2009年6月 5日 (金)

自己紹介 CLIC 大谷さん

¡Hola! こんにちは。
セビーリャの語学学校CLIC クリック インターナショナル・ハウス・セビーリャに勤務させていただいております大谷由美子(おおたにゆみこ)と申します。
スペイン在住、約9年、クリックに勤務させていただいて8年ほどになります。

私がスペインに興味を持ったきっかけはバルセロナ・オリンピックのちょうど前年、多数のメディアでスペインのことが取り上げられていた時です。

スペインの文化や国の様子などを見るにあたり、次第に興味を持ち始めました。スペイン語で話されている音楽を探して聴くようになり、意味は全く分かりませんでしたがその響きの素晴らしさに興味を持つようになりました。また、フラメンコにもこの時に出会い、大きな衝撃を受けました。それまで踊りなど全くやったことがありませんでしたが、いつか挑戦したいと思ったのです。

当時の私はちょうど高校生、進路を考えていた頃で、“スペイン語を学ぶ”ということが将来の選択肢のの一つに上がりました。結局進学したのは外国語大学の英米語学科でしたが、第2外国語でスペイン語を学び、週末には大阪のフラメンコの教室に通い始めました。
在学中に初めてスペインの地を訪れ、青空の下、新鮮な空気を吸っているだけで心が躍るような気持ちになった事を思い出します。

大学を卒業して大阪の商社に就職しましたが、何年か働いて経験を積んだ後は、海外に留学することを視野に入れていました。当時はスペインにしようとは思っていなかったのですが、再びスペインの地に一人旅をした際、この国で生活したいという気持ちが強まりました。

いざスペインへと真夏の真っ最中のセビーリャに足を踏み入れたのが今から9年前のことです。
好きな語学とフラメンコをやりながら外国で生活してみたいという気軽な気持ちからでした。ちなみに、語学の研修先は、なにを隠そう現在の勤務先、Clicでした!

当初、半年から9ヶ月くらいの予定で計画していましたが、こちらの滞在が思いのほか楽しく、充実したものだったので、ここに残りたいと思うようになりました。まさかClicでお仕事をさせていただくことになろうとは思いにもよりませんでしたが。

趣味は、音楽を聴くこと、演奏することです。フラメンコに興味を持ったのも、その力強い、うねるようなリズムと強烈な躍動感を目の当たりにしたことからです。ジャズ・フラメンコ・ボサノバ・ブルース等がお気に入りのジャンルです。
また、子供の頃から10年ほどパーカッションをやっていたので、昔取った杵柄で(笑)、2・3年ほど前から再びドラムを叩いています。自宅ではご近所の手前、電子ドラムを叩いています(ヘッドホンを付けて叩けるものです)が、毎週スタジオでアコースティックのドラムで練習しています。
今の所たまにギターやベースの人と練習するくらいで、グループには所属していませんが、近々叶えたい夢の一つであります。ちなみに、自分の結婚式の余興でウェディングドレスを着たまま演奏しました。あの快感は忘れられません。

それからフラメンコ鑑賞。踊りはやめてしまって、今は観る専門です。日本にいる時は踊りしか興味がなかったのですが、こちらに来て“カンテ“フラメンコの歌の世界の奥深さを知りました。セビーリャやアンダルシアでは実力のあるアーティストのコンサートがたくさんあり、気軽に、手頃な値段で観る事ができます。

以上長々とお伝えしましたが、不安と期待が入り混じる気持ちでスペイン留学をご検討なさっている皆様に、このブログを通して、スペインのこと、当校やセビーリャの街のことを出来るだけ身近に感じていただけるよう、お伝えしていきたいと思います。宜しくお願いします。

Yumiko_otani1 http://www.interspain.jp/tramites-j/escuela/clic.html

http://www.clic.es/ja/home

| | コメント (0) | トラックバック (0)