。しかも、ガイドさんによると、ビーバー達はリラックスして(muy relajado)暮らしているものだから体重が40kgから50kgのあたりまで増え、もともとのビーバーに比べて別物のように巨大化してしまったのであらたに「マゼランビーバー」と呼ばれているそうです。増えたビーバーのおかげで地元のカワウソが激減したため、政府はビーバーの狩猟を奨励、尾っぽを持っていくと1匹につき代価として3ペソが支払われることになりましたが、3ペソでは猟銃の弾2発分くらいにしかならないため、特にビーバーの捕獲量が増えることもなく依然として問題になっているとのことでした。

Ushuaia04 ビーバーの作ったダム

さて、ウシュアイアを旅行していて、気がついたことといえば、「ウシュアイア生まれの人に合わなかったということ」です。最初に空港に迎えにきていたガイドさんはブラジル人。国立公園のガイドはブエノスアイレス生まれの日系人。タクシーの運転手さんはサンタフェ地方出身で、レストランのウェイターさんはタンディルの出身。みなさん、おっしゃるには「ウシュアイアには他より仕事があり、待遇も(比較的)いい。よそに比べると治安もいいので安心して住める」ということでした。

実は、ウシュアイアは観光地であると同時に、国策として開発された工業地でもあります。ウシュアイア湾沿いには工場が並ぶ地区があり、そこで国内の家電製品が生産されているのです。多くは部品を組み立てる工場でゼロから製造されているわけではないようですが、アルゼンチンで家電製品の裏側をみるとウシュアイアのあるTierra del fuego=ティエラ・デル・フエゴ州のマークが入っているのをよくみかけます。政府は80年代からこの最果ての地に住民を増やすため、工場を誘致し、居住地を建設し、税制面で優遇して国民の移住を促したのです。この寒い土地で寂しくないのかなあとひ弱な私などは思ってしまいますが、仕事があり、自然に囲まれて暮らす、というのは人生で考える価値のある選択なのかもしれません。前述のブラジル人ガイドさんは移住してきたとはいえ、ウシュアイアに住んで18年以上になるそうで、「Soy fuegina=私はフエゴ州人よ」と言っていました。

ところで最近、ウシュアイアでホットな産業といえば、チョコレート。特にチョコレートが名産というわけではないはずですが、アルゼンチンの人はチョコレートが好きなようで、ブエノスアイレス市内にも何軒か有名なチョコレート屋さんがありますし、ウシュアイアと同じパタゴニア地方の観光地バリローチェには「南米のスイス」と称される風光明媚なイメージをうまく反映させた高級チョコレート屋さんがあります。観光地とチョコレート屋という組み合わせがいいのか、ウシュアイアにも、観光客需要をみこんだチョコレート屋が何軒かありました。そのなかでも営業活動がすばらしかったのがLaguna Negraというお店。ビーグル水道のクルーズ船のチケットを買っても囚人列車のチケットを買っても、この店のホットチョコレートが1杯無料で飲める券がついてきたのです。観光客が必ず訪れるであろうこの2大スポットで無料券を配るお商売センスがすばらしい。観光を終えて、することもなくウシュアイアの町をぶらぶら歩いていると「寒いし、せっかくタダ券もらったからホットチョコレートでも飲みにいってみようか」という気になってくるのです。そしてきれいな店内で無料客だからといってぞんざいにされることもなく、美味しいチョコレートを飲んでいると、「せっかくだから土産はここで買おうか」ということでつい1箱2箱、お土産を買うことになる、、、他に名産品があるわけでもないし上等なチョコレートならお土産としていやがる人もいないでしょう。アルゼンチン人は結構、お商売上手なんだなあと思いました。

Ushuaia05 けっこうたっぷりでてきました。

そのほかにホットな話題といえば、ウシュアイアの町中でUshuaia el capital de Malvinasという掲示をちらほらみかけました。Malvinasとはフォークランド諸島のアルゼンチン名です。地図で見るとウシュアイアからほど近いところにあります。昨今、微妙な位置にある領土問題で隣国といろいろある日本人にしてみれば、イギリス本土から遠く離れたこの島々がイギリス領土というのもちょっとな、、、とアルゼンチン人の肩を持ちたくなるのですが距離の問題ではないんでしょうね。

一見、観光地としては魅力に乏しいように見えた世界の果て、ウシュアイアでしたが2泊の滞在を終えてみるとアルゼンチンについていろいろ学べる面白い場所でした。ウシュアイア訪問最後の場所、空港では免税店で掃除機が売られているのを発見。ウシュアイアはフリーポートとして税金が免除されているため、国内旅行でも免税品店があります。家電製造地域でもあるせいか、家電が安いのかもしれません。よくみると、大きな段ボール箱をかかえてブエノスアイレスに向かうアルゼンチン人もちらほらいました。しかし空港の免税品店で掃除機を買うっていうのもすごいですね。前回のマイアミ旅行といい、アルゼンチン人の購買意欲には驚かされます。この消費が景気を牽引しているということで、、、節約は国益にならないということでしょうか。

 

注)時期により事情は変わってくると思われます。さらに筆者の独断と偏見、不勉強による思い違い、勘違いも十分予測されます。軽い読み物として楽しんでいただければ嬉しいです

|

« アルゼンチンひよこ通信24 番外編:マイアミ | Inicio | アルゼンチンひよこ通信26 ブエノスアイレスの同潤会 »