« ・LEVANTE UD | トップページ | ビジネス体験@Levante UD »

2013年6月25日 (火)

~カディスでのその後~

スペインに来て2度目の滞在延長の申請も無事に終わりました。あとは、通知が送られてくるのを待つのみです。7月から夏休みの開始ですから、届くまでかなり時間がかかることでしょう。気長に待つのみです。娘も試験がすべて終わり、成績表をもらえば、長い夏休みが始まります。Bachilleratoの1年生(日本では高校2年生)ですが、学期の終わりに再試験の期間があって、1学期、2学期に落第した科目のテストを受けます。もし、それにも受からなかった場合は、9月にまた再試験です。受からなかった科目の数によって、進級か落第が決まります。6月中に受からないと、夏休みも楽しめなさそうでいやですね。昨年は、国語(スペイン語)を落第しましたが、先生が理解のある方だったので、再試験ではなく宿題にしてくださったので、ほんとうに助かりましたが、今年はどうなるでしょうか?
テストも終わったし、日本からの留学生のまことくんも帰国してしまうので、仲のいい友達をよんで、カレーライスをごちそうしました。食べたことのある子たちは、たいていみんな大好きなんですよ。日本好きの子たちには、アニメやコミックを通して、あこがれの食べ物なんです。
今回は、そういうわけで、身近にある食べ物の話でもしようと思います。
スペイン・アンダルシアといえば、ガスパチョが有名ですが、家にミキサーもないし、自分で作ってまで…というわけで、ほとんど飲んだことがありませんでした。そのかわりに、サルモレホという、コルドバが本場のガスパチョによく似た冷スープがあって、それはよく行くお店のメニューにあるので、暖かい間は必ず注文していました。(1人前3ユーロです)ガスパチョは、スーパーで、パックに入ったものが売っているのですが、「きっとおいしくないに違いない・・・」という先入観で買わないでいました。が、とうとう買ったんです。なんと、すごくおいしかった!どうして今まで買わなかったんでしょう・・・!今年の夏は、きっとガスパチョを飲みまくるでしょうね。暑いときにはほんとうに最高の一品です。1リットルで、3.40ユーロくらいです。ガスパチョとサルモレホの違いですが、ガスパチョは、トマト、ピーマン、赤ピーマン、きゅうり、玉ねぎ、にんにく、皮を取ったバゲットパン(前日の硬くなったもの)、塩、オリーブ油(もちろん家庭によってレシピは変わるでしょうが)、サルモレホは、トマト、同じく前日のパン、オリーブ油、にんにく、塩、そして、テーブルに出す前に、ゆで卵をくし切りか細かくきざんだものとハモン(ハム)を小さい角切りにしたもので飾りつけします。サルモレホの方が、ドロっとしていて、よりスープというかんじですね。ガスパチョはジュースみたいです。サルモレホもパックで売っていますが、これは飾りつけもあるし、今まで通り、お店で注文します。
スペインでびっくりするほどおいしいものは、ポテトチップスです!日本と比べて、味のレパートリーは少ないです。でも、シンプルな塩味がほんとにおいしい!私は、日本ではあまりポテチは食べなかったんですが、ここではよく食べています。塩味の原材料を見ると、ジャガイモ、植物油、塩、と、すっきりしてます。値段の違いは、ひまわり油かオリーブ油で、もちろんオリーブ油のほうが高いです。日本のと何が違うか、娘と検討した結果、スペインのほうが硬いね、ということに。日本にも「硬あげ」などがありますが、ごく普通のものに限っていうなら、スペインのほうが硬い。味もシンプルで飽きがこないです。特にお気に入りは、写真を添付しますが、オリーブ油で揚げたもの。去年、妹がこちらに来た時に、「おいしい、おいしい」といって、お土産に持って帰りました(粉々にならないかどうかが心配でした)。スペイン人は(たぶん全国的に…)ポテチが大好きだと思います。そうそう、フライ屋さんでは、自家製ポテチも売ってます。
スペインでおいしいものその3は、ボカディージョです。バゲットサンドですね。家でも作れますが、お店で買うとほんとにおいしい!中の具はいろいろで、ハムとチーズ(この2品からして、もう日本のハム・チーズとは味が全然違うので…)、トルティージャ(スペイン風オムレツ)、ローストチキンなどなど。娘の学校の近くに、ローストチキン屋さん?があって、ポテチもそこで揚げてるんですが、そこのボカディージョがおいしい。ほぐしたチキンとポテチをサンドした塩味か、それにサルサ・ガウチャというピリ辛のソースをかけたものの2種類あります。ボリュームもあって、1個食べればもうおなかいっぱいです。ひとつ2ユーロ。友人の一人が、去年の夏明けに見た目にわかるくらい太っていて、理由は「ビールとトルティージャのボカディージョをしょっちゅう食べていたとのこと。炭水化物でいっぱいですから、気をつけないと。でも、おいしいですからね。カーニバルなどのイベントの時以外は、注文後、作ってくれます。アルミホイルにつつんでくれます。
アルミホイルといえば(関係ありませんが)、バルでコーヒーを注文すると、ガラスのコップで出てくることが多いですよ(もちろんホットです。スペインでは、アイスコーヒーを飲む人は多くないですし、冷たいのが飲みたい人は、カフェ・コン・イェロといって、要は暖かいコーヒーと氷の入ったコップが出てくるので、砂糖を混ぜたあと、氷のコップに移し入れるのですが、おいしくなさそう…)。なかには、コップじゃいやだといって、カップでと、わざわざ頼む人もいます。私はどちらでもいいので、特に気にはしません。コーヒーに関しては、うるさい人が多くてウエイターさんもたいへんですが、お客さんの好みを覚えていて、言われなくても好みのコーヒーをさっと出す、プロですね!
カディスにもようやく本当の夏が来たようです。朝晩は肌寒かったり、風が冷たかったりしてましたが、今日は(6/23)もう朝から空気がもわっとしています。日曜だし、午前からビーチへ向かう家族連れやカップルでいっぱいでした。カディスの夏は最高ですよ。ぜひ遊びにきてください!

写真は左から、ガスパチョ、サルモレホ、カフェ・コン・レチェ、ポテトチップ
Dsc01001 Dsc01000 Dsc00990 Dsc00995

|

« ・LEVANTE UD | トップページ | ビジネス体験@Levante UD »

T.Nさん(Cadiz留学中)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126646/57663764

この記事へのトラックバック一覧です: ~カディスでのその後~:

« ・LEVANTE UD | トップページ | ビジネス体験@Levante UD »