« アルゼンチンひよこ通信28 今時ママ事情 | Inicio | アルゼンチンひよこ通信30 バカンスシーズン突入 »

17/12/12

アルゼンチンひよこ通信29 ガスと大雨

日本の皆様こんにちは!クリスマスまで約1週間となりました。今頃、日本のあちこちではクリスマスの飾りやイルミネーションが輝いて、歳末の賑わい華やかなころでしょうか。南半球にあるアルゼンチンでも同じくクリスマスシーズンを迎えているはずですが、暑いせいかマンションの戸口やレストラン、商店に飾られているツリーもメタリックな色合いが多く、年の瀬に感じる粛々とした気持ちがわき上がってきません。

アルゼンチンはスペインと違って、いろいろな人種・宗教で構成されている国のため、クリスマスのお祝いを一斉にするという感じではないのかもしれません。とはいえ、「バカンスシーズンで皆がばらばらになってしまう前に集まっておこう」という意図なのか、あらゆるところでフェアーやイベントが行われており、この数週間はとても慌ただしい時期でした。それに加えて、さまざまな事件がまたもや起こっていたのです。

まず、12月6日の木曜日は私の通っているブエノスアイレス大学のスペイン語コースの終了試験(筆記)が行われるはずでしたが、大学のある港付近で刺激のあるガスが発生したため、港一帯から市民が避難をはじめました。大学から知らせがきて試験は延期となりました。

ガス雲発生をつたえるLa Nación の記事

スペイン語と同じ、ロマンス言語出身の教養豊かなクラスメイトの中にあって、やや落ちこぼれ気味の私は、運動会が雨で中止になったことを喜ぶ子供のように一瞬、「やった!」と思ってしまいましたが(試験の場合は延期であって中止ではない)実際、ガスの発生したあたりにいた方々は目に刺激を感じたり、家の中にあっても窓を閉めてエアコンも使用できなかったりして大変な思いをされた方々もいて、軽卒に喜んだことを深く反省しております。ごめんなさい。

午前中にガス発生のニュースがあったかと思えば、午後には降り続いている雨の勢いがまし、市内の数カ所で1mを超える浸水となりました。道が川のようになって、向かい側に渡るのに命綱を必要とするような場所もありました。漏電の危険を恐れてか部分的に電力の供給を中止していました。

大雨の被害地域を伝える記事とそれに乗じて、ウィンドサーフィンを試みる若者の動画

温暖化による亜熱帯=subtropical化が懸念されるアルゼンチンでは、雨が降ると豪雨、嵐、そして洪水という事態になりやすくなっているようです。外出もままならず家でテレビのニュースを見ていると、災害対策の遅れ(もしくはほとんどない?)についてブエノスアイレス市長、Mauricio Macriを非難する声が上がっていましたが、「近年の豪雨は過去に例のない規模」として反論しています。二酸化炭素の排出をふせぐことで、温暖化を防止につとめている、という市長のご意見でした。たしかにあちこちに貸し自転車や自転車専用通路=bicisendaが出来つつありますが、自転車に乗って通勤・通学ができるのはほんの一部の富裕層なんじゃないかなというような気もいたします。

これらの事件が日本で起こったら、数週間は「原因究明」と「再発防止」についてマスコミを賑わすことになりそうですが、翌日からは何事もなかったかのように生活がもとに戻っていました。災害に弱い市では市民が災害に強くなる(もしくは慣れる=あきらめる)ブエノスアイレスからの報告でした。

R0011230

バスク料理店に飾られていた、何かとふんだんなクリスマスツリー。

注)地区や時期により事情は変わってくると思われます。さらに筆者の不勉強による思い違い、勘違いも十分予測されます。軽い読み物として楽しんでいただければ嬉しいです

|

« アルゼンチンひよこ通信28 今時ママ事情 | Inicio | アルゼンチンひよこ通信30 バカンスシーズン突入 »