« julio 2013 | Inicio | septiembre 2013 »

30/08/13

地中海式 人生のレシピ--元気になる映画--

久々に痛快な映画を見たのでご紹介いたします。
スペイン映画というと、良くも悪くも「重い」作品が多いような印象がありましたが、このホアキン・オリストレル監督による『地中海式 人生のレシピ』はテンポもよく文句なく楽しめる作品でした。
Dm_hyoshi_chico
この写真をみて分かるように、主人公は女性1人と男性2人の3人。通常、三角関係の場合、女性はどちらを選ぶのか…というのがストーリーの着地点になるものですが、この映画の場合はその選択すらも彼らの人生の一部でしかない、というところが面白かった。選択しようがしまいが、人生は続いていくわけで、いわば選択の連続、かなり長いスパンで撮った映画です。邦題が「人生のレシピ」となっているのもしごく納得。原題はDieta Mediterranea 直訳すると地中海式料理とか地中海式食事法、となるでしょうか。

舞台はバルセロナの小さな港町。特に観光名所でもない「しけた」田舎町ですが、そこで育った幼なじみの3人がレストラン業で成功していく様子を描いた作品です。天才的な味覚のセンスを持つソフィアが、子供を産み、結婚し、一流の料理人としてキャリアを積んでいくストーリー。母であり、妻であり、恋人でもある、子供も結婚も成功もすべて手にする女性。こう書くと、欲張りすぎじゃないか?と思えるのですが、映画を見ている分にはあまり気になりません。というのも、そもそもすべてを手に入れることがソフィアの目標ではなかったからです。「一流の料理人になりたい」という野望をいだきつつも、人生の節目では、その夢を一旦あきらめ、妻となり母となりながらも希望を捨てずにつっぱしってきた結果として手に入れたものだったから。

実際にはスペインと言えども、こんな素敵な男性が身近に2人もいることはまずないし(更に言えば30才を過ぎても髪の毛がふさふさな方は稀有だし)、スペインの景気も一向によくならないし、あくまで夢物語なのですが、映画だからいいのです。2時間、日常から離れて、スペインの美しい景色と美味しそうな食事(かの伝説的なレストラン、エル・ブリ協力)を見て、頭を空っぽにすること、それが大事なのではないでしょうか。

もう一つ、この映画を見て改めていいなあ、と思ったのが、スペイン人の持つ「家族感」です。この映画では他の村人になんと言われようと、「家族だからいいじゃない!」とどこまでもかばってくれる身内が描かれています。日本ならば、「家の恥となるな」という考えに代表されるように、時に、家族が一番厳しかったりするものですが、この映画に登場する家族は身内にどこまでも優しい。この映画は実は女性の生き方を描いたのではなく、家族のあり方をテーマにした作品なのではないかなあと思いました。家族は社会の最小単位ですから、家族に優しくなれなければ社会そのものも寒々しいものになってしまうのかもしれません。

失業率が高かろうが、なんだか幸せそうなスペイン。日本にはない価値観に触れて、頭のどこかの栓がスポンと抜けること、これが外国映画を見る醍醐味の一つだと思います。映画の公開は2013年10月19日(土)より、シネマート六本木を皮切りに全国順次公開です。見た後、足取り軽く帰れる映画です。おすすめ!(m)

| | Comentarios (0)

6/08/13

DELE試験を受けました その②

こんにちは、新人スタッフYです。

日本各地、連日のように厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。私は暑いので毎日のようにheladoばかり食べています。夏が終わってから体重計に乗るのが怖いです・・・。

少し時間を置いてしまいましたが、引き続きYのDELE受験体験記です。

B2の口頭試験は筆記試験が行われた一週間後でした。

旧方式の口頭試験は試験の前に待合室に3人ほどが集められ、3色の紙をそれぞれ一枚ずつ取り出すように指示されます。それぞれの紙を裏返すと今回の試験で扱うテーマが書かれており、その中から一つ、自分が話したいテーマを選びます。準備時間およそ10分で話すテーマを決め、与えられた指示に沿って答えられるように、事前に用意された真っ白の紙にメモをしていきます。

今回のテーマは、「最新の医療がもたらした出来事について」「ソーシャルメディア」「インターネットなどを利用した外国語学習について」(少し遠い出来事なのでまた記憶があいまいですが・・・)。

この試験準備でもっとも必要なのは自分が話せそうなテーマを瞬時に選び出すことです!私の場合は医療関係の用語はほとんど知らないのですぐにあきらめましたが、残りの2つはそこそこ話せそうということで、盛り込む項目次第で決めようと思いました。が、時間はどんどん迫ってきます(この日はちゃんと反省を生かして腕時計を持参しました)。ふと他の受験者2人を見渡すと、1人の方はすでにテーマも話す内容を決めたのかもう問題用紙は見ておらず、もう1人の方は私と同じで何度も何度も問題用紙のカードをめくっています。後日、このことを社内で話したら、「周りが見られるなんてYさん余裕じゃん!」とツッコまれてしまいました・・・。本当はちがったのですが・・・。

結局「インターネットなどを利用した外国語学習について」を選び、話さなくてはいけない項目も超スピードで考えました(メモする余裕はほとんどなかったので、言いたい単語だけを並べておきました)。

いざ、呼ばれて面接室に入ると面接官はセルバンテス文化センターでクラスを持っている先生方2人。顔見知りの先生たちと話せるのは少しよかったですが、試験となるとやはり違います。普段は書店でネイティブのお客様や先生方と話したりできるのに、椅子に座って面接官と話そうとすると心臓はバクバク、頭はすっかり真っ白に。「自己紹介してください」といわれたのも上手く聞き取れず、あたふたしてしまいました。自分のことを話し始めてようやく落ち着いたところで、一枚のカードが渡されました。

そこには4コママンガ2つが描かれており、どちらか一つを選んでストーリーを話すというもの。まずは自分が考えたあらすじを話しました。しかしここはB2の試験、これだけでは終わらず、「ではこの場面でもし~だったら、この絵の女の子は何と言うでしょうか?」と登場人物の立場になって何かひと言付け足さなくてはいけませんでした。自分の意見とは違うことを表現する、というのがB2に求められている能力なのでしょう。

そしていよいよ次が、選んだテーマについて話す問題です。「選んだテーマについて話してください」とただ指示をされるだけです。メモをちらちらと確認しつつ、そのテーマについて語ります。その後いくつか自分が述べたことについて質問をされたり、触れないといけない項目を言い忘れていると、それについてはどうかと改めて質問されました。

試験終了直後、手ごたえもなく、なんとも言えない気分でした。緊張すると早口になってしまうので、できるだけゆっくり、そして確実に言える単語や文法表現は間違えずに話したつもりです。それでもやはり、言いたいことを全て言えませんでした。筆記試験の作文でも痛感しましたが、語彙が足りずに上手くまとめられないというのは非常に悔しいです。そして自分の意見だろうとなかろうと(面接もおそらく自分の経験や意見にこだわらなくていいと思います)、表現出来ずに人に伝えられないもどかしさだけが残りました。普段からいろんなニュースや情報にアンテナを張っていろんな意見に触れなくては・・・と学生時代から先生たちに言われたようなことを改めて感じました。

最後はスペイン語うんぬんの問題ではないですが、外国語を学ぶ、という行為の最終的なゴールはその言葉で自分の気持ちや意見を伝えるということではないでしょうか。作文でも口頭試験でも、自分の経験や考えにこだわらなくてもいいじゃないか、という先ほどまでの考えと矛盾しますが、あくまで試験は試験。最終目標に達するまでの目安ですから、その求めるレベルに応じた様々な能力を発揮しなくてはなりません。

春の試験結果がもう発表されています。Yの結果は・・・NO APTOでした。やはり作文の部分で失敗したことがしっかりとスコアに表れていました。きっと私の悩みはみなさんの悩みでもあります!この失敗にめげず日々精進しようと誓ったのでした。

|

« julio 2013 | Inicio | septiembre 2013 »