2009年10月 5日 (月)

Carmen de las Cuevas

こんにちは。

グラナダの「カルメン・デ・ラス・クエバス」でフラメンコを習っています。
こちらの学校には、テクニカ、コンパス、振付のクラスがあります。
まず、1日の始めはテクニカ。1345分から1515分です。サパティアド(足)の練習から身体の使い方、先生によっては、タンゴやブレリアなどの短い振付もします。
その後、
1530分から1630分はコンパスクラス。パルマ(手拍子)でリズムの練習や、各曲の構成なども教えてくれます。
そして、
1645分から1815分は振付クラスです。ギターも入ります。振付クラスは2週間ごとに曲目と先生が代ります。日本のフラメンコクラスのように、1つの踊りをじっくり踊りこんで完成することはできませんが、いろんな振付を習えるので楽しいです。最終日はビデオ撮影OKなので、その気があれば、その後もずっと自主練していくこともできます。私の場合は、ただの記念撮影になっていますが・・・

先生達は、日本では知られていない踊手さんが大半ですが、グラナダのタブラオなどで活躍しています。みんな親切で、できない生徒にも根気よく教えてくれます。私はここに来る前、スペイン人のフラメンコの先生は怖そうだと思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

クラスメートの大半はヨーロッパ人ですが、スペイン人もいます。今のところ、日本人はほとんどいません。学校スタッフもフラメンコ好きが多く、校長先生をはじめ、オフィススタッフのほとんどがフラメンコクラスを受けています。

そんなスタッフが働いているので、町で行われるフラメンコのスケジュールは全て学校のパティオに張り出してあります。自分では情報収集しきれないので本当に助かっています。それから、嬉しいことにタブラオのディスカウントがあります。学校で予約すると、通常25ユーロが15ユーロになるんです。他にもフラメンコが見られるバルでディスカウントがあります。

フラメンコ留学というと、まずセビージャを考える人が多いと思いますが、セビージャにもフラメンコ留学していたという、こちらで友達になった日本人は、グラナダの方がのんびりしていて、物価も安くて過ごしやすいと言っていました。それに最近、日本で人気のあるスペイン人の踊手はグラナダの人が多いとか。これからは、フラメンコ留学はセビージャよりグラナダになるかも知れません!

Foto_blog

http://www.interspain.jp/tramites-j/escuela/carmen.html

http://es.carmencuevas.com/en/index.php

(ちなみに森さんは、この学校のフラメンコの生徒であり、また、学校のスタッフとして働いてらっしゃいます。  インタースペイン スタッフより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)