2012年3月15日 (木)

2012年3月7日 (Atletico de Madrid インターンシップ)

こんにちは。2月が終わり、マドリードもようやく暖かくなってきました。日本では春は卒業の季節ですが、こちらではシーズン真っただ中ですので(学校もリーガも)これといった環境の変化はありません。平均気温が春並になったくらいですね。
さて、今週は月曜日にオフィス内の整理・大片付けがあったためオフィスにはFundacion(以下・財団)のTシャツや、誰が何のために置いていったのであろうスパイクやらプロテクターなどのサッカー用品が山積みになっています。片付かないなあ、スッキリしないなあと思うのは私だけでしょうか。昨日は大箱5つをオフィスから随分離れた財団の倉庫に1人で運搬したというのに・・・。

日本で言う年末の大掃除みたいな行事をディレクターの思いつきで月曜朝に突如始めるものだから全くもう。と思ったわけなのですが、この先予定されているイベントがこれといって無い今だからこそなんでしょうね。

片付けの最中にディレクターのオフィスから大量の財団Tシャツ、子供服、玩具、ポスター類が出てきましたが、捨てるのはもったいない(こちらの人は何においても簡単に物を捨てているイメージがあるんですけどね)とのことでと、12月末に財団と共同プロジェクトを立ち上げたNGO団体のMensajeros de la Pazに寄付使用しました。スペインから遠く離れた国々の子供たちに届くといいですね。

ついでにMensajeros~の活動内容と、財団と共催したイベント(昨年12月開催)の記事を載せておきますね。
イベントにはアトレティコ会長エンリケ・セレソ氏、元サッカー選手で財団特別大使のクリスティアン・ガルベス氏、アルゼンチン・ハイチの領事館大使・秘書、イベントの主役のアルゼンチン、ハイチの子供たち、その保護者たちが参加しました。
参加した子供たち一人一人に財団のTシャツが配られていましたが、サッカーアルゼンチン代表のユニフォームと一緒で水色だったのには何かしらの訳があったのだろうか・・・。

さておき、この共同プロジェクトの目的はラテンアメリカ、アフリカでの貧困撲滅やハイチでの支援活動で、随分大きな試みだなあと思いました。サッカー+社会貢献といったアイデアは素晴らしいと思いますが、いったい南米やアフリカのどこでどうのように支援活動や社会貢献活動を行なってゆくのかはっかりとした具体性が見えないところがありますので、(これは自分としても勉強不足なのかな?)これからの展開が気になるところです。

Mensajeros de la Paz活動内容:http://www.mensajerosdelapaz.com/index.php?context=default&pagid=quienessomos

イベントの記事:

http://clubatleticodemadrid.com/es/fundacion/fund_actualidad_noticias_detalle.asp?id_noticia=742

 

はっきり見えませんがUEFA.comの看板が置かれるなどスタジアムがEL(Europe League)仕様になってきました。対ベジクタシュ(トルコ)戦は明日(3/8)開催。(3対1で勝利)

Intern4

ELリーグ開催で普段は無いポスターが貼られていたりします。スタジアム内外の雰囲気も欧州のカップ戦に参加することでだいぶ違ってきますね。

Intern5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

アトレティコでのインターンシップは、こんなかんじの毎日です

インターンシップについて簡単に書きます。時間帯は月~金の朝10時から1日4時間のみです。内容はその日によって様々で、あるときは倉庫での力仕事や事務所での雑務を、あるときはパソコンに4時間近く張り付くだけでその日の仕事が終了するなど、華やかなイメージのサッカーの世界とはかけ離れた仕事をしています。 

仕事に必要なスペイン語のレベルはDELEのB2程度で問題はないかと思います。私は今まで一度もDELEを受けたことがありませんが、4年前の留学経験のおかげでコミュニケーションの問題を感じることはあまりありません。ただし、語学学校で聞くスペイン語とここで聞くスペイン語とは遥かに話すスピードが違い、多少戸惑うことがあります。耳が慣れるまでには個人差もあると思いますが、留学前に充分な準備が必要になるでしょう。

また、たとえ自分のスペイン語に自信があったとしても、インターン開始までの1ヶ月は語学学校に通うべきだと思います。

Fundacion~の事務所は先にも書きましたがアトレティコ・マドリードの本拠地「ビセンテ・カルデロンスタジアム」内にあります。よって毎日がスタジアム通いです。スタジアムの5番ゲートが従業員用の入口を兼ねていて、階段を登って受付を通りすぎるとFundacionの事務所があります。受付の手前にはアウェイ側のバックスタンド席につながる通路があるので、自由にいつでもスタジアム内を一望することができます。スタジアム周辺の雰囲気はとても穏やかで、スタジアムの左横にはマンサナーレス川が、スタジアム下には高速道路M30が通っています。サッカー通の方はご存知かもしれませんが、スタジアムがこの高速道路の交通を妨げているとのことで、(それ以外の事情も色々ありますが)残念なことに2、3年後に本拠地が移転されることが決まっています。新本拠地はLa Peinetaと言う、マドリード北東部、バラハス空港近くの街に置かれるようです。(詳しくはこちらをご参照ください。http://maps.google.co.jp/maps?q=la+peineta&oe=utf-8&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl

ここ最近のアトレティコは、総ソシオ(会員)数がスタジアムの収容限度を上回ったことや(つまり、ソシオだけでもスタジアムを満員にすることができる)大物選手の獲得成功、ヨーロッパ・リーグ制覇、世界有数のクラブとのコラボレーション等が示しているように、バルセロナ、R・マドリードに次ぐスペイン第3のビッグクラブへと変化を遂げようとしています。スタジアム移転もその一環なのかもしれません。

Intern2

Fundacionのオフィス。あまり空調が効かないため寒いです・・・。

Intern3

やや散らかっていますがこれがスペインでは普通なんですね。

今回はここまで。これからもインターンシップや日常生活について書いていこうと思いますのでよろしくおねがいします  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

Atletico de Madridでのインターンシップ

これから、アトレティコ・マドリードでのサッカー・インターンシップで経験したこと、感じたことをブログにて少しずつ書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

11月28日、私はアトレティコ・マドリードの「Fundación Atlético de Madrid」(以下Fundacion~)でインターンシップを開始しました。私はインタースペインの「Sports Mission」の第1号としてスペインのマドリードにやってきたわけですが、最初は本当にあのアトレティコでのインターンまでたどり着けるのか疑問でした。Sports Missionのプログラムは、インタースペインの紹介する語学学校をまずは一ヶ月間通い、そこからマドリードのサッカークラブでインターンを開始するというのが大まかな流れです。それ以外のことはほとんどが推測でしかなく、果たして本当にサッカークラブを紹介してもらえるのだろうかと正直不安でした。
留学開始からまもなく、インタースペインと現地の語学学校の紹介でアントニオさんという現地のエージェントの方と知り合いになりました。レアル・マドリードの元選手で(失礼かもしれませんがもう40年以上も前のことでしょうか…)どうやら現在は海外からの留学生やスペインの学生相手にインターン斡旋のお仕事をされているようです。アントニオさんとのミーティングは毎週水曜日の午前11時から約30分で、どのようなことを聞かれたかというと、私のスペイン語歴とインターンでの希望職種でした。スペイン語歴は充分あると自負していましたが、なんせ勉強歴が…。(日本の学歴とは違いここスペインでは勉強歴を重視する)
ということで、アントニオさんはアトレティコ・マドリードのサッカースクール統括部門のFundación Atlético de Madridを紹介してくれました。インターンとはいえもちろん面接はあります。留学開始から3週間、アトレティコ・マドリードのFundaciónの事務所で行われました。もちろん面接と言っても堅苦しいものではなく、Fundaciónのデイレクター(ヘルマン・ロブレス氏、詳しくはHP参照)とちゃんとスペイン語でやり取りができるかのテストでした。(Fundaciónの名誉会長が同席していてやや緊張しましたが)
どうやらアトレティコ・マドリードの日本語版の公式HP開設案が気に入ったらしく、すぐに来週からでも来てくれと言われました。今のところ日本語のHPに付いて話し合いをしてはいませんが、これをモチベーション材料に頑張っています。

配属先のFundaciónについてとても簡単にですが書きます。
主な事業内容は、サッカーを通じた慈善活動と少年サッカー活動です。Fundaciónは今までマドリード自治州や近郊の都市に自身のサッカースクールを11校設立、アフリカや中米、南米のNGO団体との共同プロジェクト立ち上げ、少年サッカースクール開校等の活動を行なってきました。その他の情報は(スペイン語ですが)こちらのリンクへどうぞ。
http://clubatleticodemadrid.com/es/fundacion/index.asp

と、今回ははじめましてということでここまでです。まだまだ書き溜めていることがありますので、随時更新していく予定ですのでよろしくお願いします。

Intern1 語学学校の教室
Intern_2 Fundación Atlético de Madridの事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)