« 夏は本を1冊コンプリート! | Inicio | バルセロナで本屋めぐり »

17/09/16

コーヒーの値段が変わる!?

気づいたら9月も半分終わっていました!
すこーしずつ秋がやってきているんですね。
読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、食欲の秋、食欲の秋・・・
わたくしスタッフYにとっては一年を通して食欲の秋ですが。

さて、最近興味深い記事を見つけました。
なんとコーヒーの注文の仕方で値段が変わる、というもの。
スペイン・ジローナ県のとある小さな町のカフェでは、コーヒーの値段は以下のようになっています。

EL PAÍS VERNEの記事

Un café(コーヒー1杯)・・・5ユーロ
Un café, por favor(コーヒー1杯ください)・・・3ユーロ
Buenos días, un café por favor(おはようございます、コーヒー1杯ください)・・・1.30ユーロ

この3つの言い方の違い、そして注文を受けた側の印象の違いは分かりますか?
下へいくほど丁寧で、注文を受けた店員さんも感じよく受け取ってくれます。
このカフェを経営する女性オーナーはこう言っています。
"Un poquito de simpatía no hace daño a nadie"
「(直訳すると)少しの感じのよさは誰も傷つけません。」たしかにその通りですね。

お互い気持ちよく生活するには、相手への丁寧さと敬意が必要だと最近感じます。
たしかに、コーヒー1杯、と注文すればコーヒーは出てきますが、なんだかそれではさびしい。
「お願いします」「ありがとうございます」たった一言加えるだけで、印象が変わるのであれば言ってみましょう。きっと言う側もちょっと気持ちいいと思います。

私の経験で、初めてスペインに旅行した際、ともかく文法はたどたどしかったのですが、お願いをするときや何か購入する際は必ず、por favorとつけていました。こちらは外国人なのでスペイン語で話している点ではすでにプラスの印象を持ってくれていたようですが、丁寧に話すと、こちらの意図をさらに正確に捉えようと一生懸命聞いてくれたように思います。

もちろん外国語だけでなく、日本語でも同じではないでしょうか。
この記事の中でも、"con simpatía se consiguen más cosas"
「(直訳すると)感じのよさはさらに多くのものを獲得される」
笑顔だったり、幸せな気持ちだったり、もしかしたらお友達も出来るかも?!

ちょっと今回は「スペイン語を学ぶ」という視点からはちょっと外れているかもしれませんが、コミュニケーションに必要な大事な部分を書いてみました。

今回の記事でよく出てきたsimpatíaは、この西西辞書では、
"Modo de ser o carácter de una persona que la hace agradable a los demás"でした。

(Y)

|

« 夏は本を1冊コンプリート! | Inicio | バルセロナで本屋めぐり »