« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月22日 (金)

・ベルナベウのピッチに日本人選手が

Hola!!
2月に入りましてMadridは寒い期間と暖かい期間、約1週間交互でやってくるような感じです。その寒暖の差が激しく、寒い期間は本当に厳しい冬の寒さで暖かい期間は桜が咲く頃の陽気となります。
寒暖の差が激しいので体調管理に最新の注意を払ってきましたが、先日まで体調不良の日々が続いてしまいました。
そんな中、2月中旬から欧州チャンピオンズリーグ(CL)が再開。
CL決勝トーナメントへ進出したスペインのチームはFCバルセロナ、レアル・マドリード、マラガ、バレンシアと今シーズン出場しているスペインの全チームが無事に決勝トーナメントへ進出できました。
そして2月13日(水)レアル・マドリードのホーム、サンチアゴ・ベルナベウでCL決勝トーナメント一回戦第1戦、レアル・マドリードvsマンチェスターUが行われました。
CL決勝トーナメント1回戦、屈指の好カードのため世界中が注目している試合です。
そして世界中が注目している試合で日本人選手がピッチに立ちました。マンチェスターUの香川選手です。日本人である私もこのピッチでプレーしている姿に誇りを感じました。
試合当日は現地から来たマンチェスターサポーターが中心街及びスタジアムへ向かう地下鉄内や駅などで歌を歌ったりしてお祭りムード。イギリス人の歌声の迫力圧倒され、苦笑いするばかりでした。
結果は1-1の引き分け。
第二戦はマンチェスターUのホームで行われますが、どちらがベスト8へ進めるか分からない状況で楽しみですね。
ちなみにその他のスペイン勢はACミランと対戦したFCバルセロナはアウェイで0-2と敗戦。FCバルセロナはイタリアサッカーの罠にはまっていまいました。その結果に地元のマドリニスタ(レアル・マドリードファンの愛称)は大喜び。
バレンジアはホームでPSGに1-2と敗戦。マラガはアウェイでポルトに0-1と敗戦。最悪のケースは1回戦でスペイン勢全て姿を消す可能性も。
第二戦の巻き返しに期待したいです。

M4 M5 M6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

・世界に誇るEL CLASICO

スペインはスポーツ王国です。2008、12年欧州選手権、2010年ワールドカップと主要大会3連覇中のサッカーは有名です。
その他、バスケット、F1などのモータースポーツ、テニスもスペインは強い。
スポーツニュースでは毎日、トップはサッカー、次にバスケット、モータースポーツ、テニスの順で報じられております。
そして先日までスペインで開催されていたハンドボール世界選手権でスペインが優勝。
決勝戦の中継はMadridの全てのBarで流しており、翌日のスポーツ紙すべてが1面を飾っておりました。
しかし、翌日からはいつも通り、スペインのスポーツ話題はサッカーがメインです。
そしてレアル・マドリードvsFCバルセロナの「EL CLASICO(エル・クラシコ)」なると、なおさら試合日の数日前から話題が尽きません。
今シーズンはCOPA DEL REY(国王杯)準決勝でエル・クラシコが実現しました。
ほとんどの欧州のリーグはリーグ戦とカップ戦、毎年2つのタイトルを争っています。
もちろんスペインも同様です。リーガと国王杯の2つタイトルを毎年争います。
スペインの国王杯はトーナメント、準決勝までホーム&アウェイで戦い2試合の合計得点で次のステージに進むチームを決めます。
しかし、1部のチームは国王杯よりもリーガを重視しているチームが多いの現状です。レアル・マドリードとFCバルセロナも例外ではありませんが、国王杯でもクラシコとなると話が変わってきます。

その国王杯準決勝第1戦はレアル・マドリードのホーム、サンチアゴ・ベルナベウで行われました。
チケットの価格は一番安い席で40ユーロとクラシコとしては破格の値段。リーガのクラシコはもっと高くなると思います。
そしてチケット発売開始日にスタジアムへ足を運び、簡単にチケットを購入できました。
私が通っている語学学校の先生は「昔はクラシコのチケットを購入するのは難しかったが、今は簡単。この経済状況だから高くて買いたくないから」と言っていました。
現在のスペインの経済危機は世界最高の試合にも影響を及ぼしているのです。

試合前、両チームの状況。FCバルセロナは相変わらず絶好調。リーガも首位を独走中でケガ人もほとんどおらず、ベストメンバーで挑めます。
一歩のレアル・マドリードは守護神のカシージャスが負傷により長期離脱。その他DFの要のペペが離脱中でセルヒオ・ラモスは出場停止。
また数日前にTVレポーターであるカシージャスの恋人が今のレアル・マドリードの状況を暴露。モウリーニョ監督と選手はコミュニケーションを取っていないことを暴露するなど、最悪な状況。
圧倒的にFCバルセロナの方が有利な状況です。
しかしキックオフされると互角の戦いに。
本当に見ていて楽しい、スペインが世界に誇るエル・クラシコであることを証明してくれました。
結果は1-1の引き分けに終わり、両チームともに決勝に進める可能性を残して第2戦を迎えます。
FCバルセロナのホーム、カンプ・ノウで行われる第2戦は2月27日。
となりますと2月27日は国王杯のエル・クラシコ。3月2、3日はリーガのエル・クラシコと1週間に2回のエル・クラシコが行われることになります。
これは盛り上がりますね。

ここで少し私の観戦記。私はマドリードの大学に留学している2人の日本人と観戦しました。
2人ともレアル・マドリードのユニフォームも身に着けていたので、入場の際にある荷物検査とボディーチェックは簡単に終わりました。
一方、私はバックに入れていたFCバルセロナのユニフォームが荷物検査の時に見つかり、係員が苦笑。
そして荷物検査とボディーチェックは厳重にやられアウェイの洗礼を受けました。

M1 M2 M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »